サラリーマンをしながら、副業としてfxをして確実に稼げるのか??

fx 副業

副業としてfxトレードを考えるときに、まず考えるのが本当にfxトレードは稼げるのか??ということだと思います。

 

単刀直入に申し上げますと、副業としてfxトレードに取り組めば、しっかりと稼げるだけでなく、様々なメリットもあります。

 

今回は副業としてfxトレードを取り組むとどのようにどれくらい稼げるのか、そして様々なメリットとは何かをご紹介して言います。

 

世の中は副業を積極的に推す流れがきている

「本業の傍ら、副業をして稼ぎましょう」という動きが、昨今の世の中の流れとして加速してきているのが実感できます。

 

この記事をご覧になっている方も、おそらくは何かを始めなければと思って、焦りを感じている方かもしれません。

 

経済雑誌の『週刊東洋経済』の2016年10月29日号でも、「副業のススメ」として大々的に副業に関する調査結果を取り上げています。

 

雑誌の中で、本業の傍らコンサルタントやガジェットブログ運営、ドイツレストラン経営などの本業に近い副業をしている方々が紹介されています。

 

本誌では副業の経験が本業にいかせたり、パラレルキャリアを積めるなど副業をすることによってもたらされる、新たなキャリアの可能性についても言及しています。

 

本業以外にも手に職をつける事によって、多角的な視点からビジネスに関わっていけるメリットが副業にはあります。

 

副業が流行っている背景として、終身雇用制度の崩壊で、社員の面倒をみる会社が消滅している。という事を背景にあげています。

 

副業自体に寛容になってきている企業も増えてきており、ロート製薬の会長が副業を大々的に解禁したという記事も載っています。

 

大企業でも副業を解禁していて、世の中の流れとしては副業が当たり前になりつつあります。

 

そんななかで新たに自分自身でもできる副業は何かと、日々模索している方もたくさんいらっしゃるでしょう。

サラリーマンが副業としてのfxで稼ぐということ。

そんな悩めるサラリーマンにオススメしたい副業が、ずばりfxトレードなのです。

 

レストラン経営や経営コンサルタントといった、ヘビーな副業をするのは、かなり労力を伴います。ともすると、本業も副業も中途半端になってしまう可能性すらあります。

 

そんななかで、fxトレードは副業として取り組むのにはかなり優秀な副業です。その理由を当サイトの管理人の経験則からご紹介していきます。

 

fxは副業で取り組んでも稼げるのか?

副業としてfxトレードに取り組む場合、気になるのが実際の成果だと思います。

 

副業として取り組むからにはしっかりとした実りが欲しいところですし、労力に見合うリターンを得られることが望ましいでしょう。

 

その点、fxトレードはしっかりとした知識を身につけて、しっかりとした経験を身につけていけばほぼ確実に稼ぐことのできる副業になります。

 

確かにfxトレードは正しくトレードしないと損を出す場合もありますが、リスクとうまく付き合っていくことによって、損失を出しながら稼いでいくことができます。

 

損失をもろともしない様々なメリットが、fxトレードにはあります。

 

副業としてfxトレードに取り組むメリットをあげていきます。

 

fxは少ない資金から資金を増やしていける

 

fxで地道に稼ぐ

fxトレードはしっかりとした知識を身につければ、本業よりも稼ぐことができるポテンシャルを持っています。

 

サラリーマンから専業のfxトレーダーに転身した方も、当サイトの管理人の周りにはたくさんいますし、そういった方々は実際かなり裕福な暮らしをしているのも事実です。

 

fxトレードでは一発で爆発的に稼ぐイメージがありますが、実際にはコツコツと地道に利益を積み上げていくといったイメージの方が合っています。

 

実際に管理人の周りの稼いでいるfxトレーダーもコツコツと地道にトレードしていますし、その様はトレードという名の「作業」に近いです。

 

fxトレードは「投資」と呼ばれますが、実際には資産運用的な投資ではなく、実労働を伴う作業に近いイメージです。

 

fxでも「お金に働いてもらう」ような資産運用はできますが、そういった資産運用としての投資をする場合は、

かなりの額の自己資金を用意しなければなりません。

 

自己資金を多く用意できない方にとって、資産運用としての投資は非効率的です。しかしfxトレードは自己資金が少ない方のための「投資」なのです。

 

fxトレードの魅力は何と言っても、「少ない資金」「爆発的に」増やすことができるということなのです。

 

自己資金の少ないサラリーマンの方にとって、1000万円用意するのは並大抵のことではないですが、仮に用意できたとしたら次のステップに踏み出すことができます。

 

(資金量の違いによって、サラリーマンがするべき投資や副業は違います。少額資金のサラリーマンのfx必勝法はこちら。)

 

それは株投資であったり、不動産投資であったり、または飲食店や塾などの開業であったりと、何かしらの事業や投資ができるようになります。

 

 

なにかしら開業しようと思ったときにいつでも資金量の問題がつきまとってきますが、その問題を解決してくれる副業がfxトレードなのです。

 

fxトレードなら、たとえば10万円の自己資金から初めて、1年で300万円まで増やすことが可能なのです。fxトレードをはじめに副業として始めることによって、次なる事業の可能性が開かれるのです。

 

fxの副業のメリットは始めるのに借金をする必要がない

fxを副業として始めるメリットは、始めるときに借金をする必要がないということです。

 

もし、ラーメン屋さんなりクレープ屋さんなりを開業しようとおもったら、最低でも1,000万円程の自己資金を用意しなければなりません。

 

サラリーマンをしながら1,000万円用意するというのは、かなりの至難の技です。実際始めようとする場合は、銀行などから借り入れをして始めるということが現実でしょう。

 

しかし、fxトレードの場合は10万円もあれば始めることができます。中には1,000円程度の自己資金から始められる証券会社もあります。

 

サラリーマンをしていて、1,000円を用意できないということはないでしょう。つまり、誰でも借金なくして副業を始めることができます。

 

fxトレードの副業で、経済の動きに敏感になる。

fxトレードを副業として始めると経済の動きが気になり始めます。

 

テクニカルトレードの場合は経済の動きを気にしてトレードする必要はないのですが、大まかな円安円高の流れだけは押さえなければなりません。

 

fxトレードを始める前までは経済の動きなど無頓着であった管理人も、fxを始めてからは経済新聞を読むようになりました。

 

経済新聞を読んでも直接的には仕事に影響しませんが、雑談であったり、話のネタができるのでビジネスマンとしてレベルアップしました。

 

また新聞を読んでいると、世の中がどこに向かおうとしているのか、どの車が一番売れているのか、どの業種が景気が良いのかということがわかってきます。

 

広告欄からも色々な動きを読み取ることができます。主に書物の広告が多いいのですが、どんな商売が流行っているのかといった、こまかな経済活動も読み取ることができます。

 

新聞の情報量を100円代で購入することが出来るので、今となっては読まない方がもったいないと感じています。

 

経済新聞を読むきっかけと動機を与えてくれたのは、やはりfxトレードをして経済の動きに興味を持ったからです。

 

fxトレードを始めるとトレードそれ自体のメリット以外にも、副次的なメリットがあります。

 

ではどうやってfxトレード稼ぐのか?

fxトレードのメリットを述べてきましたが、では実際にどうやって稼いでいくのかという疑問がのこります。

 

fxで実際に稼いでいくノウハウについては、当サイトで満遍なくお伝えしています。

 

たとえば、少額投資で稼ぐ方法では、サラリーマンがいかに少額で稼いでいくのかを解説しています。

 

是非とも参考にしていただき、fxトレードを副業として、初めてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ