【fxチャートの読み方】チャートは投資家の欲望と恐怖の形

チャートを読むことができ、その先の動きを読むことができたら、

fxトレードも優位に進めることができるのになあと考えたことはないでしょうか?

 

チャートの動きを完全に予想することはできませんが、

ある程度の予測をすることはできます。

 

今回はチャートの動きを予想するために、

知っておかなければいけないチャートの特徴をまとめます。

 

チャートの動きは投資家の心理だ。

 

チャートがどのように形づくられていくのか、

その形作られる理由はなにかご存知でしょうか。

 

このように聞くと、大体の方が「2国間の経済の強弱」という回答をします。

 

それは間違いではないのですが、

「2国間の経済の強弱」がチャートを形作っているのではありません。

 

確かに2国間の経済の強弱はチャートを動かす要因にはなりますが、

2国間の経済の強弱がチャートを動かしているわけではないのです。

 

では、なにがチャートを動かしてチャートが形作られるのかというと、

「多くのトレーダーが買い注文や売り注文を大量にいれたから」に他なりません。

 

チャートを動かしているものは経済でもなくて、

投資家やトレーダーがチャートを作っているのです。

 

投資家の欲と恐怖がチャートを形作る

チャートを動かすのは、投資家やトレーダーが買い注文や売り注文を入れたからです。

 

ただ、トレーダーや投資家は常に「儲けたい」と思って相場に参加してくるのであり、

「なんとなく」相場に参加しているトレーダーは1人もいません。

 

「儲けたい」という欲望を持ったトレーダーが相場に参加し、

このポイントで買えば儲けられるだろう!というポイントで買い注文を入れます。

 

そのポイントで買い注文を入れたトレーダーや投資家が多ければ多いいほど、

そのチャートの値動きは上に上がります。

 

なにが言いたいのかというと、

チャートが上がった背景には投資家やトレーダーの「欲望」が隠れているのです。

 

つまり、チャートが上がった形を表しているのは、

投資家やトレーダーの「欲望」が現れた形なのです。

 

逆に、チャートが下がった形を表しているのは、

投資家やトレーダーの「恐怖」を表していることになります。

 

テクニカルチャート分析は投資家の心理を分析しているもの

ここまでチャートが形作られる理由を見てきました。

 

チャートの形は投資家の「欲望」や「恐怖」が表されているものということも、

ご理解いただけたのではないでしょうか。

 

ところで、いざ相場に参加しようとしてエントリーするときに、

チャートを分析してチャートの値動きの予測をします。

 

そのときに未来のチャートの値動きを予測するために使用する指標が、

テクニカルチャートです。

 

チャートを予測するときに、テクニカル分析を使ってチャートを分析しますが、

そのチャート分析に使用するテクニカル分析は、何に基づいているのかご存知でしょうか。

 

勘の良い方はもうお判りいただいているかともいますが、

チャート分析に使用するテクニカル分析の指標は全部、投資家の心理の動きの現れなのです。

 

どういうことか、例をあげて説明しましょう。

 

テクニカル指標には、必ず投資家の心理状態が現れている

酒田5法で有名な、三山の形を例にとって説明していきます。

 

「このチャートの形が上昇トレンド中に現れたときに、トレンドの転換点が訪れる。」

というのが三山(ヘッドアンドショルダー)というテクニカル指標になります。

 

この形を覚えているだけでもよいのですが、

その方ができた背景や、その形ができたときになぜ上昇トレンドから下降トレンドに転換するのか?

という理由まで覚えておくと実践で使えます。

 

この形が上昇トレンド中に現れたときに、トレンドが転換点するのですが、

それは「投資家が弱気になり始めた」という心理がここで読み取れるからです。

 

このように下値抵抗線を引いてみるとわかりやすいのですが、

3つ目の山が下値抵抗線の下にぶつかっています。

 

2つ目の山の裾が下値抵抗線を破り、三つ目の山の高値が下値抵抗線にぶつかっています。

ここで、「下値抵抗線にぶつかっているので下げに転換するだろう」と予測するのです。

 

その背景には、やはりこのチャートにも、

この相場に参加している投資家やトレーダーの心理が現れているのです。

 

トレンドはいつか終わりを迎えるというのがチャート分析の鉄則ですが、

上昇トレンドもいつまでも続くわけではありません。

 

投資家やトレーダーは、

常に「このまま買いを続けて大丈夫だろうか?」という恐怖に駆られています。

 

そこで上昇トレンド中に反発して下がったときに、トレーダーや投資家の恐怖が勝るときがあります。

そのときに下値支持線を突き抜けるという現象が起きます。

 

下値支持線を突き抜けるという現象はちょくちょく見られますが、

問題は下値支持線を抜けたチャートが、いつまでたっても下値支持線から上に抜けないということです。

 

そして、そこで投資家やトレーダーの恐怖が爆発し、

上昇トレンドが下げトレンドに転換するとうい動きになります。

 

その一連の動きをテクニカル指標としてまとめたのが「三山」というテクニカル指標であり、

どのテクニカル指標もこのような投資家やトレーダーの心理状態から形成されています。

 

もっと、三山について知りたい方は、

「三山(ヘッドアンドショルダー)で勝率を上げる方法とは?」を参考にしてみてください。

 

テクニカル指標に現れる投資家の心理を知ることがチャートの正しい読み方への近道

三山は外国では、ヘッドアンドショルダーといわれているのですが、

この形は日本のみならず世界中の投資家やトレーダーの注目する指標です。

 

注目する投資家やトレーダーが多ければ多いいほど、

そのテクニカル指標は有効に働くのです。

 

なぜなら、チャートの動きは投資家やトレーダーの、

買い注文や売り注文でできるからですよね。

 

テクニカル指標の形だけを覚えるのではなくて、

その形に現れている投資家やトレーダーの心理の動きを読み解きましょう。

 

トレーダーの心理を読み解くことによって、ただテクニカル指標を覚えているだけのトレーダーから、

一歩も二歩も先に進んだチャート分析ができるのです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ