時間がないサラリーマンがfxトレードで稼ぐオススメの手法とは?

時間のないサラリーマンが、FXトレードで稼ぐおすすめの手法 家族に仕事に常に何かしらの貢献やサービスを求められて、サラリーマンはいつも時間に追われているのが世の常です。

 

fxトレードを始めたけど、時間がないし仕事が忙しくてトレードできなかったり、家に帰った後も家族との時間を大切にするがあまりトレードできなかったり。。

 

なかなかfxトレードに取れる時間がなくて中途半端なトレードをして、負けてしまった経験もあるかと思います。

 

私もサラリーマンをやりながらトレードしていて、働きながらトレードをこなしていく大変さを身にしみました。

 

下手をすると損失が拡大していき、仕事どころではなくなったり、かと思って仕事に集中するとトレードに全く手がつかなかったり。

 

とにかく、これだ!というトレードスタイルを身につけるまで、サラリーマンをしながらトレードをするのは慣れませんでした。

 

これだ!というトレードスタイルを身につけてからは安定しはじめ、サラリーマンの本業とfxトレードの兼業とうまく回せることができるようになりました。

 

今回は時間のないサラリーマンにオススメの手法をお伝えします。

 

スキマを使ってトレードできる手法をつかう

サラリーマンをしていると基本的には朝から夕方まで拘束時間があります。勤務中は当たり前にトレードをすることができません。

 

拘束時間が長い中でトレードをしていこうとすると、トレードをすることができる時間が限られてきます。

 

サラリーマンこそ考えなければいけないのが、休憩時間や通勤時間などの空いている時間にトレードしていくことです。

 

休憩時間などのスキマ時間を使ってトレードしようとすると、できるトレード手法は必然的に限られてきます。

 

サラリーマンにぴったりのfxトレードはやっぱり短期

ではサラリーマンはどのトレード手法がよいのでしょうか。

 

サラリーマンにぴったりのトレード手法は、ずばりスキャルピングです。

 

スキャルピングとは超短期トレードのことで、1分足や5分足チャートを分析して、1分から10分の間にトレードを完結されるトレード手法です。

 

スキャルピングはサラリーマンに向いていない!といった意見を言っている雑誌などがありますが、全くもってそんなことはありません。

 

スキャルピングこそサラリーマン向きの手法であり、これほどサラリーマンにぴったりくるトレード手法はないです。

 

なぜサラリーマンにスキャルピングの手法がオススメなのか、その理由を説明したいと思います。

 

サラリーマンにスキャルピングがオススメな理由

サラリーマンにスキャルピングがオススメな理由は、超短期間で売買が完結するということです。

 

超短期間で売買が完了することのなにが良いのかというと、スキマ時間を使いながらトレードや復習ができるということです。

 

スキャルピングは5分から10分でトレードが完了するので、通勤時間やお昼休憩などの時間を使いながら稼げるのです。

 

また、fxは24時間相場が動いているので、、帰宅後のフリータイムに集中してトレードすることもできます。

 

スキャルピングと聞くと少しプロっぽいイメージを持たれるかもしれませんが、スキャルピングにも手法は様々あり、完全なるシステムトレードから、裁量トレードまであります。

 

1分足チャートや5分足チャートを使ってトレードする手法なら、1分から10分以内にトレードを完結させることができます。

 

サラリーマンは1分足や5分足チャートを使う手法でトレードしていきましょう。まさにスキャルピングは忙しいサラリーマンのためにあるトレード手法なのです。

 

中長期トレードはサラリーマンにとって理想の手法か?

一般のfx雑誌や教本だと、サラリーマンにオススメのトレード手法は、中長期トレードがオススメだと紹介されています

 

その理由として、中長期トレードであれば毎日トレードする必要がなく、一回エントリーしたらあとはfxが勝手に稼いでくれる。というように書かれています。

 

私もfxトレードをはじめた頃は、中長期でトレードするトレードスタイルをとっていました。

 

しかしながら、中長期トレードをサラリーマンがやろうとすると、かなりの負担と壁と、かなりの無理が出てきます

 

まず最初にでてくるのが、仕事中に集中できないという事態が起こります。

 

中長期トレードだから一回エントリーしたら放っておけるというのは、ほとんどウソです。一回エントリーをしてしまったら、もう仕事中でもなんでもポジションが気になって仕方なくなります

 

fxに投資した金額が多ければ多いいほどそれは顕著になり、心配で仕方がなくなります。

 

ポジションをとって完全にそのことを忘れられるということは初心者には難しく、仕事中にポジションを持っているのは良いことではありません

 

また、一回一回のトレードの感覚が長いので、まったくトレード経験が身につかないです。

 

そしてなんといっても中長期トレードでは、稼げる額が致命的に少ないことが挙げられます。

 

投資は初期費用が多ければ多いいほど、有利な投資が出来るということを聞いたことがあると思います。

 

10億円持っていたら年利1パーセントでも、毎年1000万づつ増えて行くということを考えるとすぐに理解できると思います。

 

中長期トレードをする場合はすくなくとも1億円程度を用意したいところですが、我々サラリーマンにとって1億円を用意することなどほとんど不可能に近いです。

 

ではどうするのかというと、なけなしのお金で投資するしかなく、なけなしのお金で長期で回そうとしても非効率この上ありません。

 

なけなしのお金で長期トレードをしても、下手をすると一生かかっても月収分稼げるかどうかといったところでしょうか。

 

そんななけなしのお金で中長期トレードをするとどうなるのかというと、1週間経ってやっと1000円稼げたか損したかといったレベルです。

 

しかも1週間ずっと仕事中も気になって1000円得したか損したかというレベルですし、もっと稼ごうと思うともっと損する可能性のあるトレードをすることになります。

 

サラリーマンほど中長期トレードは避けなければならず、安易に毎日トレードしなくても良いと逃げのトレードをすると、かえって酷い目にあうのです。

 

スキャルピングのどの手法が良いのか

スキャルピングにもいろいろなトレード手法があると申し上げましたが、サラリーマン向きでないトレード手法も存在します。

 

時間のないサラリーマンがトレードしていくには、忙しいサラリーマンがスキマでトレードできるように設計されたトレードルールとスキマでトレードできるスキャルピングの手法を採用していく必要があります。

 

サラリーマンがスキマ時間でトレードしていくために、奥谷さんという同じくサラリーマントレーダーの方が発売している、fxスキャル・パーフェクトシグナルというシステムと、そのシステムを運用するためのスキャルピング手法を採用していくのが良いです。

 

奥谷さんもサラリーマンをしながらトレードを成功させている方で、忙しいサラリーマントレーダーのための考え方や手法を教えてくれます。

 

まとめ

忙しいサラリーマンは、いかにスキマ時間で効率的にトレードできるかが、fxトレードで稼いでいく鍵になります。

 

スキャルピングの手法を使えば、少ない資金からでも資金を増やしていける複利の力を利用できますし、空いている時間をうまく使いながらトレードで稼いでいくことができます。

 

是非ともスキャルピングの手法をトレード手法に取り入れていただいて、忙しい中でもうまく稼いでみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ