サマータイムとは?NY市場の夏

FXや株取引をしていると、

「サマータイム」という言葉が出てきます。

 

アメリカのニューヨーク市場は夏には一時間、時間をずらします。

 

日本時間の22時が市場が開く時間であったのが、

21時にずれるという事態が起こることは、

FXを一年以上トレードしている方はもう経験済みでしょう。

 

サマータイムとは一体なんだ??

というトレーダーさんも多いいと思います。

 

なぜアメリカやが

サマータイムという制度を導入しているのか解説します。

 

なぜサマータイムを導入するのか

 

それではなぜサマータイムというものがあるのか

ご紹介しましょう。

 

一言でいうと、それは「節電のため」にあると言えるでしょう。

 

日本で暮らしていると全く意識しないのですが、

アメリカの北半球の上の方やカナダなどは

夏と冬で非常に日の長さが変わります。

 

私もバンクーバーにしばらくいたことがあったのですが、

夏は日没が22時くらいだったりします。

 

19時から飲みに出かけて、

22:30位に外に出てもまだ明るい!!

といったような経験をよくしたものでした。

 

逆に冬になると、非常に日が短くなります。

夜は4時くらいにはもう暗くなり、

朝は8時まで真っ暗です。

 

想像していただければわかると思いますが、

朝の8時で真っ暗だと、非常に不気味です。

 

真夜中のように思えるのに、

朝の8時で、しかもみんな通勤していたりします。

 

夜なのに退社でなくて、

皆黙々と通勤している光景は

日本では絶対にfみることができないと思います。

 

サマータイムから冬時間になると、

朝の8時を7時にします。

 

夜中の1時を一気にとばして2時にして、

その2時を1時にします。

 

ですので、夏時間から冬時間に移行する時は、

1時間睡眠時間が短くなるのです。笑

 

サマータイムの朝9時が冬時間の朝8時ということになるので、

冬時間の朝8時になるとある程度明るくなります。

 

ですので、暗かった朝8時が

一気に明るい朝8時になります。

 

明るい朝になると、

余計なライトやオフィスビルのライトなどが不要になります。

 

これが、サマータイムを導入する主な理由なのです。

 

まとめ

 

いまはサマータイムから冬時間に移行する過程をお話ししました。

そちらのエピソードの方が、理解しやすいかなとかんじたので、

そちらのエピソードを選びました。

 

冬時間からサマータイムに移行する場合は、

夜の1時が二回来る感じになります。

 

ですので、冬時間がサマータイムに移行する日は、

一時間多く寝ることができるのです。

 

FXトレードをする上で注意すべきはやはり、

一時間、日本時間で経済指標の発表時間がずれるということでしょう。

 

サマータイムから冬時間い移行する日や

冬時間からサマータイムに移行する日は

その年や地域によって異なりますので、

毎年チェックされることをおすすめします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ