オシレーター系のテクニカル指標とは?

FXのチャートの中でも、相場やチャートを分析するための指標がいろいろあります。

移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などが代表的な指標でしょう。

 

そういった指標は、トレンド系や総合系、オシレーター系などに分類されます。

 

なかでもMACDやRSI、ストキャスティクスや CCIなどは、オシレーター系に分類されますが、

オシレーターって何??と疑問に思った方もいらっしゃるかとおもいます。

 

オシレーター指標とは

そもそもオシレーターとは、相場における買われすぎや売られすぎなどの、

投資家の心理と相場の過熟度を表す指標になります。

 

買われすぎだと判断されれば、投資家は一気に売りに転じますし、

逆に売られすぎだと判断されれば、投資家は恐怖から一気に買いに転じます。

 

ちなみに1980年代の日本のバブルが弾けたのも、

不動産が買われすぎ(バブルの状態)であったために、一気に売りに転じたいい例でしょう。

 

オシレーターは英語でoscillatorといいますが、

日本語訳で言う所の「振り子」という意味を持っており、

その名の通りグラフや傍線が行ったり来たりを繰り返すのでその名がつきました。

 

代表的なものに、MACDやRSIがあります。

 

MACD

MACD

RSI

RSI

みておわかりいただけるかとおもいますが、

振り子のように行ったり来たりしています。

基本的にロウソク足などが表示されている本チャートの下に

サブ指標のように表示されます。

上の図のRSIをみていただければわかると思いますが、

本チャートの下にサブのチャートとして表示されています。

オシレーター指標の使い方

オシレーター系のテクニカル指標の使い方として、

トレンドの転換点を見るために使います。

 

トレンドは買われすぎたり売られすぎたりしたときに変わることがあります。

 

その買われすぎや売られすぎを目で確認することができるようにしたのが、

このオシレーター指標です。

 

トレンドに乗ることがFXトレードでエントリーする基本となります。

なぜならその方向に乗ってしまった方が値動きを想定しやすいからです。

 

トレンドの転換点や、トレンドの強さや継続性を確認するために、

オシレーター指標をつかうのがよいでしょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ