1分足でスキャルピングを攻略する手法とは?

スキャルピングを1分足で

1分足でスキャルピングを攻略する手法は?というテーマでお伝えしていきます。

 

忙しい方がfxを攻略していくには、1分足を攻略しなければなりません。スキャルピングで、がんがん1分足を攻略できたら、fxの稼ぎは倍増します。

 

スキャルピングは主に1分足と5分足を使います

 

実際に1分足のスキャルピングは、fx雑誌などで見かけるような、一瞬で何十回もエントリーといった慌ただしいトレードはしません。

 

スキャルピングと聞くと1分間に数百回のトレードを繰り返す。という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

わたしが取り組んでいるスキャルピングの手法は、1分足を使いますがエントリーからエグジットまで、3分から長いときには5分程度かかります。

 

エントリーをしてから、1分足が平均して、3本から5本出た後にエグジットをするという手法を取っています。

 

そう聞いてピンと来た方は、すでにfxトレードについてかなりの経験がある方だと思います。それでは、1分足でスキャルピングを攻略する手法についてご紹介します。

 

1分足でスキャルピングを攻略する手法は「押し目買い」

ピンポイントで押し目買い

私がスキャルピングで、1分足を使ってトレードしているトレード手法は「押し目買い」です。

 

正確にいうと「戻り売り」もしているのですが、「戻り売り」は「押し目買い」の売りバージョンなので、今回は「押し目買い」に絞って話を進めていきます。

 

1分足を使って押し目買いをすることは、時間に余裕をもってトレードできるので非常にお勧めです。1分間に何百回もトレードするような慌ただしさはありません。

 

しかも、エントリーからエグジットまでが3分から5分程度で済むので、スキマ時間にトレードしたい方には最高の手法になるのです。

 

押し目買いとはどのようなトレード手法なのかを解説します。

 

押し目買いとはどういうトレード手法なのか?

「押し目買い」は、fxにどの関連した本を開いても紹介されている程、メジャーなトレード手法の一つになります。

 

押し目買いのやり方としては、まずはマーケットがどちらのトレンドを形成しているかをみるために、トレンドラインを引きます。

 

「押し目買い」の場合は上昇トレンドの時の、下値支持線という線を引くとみえてきます。

下値支持線とは、ろうそく足が上昇トレンドを形成し、上に向かってだんだんと伸びていくなかで、下げる局面がでてきます。

 

下げる局面で下げ止まり、また上昇をくりかえして、また下げる局面がきて下げどまり、また下値をきりあげながら上昇を繰り返していきます。

 

その時に下値と下値を線でむすんでできる線が、下値支持線になります。

この下値支持線にぶつかった時に、fxトレーダーの心理としては反発するという予想をするトレーダーが多くいます。

 

実際に下値支持線にぶつかると反発してまた上昇することが多く、その反発を狙ってロングのエントリーをするのが「押し目買い」になります。

 

「戻り売り」は押し目買いの反対のトレンドの時に起こると、考えていただければわかりやすいです。

 

単純にトレンドが下降トレンドの時に、上値支持線にろうそく足がぶつかって、下に向かって反発した時にエントリーするという手法になります。

 

押し目買いはトレンドフォローの手法であり、いわゆる順張りの手法であります。

 

「押し目」のポイントについては、下値支持線の他にも移動平均線を使った押し目のエントリーなど、多彩なバリエーションがある手法です。

 

利確のポイントにも個人間に差があり、一口に「押し目買い」といっても千差万別のトレードができます。




 

実際に1分足の押し目買いはどうか?

1分足の押し目買い

 

実際に1分足を使っての押し目買いの相性はどうかというと、押し目買いと1分足の相性はかなり良いです。

 

押し目の数も、10分以内に1回から多くて2、3回でますし、どの時間帯でも関係なくチャンスが訪れます。

 

上にも述べたように、5分以内でトレードが完結するので、休憩時間や通勤時間などのスキマ時間でもトレードできます。

 

もちろん帰宅後のパソコンに張り付いてのトレードもできるので、これほどフレキシブルなトレード手法は他にはないでしょうか。

 

また押し目買いは非常に有力な指標なので、かなりのトレーダーが参考にしています。

 

fxのテクニカル相場の形成は、トレーダーの心理を表していると言われているように、トレーダーがチャートの形を形成しています。。

 

多くのトレーダーが参考にすればするほど、そのテクニカル分析通りに動くことが多いいいという事実があります。

 

(3歩進んだチャート分析ができるようになる方法は、

【fxチャートの読み方】チャートは投資家の欲望と恐怖の形」で紹介しています。)

 

また、トレンドに逆らわないトレードができるということも、非常に大きなポイントになります。

 

トレンドにそってトレードするだけでも、勝率を上げることができるといわれているように、トレンドフォローはトレードをする上で重要になります。

 

1分足でスキャルピングを攻略するのに、「押し目買い」(戻り売り)は非常に有効な手法になっています。

 

最後に追伸:1分足でスキャルピングを攻略するために、検証しよう

fxで稼ぐための戦略を立てることの重要性

1分足を使ったスキャルピングをマスターすることによって、よりフレキシブルに、かつ大胆に稼ぐことができます。

 

スキャルピングの良いところは、複利の力を利用して資金を増やしやすいという点にあります。複利の力を利用すれば、少ない自己資金でも、何倍にも増やすことが可能なのです。

 

複利の力のすごさについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

実際に、1分足を使ったスキャルピングのトレードをしてみましょう。トレードする時に大事になるのは、トレードルールを作り上げることです。

 

手法は、スキャルピングの1分足を使うことを決めました。次に、トレードする時間帯や、資金量や損切りライン、利確ラインを決めていきます。

 

トレードルールを作る上で、何よりも重要なことは、平均利益/平気損失比を出すことです。

 

平均利益/平気損失比が1以上のトレードルールさえ作ることができれば、あとは毎日ルールにしたがって、コツコツとトレードするのみです。

 

この平均利益/平気損失比が1以上のトレードルールをつくって、複利の力を使えば、月に何百万という世界が見えてきます。

 

平均利益/平均損失比についての概念は、こちらの記事で紹介しています。fxトレードルールを作る上で欠かせない概念なので、必ず理解しましょう。

 

まずは、平均利益/平均損失比が1以上のトレードルールを作ってみましょう。スキャルピングで1分足を攻略できれば、かなり目の前が開けます。



当サイトおすすめのfxトレードプログラム

fxスキャル・パーフェクトシグナルは、忙しいサラリーマンによる、忙しいサラリーマンのために作られたトレードシステム+トレードの教材です。このシステムが忙しいサラリーマンに特化している理由は。。。

 

   →fxスキャル・パーフェクトシグナル(SPS)の詳細をみてみる

 

当サイトおすすめのfxの情報商材ランキングはこちら大人気fx情報商材ランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ