酒田五法を理解してテクニカル分析を有利にする。

酒田五法はチャート分析をする上でも非常に参考になります。

 

酒田五法の形が現れると、トレンドの転換点になることが多々あるので、

是非ともチャート分析に取り入れたい形です。

 

酒田五法についての知識があるのとないのでは、

トレード結果に大きく影響が出る場合がります。

 

というのも、酒田五法は多くのトレーダーに参考にされていて、

その形がでたら反転するというサインになるからです。

 

多くのトレーダーが参考にしている指標やテクニカル手法は、

それに従う人が多ければ多いいほどその通りの形を作ります。

 

酒田五法を有効に使い、

トレードの質を上げていきましょう。

 

酒田さんて誰?五法ってなに??

酒田五法とは、

江戸時代の米商人の本間宗久によって考案されたと言われています。

 

本間宗久は現在の山形県酒田市の豪商「新潟屋」に生まれ、

大阪の堂島の米相場でその相場師としての才能を発揮したそうです。

 

本間さんは「酒田罫線法」という相場分析方法を生み出し、

相場で稼ぎに稼いだそうです。

 

本間さんは現在のローソク足の基本も築いたといわれ、

現在のfxや株のテクニカル分析の礎を築いたと言われています。

 

本間さんが考えた、「酒田罫線法」がいわゆる、「酒田五法」で、

生まれ故郷の酒田をモチーフに名前がつけたと考えられます。

 

本間さんは「投機にたいする89箇条の心得」という心得を残していて、

相場に対する心得を残しています。

 

「相場の巨神」といわれる本間宗久が、

チャートの中に見え隠れする人間の心理を見事に言い表したのが、

「酒田五法」に代表される相場分析手法なのであります。

 

本間宗久 

    本間 宗久 

 

酒田五法を使ったチャート分析

酒田五法にはそれぞれ、

山、川、空、兵、法の形があります。

 

それぞれに3つの形が現れ、

それぞれ三山、三川、三空、三兵、三法という形が現れます。

 

それぞれの5つのチャートの形とともに、

それぞれの特徴をご紹介していきます。

 

三山

三山は英語で「ヘッドアンドショルダー」といわれ、

特徴としては上げトレンドの一番上で三つの山がでることです。

 

三山

ちゃーととしてはこのような形が合わられるのですが、

三つの山があるように見えるので「三山」と呼ばれました。

 

また仏像が3体並んでいるように見えるところからも、

「三尊」とよばれることがあります。

 

これのなにが相場で重要かというと、

トレンドの転換点になるという点です。

 

上昇トレンド中にこの形が現れると、

下げトレンドに転換すると本間宗久は分析しました。

 

ポイントは3つ目の山の高値が、

今までの上昇トレンドの下値を結んだ下値支持線にぶつかっているという点です。

 

高値が下値支持線にぶつかると、

下降トレンドに転換するサインになります。

 

この三山をひっくり返すと逆三山といいます。

 

三川

三川は3本のローソク足によって形成される形で、

「宵の明星」と「明の明星」とよばれます。

 

宵の明星と明の明星はスキャルピングの1分足と5分足でよく使い、

とくに押し目によく合わられる形になります。

 

三空

三空

 

三空の形は、

四つのローソク足が前のローソク足にかぶらずに、

なんらかの理由で空きができたときの形です。

 

ローソク足の上昇中に三つ「空」の形が現れた場合は、

非常につよい買いの勢いが相場で起こっていると読み取れます。

 

逆に下に三つ「空」の形が現れた場合、

非常に強い売りの勢いが相場で起こっています。

 

そして非常に強い相場の勢いが三回(江戸時代は3日)つづいている状態は、

市場参加者が投売り(なげ買い?)をしている時なので、

相場が転換するのに抵抗がない状態になっていると本間宗久は分析したようです。

 

ローソク足に三つの「空」があらわれたら、

反転する可能性が非常に高いというサインになります。

 

三兵

三兵

買いの陽線のローソク足が三本続くと、

「赤三兵」と呼ばれる形になります。

 

逆に売りの陰線のローソク足が三本続くと、

「黒三兵」と呼ばれる形になります。

 

赤三兵は上昇トレンドへの転換点になり、

黒三兵は下降トレンドへの転換点のサインになると、

本間宗久は分析しました。

 

三法

あげ三法

     上げ三法

下げ三法

    下げ三法

 

「上げ三法」の形は、大陽線のかたちのあとに、

三本ローソク足がでて、その後にまた大陽線が現れるという形になります。

 

大陽線のあとの3本のローソク足の形は、

たとえば「陰線、陰線、陰線」「陰線、陽線、陽線」などと、

特に指定はありません。

 

この大陽線のあとの三つの線は大陽線の安値を下回ることはなく、

次にあらわれる大陽線は最初の大陽線の高値を更新しています。

 

この三法が出た時はトレンドの始まりを表していると本間さんは分析しました。

 

逆に、下げ三法の形がでると、

下降トレンドのはじまりということになります。

 

まとめ

以上の三山、三川、三空、三兵、三法を合わせて、

酒田五法といいます。

 

実際理解するのは簡単ですが、

実際の相場では意識してみていかないと実際に形が現れたかどうかがわかりません。

 

しかも知識のない状態ですと、その形が出た事さえまったくわかりません。

 

酒田五法の形がでたと判断できるようになるためには、

チャートを常に見ているというような訓練が必要になります。

 

しかし、酒田五法は世界の相場師も注目する形になりますし、

非常に強力な相場のシグナルになります。

 

ぜひともマスターして相場分析の武器の一つにしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ