fxの1000通貨単位って米ドルだと日本円でいくらになるのか!??

1000通貨単位

fxの1000通貨単位で始めるとリスクが少なくてすむよ!!という宣伝文句を聞いたことがあると思います。

 

米ドルを1,000通貨単位でトレードするときに、いくら日本円が必要なのでしょうか?

 

1000通貨単位っていくらなの?

1000通貨単位いくら?

1000通貨単位とは、1000通貨のことです。笑

 

そのままやんけ!とツッコミがはいりそうですが、

アメリカドルの場合、1000通貨とは1000ドルですし、ユーロの場合1000通貨とは1000ユーロということになります。

 

ドルやユーロやポンドのことを「通貨」という抽象的な言葉を使っているだけで、要するに「ドル円を1000通貨単位でトレードする」といった場合、1000ドルを日本円で売り買いすることになります。

 

もっと具体的に言うと、

1,000通貨の場合1,000ドルなので、

1ドル=100円の場合、1,000ドル=100,000円(単純に百円の千倍で10万円)になります。

 

FXの場合、1ドル=101円になった場合も1000倍で、

1000ドル=101,000円(10万千円)になりますし、

 

1ドル=99円になった場合、やはり1000倍で、1000ドル=99,000円(9万9千円)になります。

 

1000通貨単位でドル円のトレードをするとき、1ドルにつき1円の値動きがあった場合、1000円の利益(損失)がでます。

 

FXの場合、1円の100分の1の1銭単位で値動きが起こります。

 

1ドル=100.00円で一銭単位の値動きを見てみるとわかりやすいので、1銭単位の値動きをみていきましょう。

 

1ドル=100.01円の円安になったとき、1,000ドルに対していくらか?というと、単純に1,000倍で1,000ドル=100.010円になります。(1,000ドルの交換に10万十円必要)

 

逆に1ドル=99.99円の円高になったとき、1,000通貨の場合だと、

1,000ドル=99.990円になります。(1,000ドルの交換に9万9千990円必要)

 

なにが言いたいのかというと、1,000通貨単位でドル円をトレードするときは、

1銭の値動きがあったときは10円の利益(損失)が生まれるということになります。

 

これがユーロの場合1,000通貨単位でいくらかというと、ドル円と基本的に考え方は同じで、1,000倍すれば答えがでます。

 

たとえば、1ユーロ=120円の場合、1,000通貨トレードをするときは、

1,000ユーロ=120,000円ということになります。(12万円)

 

こちらも、1ユーロ1円の値動きがあったときは、

1,000円の利益(損失)がでるということになりまうす。

 

基本的に、トレードする通貨に1000をかけると、1000通貨単位はいくらになるのかがわかります。

 

1000通過単位でfxを攻略する方法はこちら

 

fxの1,000通貨単位に必要な資金量について

fxを始めるにあたって、まず最初に考えるのが用意する資金だと思います。

 

サラリーマンであれば10万円くらいは用意できるかと思いますが、1万通貨のfxトレードとなると、リスクを考えてしまってなかなかふみ出せない方もいます。

 

fx初心者であれば、デモ口座でデモトレードをしてからfxトレードに取り組みたいところですが、デモ口座だとどうしても身銭を切る臨場感にかけます。

 

1万通貨でfxをいきなりはじめるのが怖いし、でもデモ口座ではトレードしている感じがしない。という方には、1000通貨単位のトレードをオススメします。

 

1000通貨単位での実際の資金量と稼ぎ方は?

1000通貨単位でのトレードの利点はなんといっても資金量が少なくて済むことでしょう。ドル円であれば、6000円も用意すればfxをはじめることができます。

 

6000円といえども実弾でトレードするので、本物の臨場感でトレードすることができます。そしてfxの経験と実績を積み上げていくことができます。

 

稼ぎ方は1万通貨でのトレードも1000通貨でのトレードも全く同じなので、

同じトレードスタイルで同じ手法を使って複利の力を使って資金を増やすことができます。

1,000通貨単位で100万円稼ぐ方法とは?で、1,000通貨単位で稼ぐ方法を紹介しています。)

 

うまく6000円を6万円まで増やすことができれば1万通貨でのトレードに切り替えられますし、

6000円を6万円まで増やすことができたのならば、勝率1000パーセントということになります。

そうなれば、もうfxのプロトレーダーといっても過言ではありません。

 

fxで少額の自己資金から稼ぐためには、複利の力を利用しなければなりません。

 

複利の力を使って自己資金を1000パーセント増やすことができたときは、もうfxで稼ぐ力が十分ついたといって大丈夫でしょう。

 

当サイトではfxで稼いでいくためのノウハウを惜しみなくお伝えしていますので、是非とも御参照にしてください。

 

1000通貨単位でのトレードの設定のしかたは?

 

それではどうやって1000通貨でトレードするのかというと、fx証券会社の設定でできます。

 

fxトレードをするときはfx証券会社を通してトレードをしますが、トレードシステムで通貨単位を選べる証券会社と選べるない証券会社があります。

 

通貨単位を選べる証券会社の場合、たいていのシステムは、設定から通貨単位を選ぶことができます。

 

SBIfxなどの証券会社のトレードシステムだと、注文する画面でも通貨単位を選ぶことができます。

SBI FXTRADEの口座はこちらから開設できます。)

 

是非ともご自身にあったfx証券会社をみつけてみてください。

 

まとめ

なかなかfxに踏み出せない方や一回大負けして撤退したけどまたチャレンジしてみたい方。デモ口座などでトレードすべきということはわかっているけれど、デモ口座だとどうしても遊んでしまうという方。

 

そんな方々は是非とも1,000通貨単位でトレードしてみることをお勧めします。

 

上にも述べましたとおり1000通貨単位でも、全くfxトレードのトレードスタイルや手法を変える必要がありません。

 

基本から応用まで1万通貨単位とおなじですし6,000円という小資本でもはじめることができます。

 

1000通貨単位でトレードをはじめて爆発的に資金をふやしていくことも十分可能です。

しっかりしたfx手法でトレードすれば、6,000円を一年後に100万円にすることができます。

 

小資本からはじめて爆発的に資金を増やすには上述した複利の力と、

しっかりした戦略や、fxで勝つための知識やルールが重要になります。

 

まずは1,000通貨でトレードして、fxで大きく稼いでいきましょう。

 

当サイトおすすめのfx商材は・・?

当サイトがおすすめするfxプログラムは、fxスキャル・パーフェクトシグナルというfx商材です。複利で資金を回していくためには、戦略としっかりとしたfx手法が大切になります。SPSなら、忙しいサラリーマンでもしっかりと少額からはじめて、複利で回すための手法を学ぶことができます。

fxスキャル・パーフェクトシグナル(SPS)の詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ