為替相場は何によって動くのか??

為替相場はなにによって動くのか理解しておくことで、

幾分かFXで勝ちやすくなります。

 

為替を動かすもの

 

為替を動かすものは、短期的なものと長期的なものに分けることができます。

 

トレーダーは、たとえ短期的な為替変動があったとしても、

長期的にはファンダメンタルズ的にもテクニカル的にも、

長期の相場が本来の相場に戻すということを覚えておかなければなりません。

 

テクニカルとファンダメンタル

 

為替相場の値動きに影響を与えるものに、

ファンダメンタルズ要素ととテクニカル要素があります。

 

ファンダメンタルズ的な要素を分析する手法、

すなはち経済的な動き、一国と一国の通貨の強弱を分析する手法がファンダメンタルズ分析です。

 

テクニカル要素は、チャートの値動きの癖からさらなる値動きがおこり、

その要素を分析することをテクニカル分析と言います。

 

ファンダメンタルズ分析は、

主に現在の国と国との貨幣の相関関係を分析し、

未来の指標を占っていく分析手法になります。

 

対照的にテクニカル分析は、

過去のチャートの値動きの癖をとらえ分析する、過去要素の分析手法といえるでしょう。

 

ファンダメンタルズ分析は中長期トレーダーに好まれ、

一週間から1、2年先の相場の値動きを予想してトレードするトレーダーに好まれています。

 

テクニカル分析は、スキャルピングを得意とする短期トレーダーに好まれます。

歴史は繰り返すという前提から、

チャートの癖や人間の心理を分析して値動きを予想していくトレード手法です。

 

重要なことは短期のトレードをする際も、

長期のトレードをする際も、両方の分析手法を考慮することです。

 

大まかには、貨幣に対する需要と供給で動くファンダメンタルズ

 

ファンダメンタルズ要素はいろいろありますが、

基本的には国の貨幣の需要と供給で値動きが変わります。

 

そして、通貨の需要と供給に影響を与える要因は、

資金フロー、貿易フロー、投機的ニーズ、ヘッジングのためのニーズとたくさんあります。

 

通貨の値動きを形成するファンダメンタルズ要因は実に様々な要因があります。

 

歴史は繰り返す。テクニカル指標

 

短期的な値動きを手助けするテクニカル要素では、

過去のデータに基づいて将来の値動きを予想するので、

バックテストや過去チャートの分析が非常に重要な意味合いを持ってきます。

 

テクニカル要素は主に投資家の感情で構成されており、

人間の感情が相場の値動きをもたらすのです。

 

テクニカル分析では、

値動きとモメンタムを組み合わせて過去の値動きを視覚的に表現し、

将来の値動きを予想します。

 

ボリンジャーバンドやローソク足、

オシレーターや移動平均線などのテクニカル分析の手法は、

トレーダーの恐怖と欲が極まる水準を視覚化した表とうことになり、

買い手と売り手の心理的な節目となる値に関する情報を提供しているのです。

 

まとめ

少し難しい説明になりました。

要するに、ファンダメンタルズ要素では、

一国の経済状態からその国の通貨が必要になるか、

売られるかが重要になります。

 

テクニカル要素では、

投資家の欲や恐怖が値動きを促し、

人間の心理を視覚化した指標(テクニカル指標)を研究し、

歴史は繰り返すという前提の上にテクニカル投資家がトレードするので、

その値動きが形成されるということです。

 

テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も、

いかにして値動きが起こるかというFXトレードに基本的な情報を教えてくれます。

 

為替相場の値動きを形成する要素を研究することは、

FXトレードにおいて相場分析の精度を上げるきっかけとなります。

 

ぜひとも研究してみてください。

 

当サイトでは、

FXで勝つために私が歩んできた知識と経験を惜しみなく伝えています。

 

まずはFXで勝つための戦略まとめをご覧ください。

FXで勝つためにはどういうマインドでトレードに臨むべきかといことが書いてあります。

 

ぜひともFXで勝つ喜びをあじわってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ