兼業トレーダーのススメ!!副業としてのfx投資で稼ぐ!

サラリーマンをしていると、fxをするうえでのデメリットも多くありますが、

サラリーマン特有のメリットも多くあります。

 

デメリットとしては、トレードできる時間の短さでしょうか。

 

(ただし、fx生活にメリとハリをつけることができるということが、デメッリットの中のメリットでもありますが。)

 

兼業トレーダーは、専業トレーダーのように、一日中トレードできないということがキモになります。

 

専業トレーダーは、一日中チャート画面をみていられるので、急な値動きに対応できる、一回一回のチャンスでしっかりとエントリーできる、といったメリットがあります。

 

ただし、兼業トレーダーは兼業トレーダーの最大のメリットがあります。

 

fxの専業トレーダーのように、収入がfx一本でないということが最大の強みです。

 

生活費をfxに頼るということは、稼げなかったら生活ができないということを意味します。

 

稼げなかったら生活ができないという心配をトレードに持ち込むことは、メンタルの面で最大のデメリットになります。

 

稼がなくてはいけないという余計な心配ごとに侵され、思わぬ損失をだしてしまう可能性があります。

 

その点、サラリーマンがfxに取り組むと、完全に余剰資金でトレードすることができます。

 

生活費をfxに頼らなくていいということは、トレード中に精神的に不安定になりにくくなります。

 

専業トレーダーになるのであれば、それなりの資金とノウハウと経験がなければ非常に危険であるということは、どんな人でも簡単に理解できます。

 

サラリーマンをしながら兼業でfxを始めることは、初めてトレードを始めようとするfx初心者にとっても非常に大きな武器になります。

 

サラリーマンがfxを始めるときの兼業トレーダーとしての心構えと、どのような方法で稼いでいくべきかをお伝えします。

 

サラリーマンはスキャルピングで稼げ!!

サラリーマンや初心者は中長期トレードがリスクが少なくおすすめ!といった雑誌や本の記事を目にしたことがある方はいらっしゃると思います。

 

しかし私のの経験上、サラリーマンにとって中長期トレードは、まったくオススメできません。

 

その理由として、ポジションを持ち続けることにより、本業に集中できなくなってしまうということがあります。

 

中長期トレードでは、早くて1日〜遅くて1週間から1ヶ月ものスパンでトレードするものもあります。

 

1週間もポジションを持ち続けていると、さすがに仕事中や休憩時間にふっときになることがあります。

 

ふっと気になって見た瞬間に、含み益をだしていれば良いのですが、含み損をだしていたらもう、気が気でなくなります。

 

私も経験があるのですが、仕事をしてる時も含み損が気になり、仕事に集中しにくくなります。

 

中長期でポジションをもつことは、本業の集中を削ぐ最大の要因になり得ますので、サラリーマンは中長期でトレードする手法は避けたほうが無難なのです。

 

やはり本業中や、集中したい時はポジションを持っていない方がよく、ポジションを持たないで稼ぐためには短期トレードが一番なのです。

 

兼業に最適な短期トレードのメリット!

私は短期トレードをオススメしていますが、短期トレードをしていると様々なメリットがあります。

 

中長期トレードにはない、短期トレードのメリットをご紹介します。

 

隙間(スキマ)時間にトレードできる

短期トレードのメリットの一つは、上に挙げたように、本業などにポジションを持ち込むことがないということです。

 

ボジションを短く持つということは、通勤時間や休憩時間にもトレードができ、しかもその隙間時間に利益を確定できるというメリットがあります。

 

もちろん、帰宅後の就寝までの時間でも画面に張り付いてもトレードできますし、朝起きてから出勤までの間でもトレードできます。

 

短期トレードはいつでも好きな時に、しかもスマホで簡単にトレードできるというメリットがあるのです。

 

レベルアップが早い

短期トレードには、さらなるメリットがあります。それは、fxトレードのレベルアップが早いというメリットです。

 

どういうことかというと、短期トレードでトレードしていると、自然にトレード回数が増えます。

 

トレード回数が増えるということは、トレードの経験を中長期トレードの何倍ものスピードで積むことができるということです。

 

実際、1週間に一回トレードするのと、1日に5、6回トレードをするのでは、後者の方が経験を積むのが早いのは明らかです。

 

また、短期でトレードすると、1日のどの時間にもトレードすることができるので、時間ごとの値動きの癖がわかるようになります。

 

時間ごとの値動きのくせや、曜日ごとの値動きの癖を掴むことは、いわゆる相場観を磨くということになります。

 

相場観を養うともいいますが、どちらにせよ相場に強くなることは、fxトレードの勝率をあげ、トレードの精度をあ高めることに必要不可欠な要素です。

 

まとめ

サラリーマンほど兼業トレーダーにむいていて、兼業トレーダーこそスキャルピングトレードが向いていると紹介しました。

 

サラリーマンの本業の収入よりもう少しお小遣いがあったらいいなという方や、大きく稼いでいこう!!という方まで、fxはどんな要望にも答えてくれます。

 

また、fxトレードをしていると、世界経済の動きに敏感になり、ニュースが気になり毎日チェックするようになります。

 

fxトレードをしていると、ビジネスマンとしてのスキルやレベルも自然にアップします。

 

兼業トレーダーとしての心構えや、fxで勝つための戦略やノウハウを当サイトではご紹介していますので、是非ともご参照ください。

 

参照:fxで稼ぐための戦略まとめ

サブコンテンツ

このページの先頭へ