fxで稼ぐために必要な3つの能力とは何か??

fxで稼ぐために必要な3つの能力とは何でしょうか??

 

FXで稼げるようになるためには、チャート分析能力資金管理能力、そしてメンタル管理能力の、3つの能力を鍛えなければなりません。

 

その3つの能力を高めることによって、FXでだんだんと稼げるようになり、FXだけで稼ぐ専業トレーダーへの道さえもひらけてきます

 

FXだけで月収にして300万円稼ぐトレーダーさんも、私の周りにはたくさんいます。

 

ではいかにしてチャート分析能力を高め、資金管理能力を身につけて、メンタルも管理できるようになるのでしょうか。

 

FXで稼ぐための3つの能力の鍛え方

fxトレードで稼ぐには、チャート分析能力、資金管理能力、そしてメンタル管理能力が必要ですが、それぞれどのようなものでしょうか。

 

FXで稼ぐための第一の能力として、まずはチャート分析能力について解説します。

 

3つの能力その1 チャート分析能力

 

チャート分析能力というと非常に難しいように感じるかもしれませんが、これについては練習を重ねて慣れてしまうことが一番手っ取り早いです。

 

チャート分析も移動平均線の読み方から、ストキャスティクスなどの指標を読みこなす能力まで幅広くありますが、まずは基礎的な指標を読みこなせるようにしましょう。

 

基本的なテクニカル指標を使いこなすことができるようになれば、FXで稼ぐための武器を一つを手にいれたといえるでしょう。

 

移動平均線とストキャスティクスやRSIを使いこなすだけで、勝率は60%まであげることも可能です。

 

なにも考えずに、機械のように取引できるのであれば、資金がマイナスになることはほとんどなくなり、FXで稼ぎ続けることができます。

 

しかし、人はトレードにどうしても感情が入ります。それはプロでも同じことです。

 

トレードに感情が入ることで、簡単に取引のルールを破ります。

 

初心者のうちは少し損失が続くと、取り返そうと思ってすぐに倍掛けしたりします。

 

そうすると、損失が二倍、三倍の速さで膨らんでいき、理性を飛ばしたトレードをすることになります

 

FXで負ける原因の90%はテクニカル分析の読みの失敗というよりも、メンタルのブレからくる焦りや不安からきます。

 

プロでも負けることは当たり前で、プロは負けることを想定の範囲内に入れてトレードルールを作っています

 

負けることがあってもトレードの総合で、資金がプラスになるトレードルールを作り上げ、そのトレードルールにしたがって淡々とトレードしているのです。

 

メンタルを鍛えることこそ、一気に資金を飛ばすといった痛手から逃れ、fxで負けることから回避するための能力になります。

 

FXで稼ぐには、メンタルを鍛えなければなりません。

プロはどうやってメンタルをコントロールするのかを知っていて、メンタルコントロールを実践しています

FXで稼ぐにはメンタルを鍛えて、コントロールすることが超重要なのです。

 

FXで必要な能力その2 メンタルコントロール

ではメンタルをコントロールするのにはどうしたらいいでしょうか。それは、自分のルールを作り実践し破らないことが大前提になります。

 

ルールとは、どこでエントリーしてどこで決済するのかを決めたら、絶対に変えないというルールのことです。

 

チャート分析ができるようになり、どのタイミングでエントリーするのか、どのタイミングで決済するのか自分の中でルールをつくらなくてはなりません。

 

それは本などで学んだ知識を自分でデモ講座を開設して徹底的にトレードして検証してみたり、

 

周りにFXで勝っている人がいるのであれば、その人に教えてもらったりするのもよいでしょう。

 

メンタルコントロールの実践の仕方の一つとして、デモ口座で1000回以上自分の決めたルールでトレードしてみましょう。

 

しかも本番と全く同様にトレードすることが重要です。

 

1000回トレードした結果、勝率が60%以上出ているのであれば大丈夫です。

 

初心者のうちは、自分が作り上げたルールや教えてもらったルールが、本当に勝てるのか自信がないとおもいます。

 

本当に勝てるルールなのか自信がないことが、実はメンタルを崩す最大の原因の一つなのです。

 

初心者のうちはFXトレードをしていて負けが続くと、自分のルールが本当に稼げるルールなのか疑問が湧いてしまします。

 

自分のルールに疑問が湧き、自信がなくなるとメンタル崩壊につながります。

 

メンタル崩壊につながると、いままでFXで稼いだお金を全て失うことにもなりかねないのです。

 

デモトレードで徹底的にトレードして、負けパターンや勝率を徹底的に分析しておくことで、ルールに自信を持つことができます。

 

ルールに自信を持つことができれば、負けが続いたとしても熱くならずに淡々とトレードできるのです。

 

熱くならずに淡々とトレードすることができれば、メンタルが崩れず、FXで稼ぐことができるようになります。

 

自分のルールに自信を持つことが、メンタルコントロールの方法として非常に有効です。

 

メンタルコントロールができるようになったら、FXで勝って、稼いでいるお金を計算することがFXで稼ぎつづける秘訣になります。

 

FXトレードで勝つことと、FXで稼ぐことは似ているようで違います。

 

FXで勝って、稼いでいるお金を管理する資金管理こそ、FXで稼ぐ能力の一つとなります。

 

FXで必要な能力その3 資金管理能力

fxトレードの資金は、EXCELなどで簡単に管理できます。どんな表でもいいと思います。

 

重要なのは、自分がその日にいくらFXで稼いだのか(損したのか)ということを、一目でわかるようにすることです。

 

自分が今日いくら稼いだのかということをつけないでおくと、いくつかの問題がおこります。

 

一番重大な問題の一つとして、ルールを破るという問題がでてきます。

 

一日でどれくらい稼ぐかということを、決めておくことも重要です。

 

FXトレードをしていると、1万円や2万円の稼ぎが少なく思えてくるという非常に厄介なマジックにかかります。

 

たとえば51万円が52万円に増えても、あまり嬉しくないといったマジックにかかったりします。

 

一日の稼ぎを決めている場合は大丈夫なのですが、なにも決めていないと、もっと稼ぎたいという欲が出てきます。

 

そうなると、自分のルールを崩す第一歩となるのです。

 

FXで稼ぐには、日々いくら勝てば満足という明確な基準を持ち、コツコツと毎日実践していくことが非常に重要になります。

 

FXで稼ぐには まとめ

FXで稼ぐには、3つの能力が重要であると解説してきました。

 

この3つの能力を高めることによって、FXで稼ぐことができ、専業トレーダーへの道が開けると思います。

 

この3つの能力は目には見えず測ることができないが故に蔑ろにされがちですが、FXで稼ぐためには絶対必要な能力です。

 

また、本やDVDやFXの情報商材などを選ぶときには、その教材が、どの部分の能力のことを教えているのかを見極めることが重要になります。

 

この三つの能力を身につけて、FXで稼げるトレーダーになりましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ