FXで稼ぎ続けたい人のための【知らないと損をする】戦略まとめ:その2

FXで儲けたい人のための戦略をご紹介しています。

FXで稼ぎ続けたい人のための【知らないと損をする】戦略まとめの記事の続きです。

 

目次

・ルールを決める

・トレード手法を決める

・損切りラインを設定す、利確幅を設定する

 

・ルールに自信をもつためにデモ口座でトレードする

・デモ口座で平均利益と勝率を弾き出す

 

・メンタルを保ち、ルールを崩さない

・取引結果を記録し、資金管理表を作成する

 

「FXで稼ぐ戦略ための戦略」の立て方のステップその4:ルールを決める

ルール

FXで儲けよう稼ごうと思っているときに、

自分のルールを作り守り破らないということが大前提になってきます。

 

ルールを決めるために、次の3つの作業をしましょう。

・ルールを作る、決める、守る

・トレード手法を決める

・損切りラインを設定する、利確幅を設定する

 

トレードルールを作る、決める、守る

ルールを決める守る

「ルールを決める」ということを一言で表すことは難しいですが、取引時間やトレードの手法を決めるということです。

 

たとえば、

「何時から何時までの時間しかトレードしない」という決め事もルールになりますし、「グランビルしかつかわない」「押し目でしかエントリーしない」といったチャート上のトレードの決め事もルールになります。

 

なんでもよいので、自分自身のルールを作り上げましょう。

 

最初のうちは、トレード理論やチャートの動き方の癖などが全くわからないと思いますが、トレードを繰り返していくうちにだんだん理解し、体が覚えていくようになります。

 

まずは、投資理論やテクニカル分析手法を元に、自分なりのルールを作り上げてみましょう。

 

トレード手法を決める

トレード手法とは投資理論にもとずいた手法のことを私はトレード手法と呼んでいます。

 

たとえば、先にもあげた「グランビル」を使って「押し目」でしか入らない。といったトレードの決め事のことをトレード手法と呼びます。

 

スキャルピングのトレードスタイルの中にも、実に様々なトレード手法があります。

 

たとえば、1分間に100回トレードするようなトレード手法であったり、一日に2、3回しかこないチャンスを取りに行くトレード手法であったり。

 

一つの通貨しか使わなかったり、複数の通貨でトレードしたり、15分の中に何回もチャンスが来る手法であったりと、実に様々な手法が存在します。

 

スキャルピングやスイングトレードといった、トレードスタイルを決めることも重要ですが、どのトレード手法をとるのかによってトレードできる時間帯などが大きく変わってきます。

 

初心者の方はまずはなんでも構わないので、自分に合っていそうなトレード手法を試してみてください。

 

(具体的にトレード手法が知りたい方は、稼げるトレード手法を公開!でトレード手法を紹介しています。)

 

損切りラインと利確ラインを設定する

どうしたら初心者がトレードルールを確率するのか?

そのときに必ずしなければならないことは、

・利確ポイントを決める

・損切りラインを決める

ということです。

 

この二つさえあれば、たとえ勝率が50パーセント出会っても利益を上げることができます。

 

この2つのポイントを無視したルールを作ってしまうと、FXで儲けたい人のための戦略まとめの最初の記事でご紹介した、10戦9勝1敗でも損失が出る取引をしてしまいます。

 

「損切りポイントさえ決めておけば勝てる。」というトレーダーさんもいるくらい、損切りポイントは大事です。

 

必ず自分のルールに損切りポイントと利確ポイントは含めましょう。

 

「FXで稼ぐ戦略ための戦略」の立て方のステップその5:ルールを決めたらすること

デモトレード

ルールを決めたら次に

・デモ口座で徹底的にトレードして検証する

ということをしてください。

 

デモ口座でのトレードは、実践でトレードする前に必ず行ってください。

 

理由は2つあります。

 

1つ目の理由は、勝率と平均利益と平均損失を計ることができるということがあります。もう1つの理由は、自分のルールに自信を持つことができるという理由があります。

 

勝率と平均利益/平均損失比について。平均利益/平均損失比がすべてを決める。

まずは自分が作ったルールの勝率を計算してみる必要があります。

 

勝率は、利益を出すことができたトレード回数÷全体のトレード回数×100で出すことができます。

 

たとえば250回ドレードして、160回利益のでた勝つことのできたトレードができたとします。

 

160÷250×100なので、勝率は64パーセントということになります。

 

次に平均利益と平均損失を計算してみる必要があります。

 

平均利益の計算方法は、利益のでたトレードの利益の額÷利益のでたトレード回数

平均損失の計算方法は、損失がでたトレードの損失額÷損失の出たトレード回数。ということになります。

 

たとえば、250回のトレードで、「利益のでたトレード」の合計が125回で利益のでたトレードの利益の額が20万円だったとします。1回の平均利益は、20万÷125回=1,600円ということになります。

 

すなわち、「1回の利益の出たトレードで1,600円の儲けをだしている」トレードをしている。ということになります。

 

逆に、250回トレードして、損失の出たトレードが125回であり、損失の出たトレードの総損失額がマイナス15万であったら、平均損失は1,200円ということになります。

 

1回の損失のでたトレードの損失額は、平均して1,200円であり、1回損失をだすトレードをするたびに、1,200円損失がでているということになります。

 

ここで大事なことは、平均利益を平均損失で割った数字が1を切らないトレードルールをつくれているか?ということです。

 

上の例では、平均利益を平均損失でわると、1,600÷1,200=1.3333..ということになります。

 

この数字が1以上の時は、「そのトレードルールでトレードすればするほど利益が出る」ということになります。

 

つまり、平均利益/平均損失比が1以上のトレードルールでトレードし続けている限り、永遠に利益がで続けるということになります。

 

平均利益/平均損失比が1以上のトレードルールを作れるかどうか?ということが、fxトレードで稼ぎ続けることができるかできないかの、たった一つのちがいなのです。

平均利益/平均損失比

ここで押さえておきたいことは、勝率よりも平均利益/平均損失比の方が、よほど大切な指標である。ということです。

 

fxトレードは、10回トレードをして、そのうち、9勝1敗でも損失がでます。利益が1万円で、損失が10万円のトレードをしていたら、10戦して9勝1負けだと1万円負けています。

 

勝率は90パーセントですが、結果的には損失が出るトレードをしていることになります。そのようなルールでトレードをくりかえしていたら、必ず破産します。

 

利益がしっかりと出るトレードルールなのか確認しないことには、fxトレードで利益を出すことはできません。そのためにも、でもトレードで検証することが大切なのです。

 

自分のルールに絶対の自信をもつ

初心者の方は、自分のルールを作り、きめたところで、そのルールが本当に平均利益/平均損失比が1以上のルールなのか、いまいち自信を持てないと思います。

 

自分の決めた手法やトレードルールに自信を持つことができなければ、必ずやルールを破ります。

 

ルールを破るということは一回のトレードで少額負けるだけではなく、今までの儲けと元金まですべて吹き飛ばす恐れののあるトレードをしてしまいます。

 

デモトレードをして、勝率と平均利益を弾きだすことによって、自分のルールに自信を持つことができるようになります。

 

デモトレードで利益をだすことのできるルールならば、実戦でも必ず利益をだすことができます。デモ口座で徹底的に実戦感覚をつかんでチャートの動きや、曜日の癖などを学んでください。

 

利益をだすことができるルールを発見できれば、あとはもう日々FXで儲けるだけです。まずはデモ口座で徹底的にトレードしましょう。

 

新しくルールをつくったり、学んだりしたら、最低でも1,000回はトレードしてみてください。

 

1,000回のトレードの勝率と、平均利益/平均損失比を出し、平均利益/平均損失比が1以下のルールならば他のルールにするか、そのトレードルールを改善しましょう。

 

昨今PDCAアクションが有名になってきましたが、デモ口座でのトレードでもPDCAを回すことがひつようになります。

 

「FXで稼ぐ戦略ための戦略」の立て方のステップその4:ルーティンワークを繰り返す

ルーティンワークを繰り返す

ルールを決め、デモ口座で検証し、「平均利益/平均損失比が1以上のルール」を確立できたら、次はもう日々淡々とそのトレードルール通りにトレードするのみです。

 

日々の作業は以下の通りです。

・メンタルを保ち、ルールを崩さない

・資金管理を徹底する、取引結果を記録する

 

メンタルを保ち、トレードルールを破らない

デモ口座でトレードして、トレードルールに自信をもつことに成功したのならば問題ないのですが、FXで稼ぎ続けるためには、「ルールを崩さないメンタルを持つこと」が非常に重要です。

 

せっかく利益の出るルールを確立したのに守らなくては元も子もありません。少し欲がでたり、熱くなったりすると、ルールを破るトレードをしてしますことがあります。

 

これは実際のお金を動かしているので多少しょうがないところもありますが、ルールを破らないようにするためには、自分のトレードルールに絶対の自信を持つことが重要です。

 

1000回もでもトレードをして、平均利益/平均損失比をはじきだしたのであれば、ちょっとやそっとの損失ではメンタルは崩れません。

 

資金管理を徹底することと、トレード記録をつける

FXでかせぎつづけるための戦略まとめ:その1で決めた目標にどれだけ近づいているのか?ということを常に意識するために、資金管理表をつける必要があります。

 

平均利益/平均損失比が1以上のトレードルールでトレードしていても、今現在目標値に対して、どれくらい達成できているか?ということを知らなければなりません。

 

また、トレード記録をつけることによって、ルールの確認や、損失の原因を後々確認することができます。ここでもPDCAを回すことが役に立ちます。

 

今日はめちゃくちゃ損したな!!と感じたとしても、トレード記憶をつけておくと、実際に損失額は少なかったりすることも多々有ります。

 

実際の利益や損失は、思っているよりも多かったり少なかったりすることがあります。冷静さを取り戻すためにも、トレード記録や、資金管理表を作成することは重要なことです。

 

最後に

ここまで読んでいただいた方は、FXで稼ぎ続けることは、それほど難しくないということをご理解いただけたかと思います。

 

平均利益/平均損失比が1以上のトレードルールを作ってそのトレードルールで日々、淡々とトレードする。

要はこれだけなのです。

 

FXはギャンブルなどではなく、毎日淡々とこなす作業なのです。作業を積み重ねることによって、稼ぎを出し続けることができるし、目標を達成できるのです。

 

当サイトおすすめのFX商材はこちらになります。

当サイトがおすすめするfxプログラムは、fxスキャル・パーフェクトシグナルというx商材です。トレードルール作りは初心者には難しいです。しかし、この商材をつかえば、難しいトレードルールが用意されています。SPSなら、忙しいサラリーマンでもしっかりと少額からはじめて、複利で回すための手法を学ぶことができます。

fxスキャル・パーフェクトシグナル(SPS)の詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ