FXでお金を増やす 複利の力とは?

FXで資金を増やし、稼ぎ続けるトレーダーになるために、

大切なことはなにかご存知でしょうか。

 

一日100万円勝った!!という宣伝文句をみかけるのですが、

そのようなトレードは一日100万円負ける可能性もあるトレードです。

 

fxにおいて何円勝ったという基準よりも大切な基準をお伝えしようと思います。

 

何円儲けたか??は全く重要ではない。

 

インターネットや雑誌で、

1カ月に10万円を300万円にしました!!

1年で資産を1億円ふやしました!!

といった記事を目にします。

 

全く無意味な数字だなと思います。

 

無謀というよりも本当にFXで勝ちつづけている人は、

どの期間で何円増やした!!

という基準で勝敗を測っていないんです。

 

1カ月で10万円から何百万円稼いだと言っている方々は、

ほとんどまぐれで勝ったか、運が良くてたまたま資金が爆発的に増えたか、

嘘をついているかのどれかです。

 

もし仮に、その人が何百万円稼いだとしても、

次の瞬間にパッと資金が消えて、

マイナスになる恐れのある取引をしています。

 

FXでは、常にリターンとリスクが共存していて、

一気に100万円儲けようと思ったら、

一気に100万円損する可能性も多いにあるのです。

 

ですので、

「10万円を3日で300万円にした取引手法!!」

という大袈裟な手法は危険極まりない手法といっても過言ではないでしょう。

 

何円勝った!よりも大事な事

 

何円勝ったという基準が大事ではないというのであれば、

一体何が大事なのでしょうか。

 

それは自分が1日何Pips取れているか??

という事です。

 

Pipsという言葉をご存知ない方の為に補足しますと、

1Pip約0,01円です。

 

もし、pipについて聞いたことがなくイマイチわからない方のために、

Pipの概念について詳しく解説している記事がありますので、

そちらを参照にしてしてください。

 

 

話を戻しますと、いくらいくら勝った儲かった!ということより、

1日に何Pips取る事ができた!!

という事の方がはるかに重要なのです。

 

ドル円で1万通貨で1ロットで取引するとき、

10Pips取れた!というときに、いくら儲かった事になると思いますか??

 

答えは1,000円です。

 

たったの1,000円??と思うかもしれませんが、

されど1,000円です。

 

しかし私は何も、1,000円をコツコツ積み上げろ!!

と言いたいのではありません。

 

私の言いたいことは、

複利で資金をまわして原資を増やせ!!

ということをいいたいのです。

 

複利計算というのをご存知ですか??

金利計算などで使われるのですが、

要するに、利子に利子がつくといった感じのものです。

 

たとえば、1日10pips毎日安定して稼いで行くとします。

月利は50%になります。

 

そうすると5万円から始めた資金が

一年には345万円、

二年後には5880万円

三年後には357億円になります。

 

これは税金を加味した計算です。

 

5pipsだったとしても、5万円の資金が

 

一年後には57万円に、

二年後には675万円に、

三年後には8000万円になります。

 

どうでしょうか??

コツコツと資金を増やすことができる方ならば、

非常に簡単ではないでしょうか??

 

1日5pipsならば、だれでも取れそうではないでしょうか??

 

なにも、大きく勝とうとしなくても

資金を増やせるのです。

 

FXの本質は、勝った負けたよりも、

どれだけ資金を複利でまわして増やすことができるか?

にあると思います。

 

これが、FXがギャンブル思考向けよりもコツコツ思考向け。

とよく言われる所以です。

 

複利の計算は「複利計算ソフト」などとGoogleでしらべれば

出てくると思いますので、ご自身でも計算してみてください。

 

私の言いたい事は、

いかに1日10pips安定してとるか?

という事です。

 

3日で300万円といった宣伝文句は、

本当に意味がないと思う理由もお分かりいただけたでしょうか??

 

もう一度言いますが、

FXの醍醐味は複利で資金を増やす事にあります。

 

ルールを作り、勝率を上げ、負けを分析し、メンタルを鍛えれば、

だれでも資金を10億まで増やすことは可能です。

 

そのヒントとなる記事を多数書いていますので、

よろしければ参照になさってくださいね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ