fxの勉強法でベストな本は!?絶対読みたい3冊のfxの本

fxブログを書いていると、

「fxでオススメの本はありますか??」

「fxを勉強したいのですが、なにかいい本はありますか??」

という問い合わせがよく来ます。

 

管理人のクラウドがバイブルとして読んでいる本を3つご紹介します。

 

超初心者のための基本書から、

トレードに慣れ始めた中級者も読んでおいて絶対損はないfxの本をご紹介します。

 

fxの基本を学ぶ!!『fx超入門』

いわずとしれた「超」入門書、ダイアモンド・ザイ編集部の出版する、

一番売れてる投資の雑誌ZAIが作ったFX超入門

がfxをはじめたばかりの初心者向けの本として有名です。

 

管理人のトレーダークラウドも、

fxを始めたときはこの本から入りました。

 

fx口座の開き方から始まり、

マネックスfx(2009年当時)を使った実際のエントリーの仕方など、

fxを始めるにあたってが1から10まで詳しく解説してあります。

 

本書ではfxの基本的な事が書かれているにもかかわらず、

今、当時のプロトレーダーのインタビューを読み返してみても勉強になります。

 

たとえば、今読み返して驚いたのですが、

ブラッドリー・フリードさんのインタビュー記事が載っています。

(2016年現在載っているか不明ですが)

 

彼はこの本の中でfxで目標にすべきは”pipターゲット”と述べています。

 

さらにfxのプロトレーダーとは、

自分の目標を明確にして、その目標を精度高く実現できる人

と定義しています。

 

これは私が普段ブログで言っている事と全く同じで、

出口戦略の考え方をそのまま言っています。

 

そしてさらに驚いたのが、ブラッドリー・フリードさんは、

複利で運用する事を推奨しています。

 

私がfxを始めたのは7年前で、

この雑誌もその頃購入したものです。

 

当時の私は、この記事に書かれている事にしっかりと赤線を引いてあるのですが、

全くこの記事の存在を忘れていました。笑

 

忘れていたというよりも、

初心者の私は何を言っているか全く理解できていなかったのだと思います。

 

fxをある程度トレードしてトレードを経験して初めて、

いままで見えなかったものが見えてくることがあります。

 

今回の私の読み返して気づいたように、

初心者の時は全く理解できなかったことが、

経験を積んでやっと理解できるようになります。

 

話が逸れましたが、

『fx超初心者入門』はfx口座の解説方法から、

MACDやRSIの軽い解説まで紹介されています。

 

1000通貨単位でのトレードをオススメしていることや、

損切りポイントの設定の仕方やトレード枚数の設定の仕方まで紹介しています。

 

また、レバレッジとは何かということや、

自動ロスカットとは何かということまで、

fxトレードの知識を広く浅く紹介しています。

 

『fx超入門』一冊でも読み込んでfxのデモトレードを繰り返せば、

相当fxの勉強になりfxトレードが上達すると思います。

 

ただしかなりの良書ですが、実際は私のサイトの方が、

fxで勝つためのノウハウや技術や心構えをより広く詳しくかいています。笑

 

ただし、『fx超入門』のように、

fx口座の解説の仕方などはかいておりませんので、

参照までに本をお読みいただくのもアリだと思います。

 

基礎を学んだら次のステップ 『fxトレード演習帳』

こちらも、ダイアモンド・ザイ編集部の出版しているfx本になります。

タイトルは低リスクでカンタンなFXトレード演習帳で、

著者は松下誠さんという方です。

 

彼の考え方やトレード方法もトレードをする上で非常に参考になりますし、

管理人クラウドのトレードにも彼の考え方のエッセンスが多々入っています。

 

たとえば、彼はルール作りとその徹底を重要視していて、

fx=ルールを守って作業的にトレードすること

という考え方を教えてくれた方の一人でした。

 

160ページ中の約70ページ以上をルールの重要性や作り方、

ルールを作る上で重要なポイントなどを紹介しています。

 

『fx超入門』でトレードになれたら、

こちらの『fxトレード演習帳』でよりトレードの精度を上げることができます。

 

テクニカル指標をマスター!『FXチャートの読み方・使い方』

最後の一冊は、成美堂出版から出版されている、

ズバリわかる!FXチャートの読み方・使い方

横尾寧子著)です。

 

この本の何が良いかというと、

テクニカル分析をどの本よりも詳細に解説してくれていることです。

 

たとえば、グランビルの法則や三尊といったチャートの形から手法まで、

こと詳しく解説されています。

 

テクニカルトレーダーを目指し、

テクニカル分析をマスターしようと思った時に、

必ずなくてはならない本です。

 

管理人も、この本を読んでテクニカル分析の基礎を学びましたし、

上にあげた2つの本と並行して読み込むことによって、

さらなる理解を深めることができます。

 

トレードになれてきた初心者から中級者にかけて、

さらにトレードルールの精度を上げたいなという時に読むと良い本になります。

 

まとめ

上に管理人クラウドがお世話になった3冊をご紹介しました。

これらの本を読みこんでトレードルールを守り実践していけば、

初心者を抜け出し中級者以上になれます。

 

fxは目標、ルール、資金管理、メンタル、知識の全てが揃って、

やっとfxで長期的に稼げるようになります。

 

上に上げた3つの本で知識のfxの知識の武装をしていただいて、

実践トレードとデモトレードを繰り返して長期的に稼げるようになってほしいと思います。

 

fxでいくら稼ぐかという目標は一人一人異なると思います。

まずは、いつまでにいくら稼ぎたいのかを明確にすることから始めてください。

 

また、始めて読んだ時にわからなかったことが、

上級者になってやっと意味がわかるということも多々あります。

 

このサイトでは、fxの基本的な知識武装の仕方から、

稼ぐための考え方、様々なノウハウや勝ち方を公開しています。

 

是非とも参照にして、fxで稼ぐ喜びを味わってみてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ