【fxの値動き予想】fxの値動きの要因を知ることで予想がしやすく

シグナルツール

fxの値動きがなにによって動くのか理解しておくことで、fxの値動きが予想しやすくなります。

 

fxの値動きを予想することで、幾分か勝率を上げることができます。

 

ここでは、fxの値動きが起こる要因を「テクニカル指標」と「ファンダメンタルズ指標」とに分けて紹介します。

 

fx為替の値動きを動かす要因となるものは短期的なものと長期的なもの

fxの値動きが起こる要因は、短期的なものと長期的なものに分けることができます。

 

トレーダーはたとえ短期的な為替変動があったとしても、長期的には本来の相場に戻すということを覚えておかなければなりません。

 

fxの値動き予想にはテクニカルとファンダメンタル分析がある。

為替相場の値動きに影響を与えるものに、ファンダメンタルズ要素ととテクニカル要素があります。

 

ファンダメンタルズ的な要素を分析する手法、すなはち経済的な動き、一国と一国の通貨の強弱を分析する手法がファンダメンタルズ分析です。

 

テクニカル要素は、チャートの値動きの癖からさらなる値動きがおこり、その要素を分析することをテクニカル分析と言います。

 

ファンダメンタルズ分析は、主に現在の国と国との貨幣の相関関係を分析し、未来の指標を占っていく分析手法になります。

 

対照的にテクニカル分析は、過去のチャートの値動きの癖をとらえ分析する、過去要素の分析手法といえるでしょう。

 

ファンダメンタルズ分析は中長期トレーダーに好まれ、1週間から1,2年先の相場の値動きを予想してトレードするトレーダーに好まれています。

 

テクニカル分析はスキャルピングやスイングトレードを得意とする短期トレーダーに好まれます。

 

歴史は繰り返すという前提から、チャートの癖や人間の心理を分析して値動きを予想していくトレード手法です。

 

重要なことは短期のトレードをする際も、長期のトレードをする際も、両方の分析手法を考慮することです。

 

 

fxのテクニカル指標は歴史は繰り返すことが前提

短期的な値動きを手助けするテクニカル要素では、過去のデータに基づいて将来の値動きを予想します。

 

fxのテクニカル分析では、バックテストや過去チャートの分析が非常に重要な意味合いを持ってきます。

 

テクニカル要素は主に投資家の感情で構成されており、人間の感情が相場の値動きをもたらすのです。

 

テクニカル分析では、値動きとモメンタムを組み合わせて過去の値動きを視覚的に表現し、将来の値動きを予想します。

 

ボリンジャーバンドやローソク足、オシレーターや移動平均線などのテクニカル分析の手法は、トレーダーの恐怖と欲が極まる水準を視覚化した表とうことになり、

買い手と売り手の心理的な節目となる値に関する情報を提供しているのです。

 

テクニカル要素では投資家の欲や恐怖が値動きを促し、人間の心理を視覚化した指標(テクニカル指標)を研究します。

 

歴史は繰り返すという前提の上にトレードするので、その値動きが形成されるということです。

 

 

fxのテクニカル指標に現れているものは、人間の心理

fxのテクニカル分析で値動きを予想できるのは、テクニカル指標に人間の心理が関わっているからです。

 

相場の参加者は、基本的に「利益を出したい」と考えてトレードしています。

 

fx相場の参加者は、「利益をだすこと」と同時に「損をしたくない」と考えています。

 

fxチャートに現れてるテクニカル指標は、相場の参加者の「欲望」と「恐怖」を映し出しています。

 

テクニカル指標でfxの値動きをある程度予想できる理由は、「人間の心理が現れている」ためです。

 

テクニカル指標は人間の心理が大きく関わるので、ある指標を参考にしている人がいればいるほど、ある指標で値動きを予想しやすくなります。

 

たとえばテクニカル指標は、100円や110円といったキリの良い数字で節目(反転するポイント・壁)が現れることがよくあります。

 

それはキリ番(キリの良い数字)の節目で値動きが一旦戻されたり、そのまま逆のトレンドが形成される動きが過去になんどもありました。

 

そしてキリ番が市場の参加者が注目を集めれば集まるほど、トレーダーたちにとってキリ番が重要な局面として認識されます。

 

今ではキリ番にさしかかった局面では、必ずトレーダーたちが何かしらの仕掛けをします。

 

その攻防がテクニカル指標となるのです。

 

トレーダーに注目されている局面で、トレーダーたちの売り買いの攻防がおきます。

 

その攻防が押し目であったり、三尊だったりというテクニカル指標の形になります。

 

ここで言えるのが、重要な局面以外に現れたテクニカル指標は、まるで参考にならないということです。

 

なぜならそのテクニカル指標に注目しているトレーダーがいないため、値段の攻防がおこらずトレンドが形成されないからです。

 

fxのテクニカル指標で値段を予想することができるのは、そこに注目しているトレーダーが多いからなのです。

 

「ファンダメンタルズで値動きを予想」貨幣に対する需要と供給で動く

ファンダメンタルズ要素はいろいろありますが、基本的には国の貨幣の需要と供給で値動きが変わります。

 

一国がもう一方の国より豊かであれば、豊かの国の貨幣の価値が上がります。

 

これが基本的なファンダメンタルズ指標です。

 

通貨の需要と供給に影響を与える要因は、資金フロー、貿易フロー、投機的ニーズ、ヘッジングのためのニーズとたくさんあります。

 

通貨の値動きを形成するファンダメンタルズ要因は実に様々な要因があります。

 

要するに、ファンダメンタルズ要素では、一国の経済状態からその国の通貨が必要になるか、売られるかが重要になります。

 

テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も、いかにして値動きが起こるかというFXトレードに基本的な情報を教えてくれます。

 

fxの値動きを形成する要素を研究することは、FXトレードにおいて相場分析の精度を上げるきっかけとなります。

 

fxの過去の値動きを分析したツールが、シグナルツール

シグナルツールは、過去の値動きを分析することでおよそ将来の値動きを予想することができます。

 

なぜならfxの値動きは、ほとんど過去に起こった値動きで決まるからです。

 

トレーダーは、過去の値動きからチャートの重要な局面を決めています。

 

過去の値動きでキリ番といったfxの値動きに関わる重要な局面がわかるので、重要な局面ではテクニカル指標が形成されます。

 

形成されたテクニカル指標の形は、ある程度投資家の考えを反映しています。

 

その形に沿ってトレードすれば、ある程度の勝率を上げることができます。

 

さらに、重要な局面で形成される指標に対して、シグナルをつけることができます。

 

なぜなら過去に、重要な局面では何回も同じテクニカルの形が形成され、値動きが起こったからです。

 

これが、fxの値動きの予想をシグナルツールでも予想することができる理由です。

 

テクニカル指標に慣れていないfx初心者の方は、シグナルに従うだけである程度の勝率を上げることができます。

 

当サイトで紹介しているシグナルツールも、過去の値動きを分析している質の良いシグナルツールです。

 

fxでは値動きを予想することが勝率を上げる第一歩ですが、テクニカル指標に慣れていないと難しいです。

 

シグナルツールを使うことによって、シグナルで重要な局面を把握することができます。

 

シグナルツールはfxの過去の値動きを分析して、将来の値動きを予想する手助けになります。

 

fxで値動きの予想に自信が持てないときは、シグナルツールを参考にしてみるのも非常に良いです。

 

当サイトおすすめのfxプログラムはこちら

「忍-Shinobi-システム」アイキャッチ当サイトおすすめのfx商材は、「「忍-Shinobi-システム」(バイナリーオプションジャパン)」です。勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステムです。初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群の バイナリーオプションのシグナルツールです。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。詳細では、実際にトレードして稼いでいる動画を公開しています。    

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

当サイトのオススメのfx商材をラインキング形式で紹介しています。 大人気fx情報商材ランキング
サブコンテンツ

このページの先頭へ