fxの投資額を1万円にする大きなメリットとは??

fxトレードを始めるときに迷うのが、

初期投資額であろうかとおもいます。

 

私トレーダークラウドもfxを始めたばかりの時は、

初期の自己資金額をいくらに設定するのかかなり迷いました。

 

fxを始めるときに考えるのが、

めちゃくちゃ資金を増やしてやろう!!

とうことだと思います。

 

fxをはじめる動機が、そもそもお金を稼ぐことだと思います。

自己資金を増やすことを考えないで、

場当たり的なトレードをする方はいないと思います。

 

ここでは初めてfxをするときに、

またはfxについて改めて見つめ直したい時、

初期投資額はいくら用意したらよいのかというヒントと、

初期投資額についての注意点をお伝えしてます。

 

FXトレードは初期投資額が1万円でも、

意外に利益が出せるということを是非とも知って欲しいとおもいます。

 

 

初期投資額はいくらにするか?必ず余裕資金で!

一般的な企業に勤めているサラリーマンの方であれば、

だいたい5万円〜20万円くらいが初期投資の資金として用意できると思います。

 

6万円程度の自己資金を用意できれば、

ドル円の場合、一万通貨単位でのトレードが可能になります。

 

ここで注意しなければいけないことは、

fxに投資する資金は、

必ず余裕資金でなければならないということです。

 

ネットの悩み相談掲示板などには、

fxで破産したという記事がかなり出ています。

 

fxで破産したという方の悩みを覗いてみると、

投資する資金が余裕資金ではなく、

借金や退職金などの生活資金に手をだしています。

 

借金をしてfxトレードをすることは、

負けたらどうしよう!!

という焦りがトレードを狂わせます。

 

焦りはメンタルを狂わす最大の要因になります。

 

メンタルが狂った状態でトレードをすることは、

損失を出すトレードをしてしまう時ランキングをしたならば、

みごと1位にはいると思います。

 

さらに、実際に負けたときにはかなり痛手が大きいです。

だって生活できなくなってしまうんですもの。

 

きっと油汗が止まらない状態に陥ってしまうと思います。

 

謝金をしたお金を充当したり、

生活費をfxの初期投資資金に充当するのは、

絶対にやめましょう。

 

fxをはじめる時に用意する初期投資の資金は、

生活費などに使う予定がない余裕資金で始めましょう。

 

fxの初期投資金は、

証拠金と言って担保になります。

 

担保さえも余裕資金で用意できないような方に、

投資をする資格さえないと言ってしまっても過言ではありません。

 

余裕資金でfxトレードをはじめることによって、

トレードにも気持ちにも余裕がでて、

ルールを破りにくくなったり、冷静な対応がしやすくなります。

 

fxは実は1万円からでもはじめることができますし、

1万円の余裕資金を用意することができない。

ということはないと思います。

 

fxを始めるときに初期投資として、

いくらくらいの証拠金を投資したら良いのか今だに釈然としない方は、

まずは1万円からfxトレードをすることをお勧めします。

 

初期投資額を1万円にするメリットとは??

ここまで、初期投資額について注意点を述べてきましたが、

初期投資額を1万円に設定することのメリットをご紹介します。

 

fxトレードをする時に、しばしば聞く間違いが、

「初期投資額は最低1000万円は用意しなければならない。」

といった初期投資資金大量必要論です。

 

中長期で資金を回すようなトレードや、

ある特定のトレード手法にとってはある意味正しいです。

 

しかしサラリーマンにとって、1000万円という資金を用意するのは、

並大抵の努力をしなければ用意することはできません。

 

fxトレードをするためには、

1000万円用意しなければならないという思い込みが先行していると、

fxトレードで稼ぐこともできませんし、

そもそもfxトレードを始めることができません。

 

ですが実は、

上にものべたようにfxの初期投資額は、

1万円を用意するだけでもfxトレードで稼いでいくことは十分可能です。

 

1万円からトレードするトレードであれば、

すべて失ってもそれほど生計にダメージを与えないと思います。

 

1万円という資金でトレードすることによって、

生活に影響がないという余裕と、

最悪すべて失っても問題ないという余裕が生まれます。

 

余裕のあるトレードは、

トレードのレベルをあげていくのにも、

冷静な投資判断をするのにも必要な条件なのです。

 

自己資金に余裕がない方はもちろんのこと、

潤沢な自己資金をお持ちの方でも1万円からトレードを始めることによって、

でもトレードよりも緊急感のあるトレードを体験できます。

 

余裕があるからといって、

いきなり自己資金を全て投じてトレードすることは、

かなりの危険行為になります。

 

当サイトの、他の記事でも紹介していますが、

1万円で利益のあげることができるトレードができれば、

資金が10万円になっても100万円になっても、

基本的にはトレード手法はかわらないのです。

 

参照:1000通貨単位で100万円稼ぐ方法

 

fxで勝てないと言った悩みをお持ちの方や、初心者の方は、

まずは1万円から1000通貨単位でトレードすることをお勧めします。

 

たまに、

「カードローンで200万借りて自己資金にする!」

と意気込んでいいらっしゃる方も見受けられますが、

往々にして失敗しています。

 

fx初心者が200万円の借金をしてトレードすると、

次の展開でなにが起こるのかかなり容易に予想がつきます。

 

その点からしても、

1万円からトレードを始めるということはかなりのメリットがあるのです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ