ファンダメンタルズ取引とテクニカル取引で攻めるFX!

ファンダメンタルズ分析と

テクニカル分析について解説していきます。

 

ファンダメンタルズ分析とファンダメンタルズ取引とは

 

FXには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という手法があります。

 

ファンダメンタルズ分析とは、主に国の経済力などをチェックしながら

為替の動きをウォッチして分析する方法です。

 

株式投資なら、個々の会社の

財務諸表をチェックして財務状況などから株価が安い高いと判断します。

 

ちなみに財務諸表とは個々の会社が発表している

財政状態を表している書類です。

 

FXの場合、国と国の財政状態によって、

通貨の相対的な価値が決まってきます。

 

たとえば、日本の方がアメリカより景気が良かったら、

円が高くなってドルが安くなります。

 

アメリカの方が景気がよかったら、

ドルが高くなって、円がやすくなります。

 

為替の動きは、いろいろな要因が複雑に絡み合っているため、

一概にはいえないですが、おおまかには財務状態に影響されます。

 

そして、為替に直接的に影響を与えるのが

各国の経済指標の発表です。

 

特に日本時間で、

第一金曜日の9時半(冬時間では10時半)に発表される

アメリカの雇用統計は発表直後に100pips動くことも多いです。

 

そういった国と国のパワーバランスを考慮して、

経済指標などから為替の動きを予想すことを

ファンダメンタルズ分析といいます。

 

ファンダメンタルズ分析を使った取引方法を

ファンダメンタルズ取引と言います。

 

テクニカル分析とテクニカル取引

 

ファンダメンタルズ分析とは対照的に、

テクニカル分析という分析方法があります。

 

FXのチャートは、国と国とのパワーバランスで動くといいましたが、

チャートそれ自体の動きの癖のようなものもあります。

 

チャートそれ自体の動きの癖を観察し、

買いか売りかを決めるやり方をテクニカル分析といいます。

 

わかりやすく大雑把にいうと、

チャート分析のことをテクニカル分析といいます。

 

なぜチャートで分析できるか

 

チャートは、FX取引をしている人の

ほぼ全員がみているものですので、ある一定のポイントでみんなが取引すると、

そこで値動きが生じます。

 

そのある一定のポイントでみんなが買うだろうと予想して

買いとか売りとかをみんなが決めて、みんなが資金を投入するのです。

 

そうすると、そのある一定のポイントが動くポイントとして

みんなに認知されるのです。

 

それが、たとえばFX用語でいう「押し目」であったり、

「レジスタンスライン」であったりします。

 

そういった押し目や抵抗線といった一定のポイントを分析することを

テクニカル分析といい、テクニカル分析を使ったトレード手法を

テクニカルトレードやテクニカル取引といいます。

 

 

FXはファンダメンタルズよりも、

テクニカルによって値動きすることが多いいです。

 

よく、テクニカル7割、ファンダメンタルズ3割といわれるように、

ほとんどチャートの動きで値動きをします。

 

私の知り合いのトレーダーは、

ファンダメンタルズは一切見ないといっています。

 

しかし、アメリカの雇用統計のような経済指標の発表のように、

大きく値が動くことがあります。

 

テクニカル取引派の方も、その日に発表される経済指標を頭にいれておいて、

発表時間の前後は取引を休むくらいがちょうどいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ