FXで稼ぎ続けたい人のための【知らないと損をする】戦略まとめ

fxで稼ぐための戦略の立て方

FXで儲けたい人のための戦略と戦術をまとめてみました。FXトレードは、しっかりとしたステップを踏めば儲けを出すことができます。

 

ただ、このステップを知らないと文字どおり思わぬ損失を出してしまいます。fxトレードで伸び悩んでいる方は、改めて自身のトレードをチェックしましょう。

 

目次

 

「FXで稼ぐための戦略」を立てることの重要性

fxで稼ぐための戦略を立てることの重要性

FXで勝つことと、FXで稼ぎ続けることは根本的に違います。

 

たとえば、10回トレードして、9勝1敗でも、総合的な金額で負け越すことは大いにありえます。勝ち負けだけでみると、明らかに「勝ち」です。

 

ただ、総合的な金額では、9勝してプラスになった金額よりも、1敗して失った金額の方が大きいのです。はたしてこの状態が「fxトレードで勝っている」状態と言えるでしょうか?

 

たしかに、「fxトレードで勝ち越している」と言えるかもしれませんが、「fxトレードで稼いでいる」とは絶対に言えないはずです。

 

このような状態がなぜ、起こるのかというと、「FXトレードで稼ぐための戦略」を立てていないがために起こるのです。

 

たとえば、上のトレードでは、利確幅を1万円にして、損切り幅を10万円に設定しているような状態です。

 

10戦して、9勝1敗ならば、1万円の損失がでるので赤字が確定しますし、このようなトレードを繰り返していたら必ず市場から撤退を余儀無くされます。

 

「そんなバカなトレードはしないよ」と思われるかもしれませんが、約9割のトレーダーはこのようなトレードをしているのです。

 

初心者の方は、赤字を出す戦略でトレードしていることが多々あるのです。

 

FXで勝つことはそれほど難しいことではありません。しかし、継続して稼ぎ続けることは、確かな「FXで稼ぎ続けるための戦略」なくして非常に難しいのです。

戦略の立て方

稼ぎ続けることは実はしっかりした戦略を立てれば難しくないですし、稼ぎ続けるための作業を、淡々とこなすことができれば、継続して儲けをだすことができます。

 

それは、あなたがFXトレードになにを求めるかにもよります。

 

ある特定の人たちは、FXトレードを丁半博打のように楽しむ人たちがいます。いわゆるギャンブラーとよばれる人たちです。

 

彼らは一回一回のトレードに、興奮と感動を求め、勝てば非常に嬉しくなるし、負ければ落胆します。それはそれでトレードを楽しめているので否定はしません。

 

しかし、FXトレードを「投資」として捉え、しっかりと稼ぎを出し続けたいのであれば、このようなギャンブルは避けるべきなのです。

 

FXトレードをギャンブルにしないためには、「FXで稼ぎ続けるための戦略」を立てなければならないのです。

 

あなたは、FXトレードをするときに丁半賭博のように、上がったか下がったかのみをギャンブル的に賭けて、戦略もないトレードで勝ったり負けたりする興奮を味わいたいだけでしょうか??

 

作業的にトレードすることなんて、つまらないのでやりたくはないと思いますか?確かに、戦略をたてる仮定は、作業的になりがちで退屈な作業かもしれません。

 

しかし、「淡々と戦略を立てて、トレードという作業をこなせば、2年後には3億円貯めることができる。」と言われても、その淡々とした作業をつまらないと敬遠しますか??

 

FXはギャンブルの要素を排除し、しっかりとした戦略を立て、徹底にリスクを管理すれば必ず儲けることのできる投資です。

 

それでは、FXで稼いで、豊かな人生を送りたい方のために、「FXで稼ぐための戦略」の組み立て方をお伝えします。

 

戦略の組み立て方のステップは、超基本的な事柄から始まります。「そんなの知ってるよ」ということもあるかもしれませんが戦略を立てる上では重要になりますので、まずは1から見直してみてください。

 

「FXで稼ぐための戦略」の立て方のステップその1:目標を決める

戦略のステップその1

FXトレードをはじめて、まず最初にやらなければならないことは

・目標を決める

・出口とビジョンを定める

ということです。

 

FXトレードを始める前に、

・FXトレードをしてどうなりたいのか?

・お金を貯めて、自分のやりたいことをするのに最低いくら必要か?

を明確にする必要があります。

 

これはFXトレードに限らず、人生のマネープランで言えることなのですが、いくらお金を稼ぎたいのかをまず見据えることは重要なことです。

 

そして、なぜその金額を稼ぎたいのか?を明確にしましょう。

 

お金は、自分がしたいこと(目標)を達成するための道具にすぎません。お金を貯めること自体が目標ではないはずです。

 

自分がしたいことを明確にして、自分がしたいことを達成するのには、いくらお金が必要なのか?ということをしっかりと計算する必要があります。

 

「fxトレードをして、いくら稼ぎたいのか?」という、明確な目標を設定しないままfxトレードを始めても、中途半端な終わり方になります。

 

最悪の場合、「全額賭け」といった無謀なトレードをしてしまい、一瞬にして積み上げてきた金額が飛んでしまうといった事態になります。

 

なぜそのようなことが起こるのかというと、目標とする金額が定まっていないから。目標値なく、場当たり次第のトレードと戦略のない資金運用をするために、ありえない額をトレードに突っ込んでしまうのです。

 

目標は無謀なトレードを防止するための転ばぬ先の杖にもなります。目標を達成したら、fx口座のお金を下ろして使うなり、他の商品に投資できます。

 

まずはfxトレードをするうえで、ゴールとなる金額を目標に設定ましょう。ゴールとなる目標を定めたら、目標を逆算して、目標達成のためのステップを考えることも重要になります。

 

目標を逆算することによって、投資のスタイルも決まってきます。

 

「何年後にこれがしたいから、それまでにいくらほしい」という明確な数字を出し、それを達成するためトレードスタイルが決まります。

 

本格的に儲けを出そうと考えるのであれば、目標をしっかり定め、出口を持つことが重要になります。

 

まずは

いくら貯めたらやめるのか?

それとも毎月継続的に稼げるようになりたいのか?

専業トレーダーになりたいのか?

などの質問を自分自身にしてみましょう。

 

トレードのゴールや目標をしっかりと定め、目標から逆算してトレード戦略を立てることがFXで稼ぐための戦略の一つとなります。

 

たとえば、「10年後に100万円くらい増えていれば良い」という方なら、中長期トレードでゆっくり年利を狙うのが良いでしょう。スキャルピングでぐいぐい増やす必要はないのです。

 

逆に、「3年後に1000万円は稼ぎ続けるようになりたい」というのであれば、中長期トレードをするべきではありません。

 

スキャルピングやデイトレードなどで、ぐいぐいトレードしていく必要があります。

 

FX初心者の方は、出口や目標を持たないまま「なんとなく儲かればいいや」という考え方のままトレードを始めます。

 

最初のお試しトレードはそれでも良いかもしれませんが、目標値なくしては、トレードスタイルも安定しないのです。

 

「FXで稼ぐための戦略」の立て方のステップその2:分析手法を理解する

分析手法を理解する

目標を決めたら、次にチャート分析のテクニカル分析とファンダメンタルズ分析を学びましょう。これについては、最初は本をさらっと読めば大丈夫でしょう。

(チャート分析やfxトレードでおすすめの本は、fxの勉強でベストな本は?という記事で紹介しています。)

 

というのも、チャート分析などは、学びと実践を繰り返していくうちに自然と身につくと思います。

 

最初から全部本で理解しようとしても、なかなか難しいところもあります。ですので、本を読む→実践する→本を読むの繰り返しで学んでいくことをおすすめします。

 

チャートには投資家の心理が現れています。その投資家の心理がチャートを形成しているというチャート分析の基礎を抑えることができれば、あとはどんなテクニカル手法を用いてもかまいません。

 

チャートに投資家の心理が隠されているというのは、【fxチャートの読み方】チャートは投資家の欲と恐怖の形というきじで解説しています。

 

「FXで稼ぐための戦略」の立て方のステップその3:トレードスタイルを決める

トレードスタイルを決める

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を学んだら、次にトレードスタイルを決めましょう。トレードスタイルには、短期と中長期のスタイルがあります。

 

1分から10分で何回もトレードすることをスキャルピングといいます。

 

1日のスパンでトレードすることをデイトレードと言います。

 

エントリーから1週間以上かけてトレードして決済することをスイングトレードといいます。

 

1週間から3ヶ月、長くて1年以上ポジションを持ち続けるトレードスタイルを長期トレードと言います。

 

どのトレードスタイルにも長所と短所があり、自分の生活リズムにあっているトレードスタイルを選ぶことがFXで稼ぐための戦略の一つとなります。

 

たとえば、私はサラリーマンなので、通勤時間や休憩時間にトレードが完結する、「スキャルピング」が自分の生活スタイルにあっているなと感じました。

 

デイトレードやスイングトレードだと、就業時間中もポジションを持っていなければなりません。ポジションを持っていると値動きが気になって仕方なくなるものです。

 

トレードが気になって本業に集中できないのは、あまり得策ではないと思ったのも、スキャルピングのスタイルを選んだ理由の一つです。

 

また、資金力によっても、取るべきトレードスタイルは異なってきます。

 

 

資金力のないサラリーマンの方なら、スキャルピングで毎日コツコツ儲けを積み重ね、複利の力を利用して資金を増やしていくことをお勧めします。

 

逆に、資金力もあり時間もふんだんに取れる方ならば、中長期のトレードで毎月4、5パーセントの利益を出すスタイルを取ることもできます。年利4パーセントの投資でも、一年で40万円ほど稼ぐことができます。

 

いずれにせよ、自身の資金力と時間を見つめて、自身の生活スタイルにしっくりとくるトレードスタイルをとることが重要になります。

 

続きがあります

長くなりましたので、

FXで稼ぎ続けたい人のための【知らないと損をする】戦略まとめその2の記事で続きを解説していきます。

 

目次に戻る

 

当サイトおすすめのfxプログラムはこちら

当サイトおすすめのfx商材は、fxスキャル・パーフェクトシグナル(SPS)とよばれる商材です。トレードルール作りは初心者には難しいですが、この商材では、すでにトレードルールが用意されています。SPSなら、忙しいサラリーマンでもしっかりと少額からはじめて、複利で回すための手法を学ぶことができます。

fxスキャル・パーフェクトシグナル(SPS)の詳細はこちら

 

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

大人気fx情報商材ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ