WWWLプロジェクト(トークン)とは?今後の展開と4つのメリット

最近市場が拡大してきている大注目のDeFi(分散型金融)、そしてNFT(非代替性トークン)を融合したプロジェクト『WWWL(トークン)』をご紹介します。

WWWLトークンは、バーチャル空間やゲームポータルサイト、VRといった魅力あるサービスを提供していくための基軸通貨となります。

様々なプロジェクトを展開し、大型取引所への上場も予定しています。

大きく成長するWWWLトークンに期待して下さい!

まだ語っていない、WWWLが秘めた高いポテンシャルについても全て解説していきます。

今後いっそう盛り上がるプロジェクトの展開をご紹介します。

公式サイトはこちら

WWWLトークンとは? 期待できる4つの収益

WWWLトークンが大型プラットフォーム内で展開することで、どのような収益が期待できるのかは気になるところですよね。

嬉しい4つの収益はこちら!

  1. Game Player増加によって手数料が増加、それにより安定した配当がある
  2. 825日までロックをかけることで、BSCガバナンストークン「WWWVB」が無料付与される
  3. NFTの収益還元やイールドファーミング収益
  4. 大手取引所上場で資産の値上がり、それによるキャピタルゲイン

WWWLプロジェクト(トークン)の展開

WWWLプロジェクト(トークン)は、5段階で展開していきます。

  • 第1段階:2021年5月 WWWL プレセール
  • 第2段階:2021年6月 ゲームコンテンツのリリース
  • 第3段階:2021年8月 DeFiプロジェクトとの連携
  • 第4段階:2021年9月 デジタル資産『NFT』を使った事業展開
  • 第5段階:202112月  仮想通貨取引所に上場

1. WWWL プレセール

  • ■ 販売対象 : WWWL
  • ■ 販売時期 : 6/25 $0.8 (20%Off)
  • ■ 一般販売 : 7/25~ $1.0
  • ■ 支払通貨 : USDT/JPY
  • ■ 限定数量 : 15,000,000枚
  • ■ 最低購入価格 : $1,000【110,000JPY】/ 1口
  • ■ 購入枚数 : 1,250枚/1口

2. ゲームコンテンツのリリース

今や、小学生でもやったことがあるオンラインゲームですが、その市場規模の拡大は止まらず、2014年には4兆円超えと右肩上がりです。

続々とリリースされる楽しみな各種コンテンツがこちら。

  • 5/27〜 パチスロ:4号機超高性能スロットがオンラインで帰ってきました。
  • 6/20〜 スポーツブック:スポーツを観戦するのも難しいこのご時世だからこそ、オンラインで楽しみ、さらに勝敗を賭けて2度楽しめる!
  • 8/25〜 ライブカジノ:ライブ中継による本物のディーラーとのプレーは、半端ない臨場感が味わえます。

さらに今秋からは、ビデオカジノや競馬も登場予定です。待ちきれませんね!

これにより、TIGER GAMEを利用するPlayerが増え、流動性がアップ。

手数料収益が増えることで、WWWL報酬アップにつながります。

ポケットスワップに上場 625

6/25に分散型取引所であるポケットスワップに、上場予定です。

プールに資金を預けて、人気のFilecoinを集めよう!

参加はいつでもOKで、毎日報酬がもらえるメリット付きです。

3. DeFiプロジェクトとの連携

Defiは2020年から注目を集めており、TVL(市場規模)としても2021年4月時点で6兆円を超える盛り上がりを見せています。

特定の管理者がいないので、資金の管理は自分達で!という新たな仕組みは、金融業界も無視できない状況です。

さらに注目される理由は、『イールドファーミング』と『流動性マイニング』にあります。

  • イールドファーミング:資金を預けることで、その資金を借りる際の手数料を貸し手が「利回り」として受け取る仕組み
  • 流動性マイニング:資産を預けることで利息を得たり、他のトークン(ガバナンストークン)を受け取れる仕組み

WWWLプロジェクトでは、8/25までに資産をロックしていただけると、BSCのガバナンストークン「WWWVB」が無料付与されますよ!

今後は、Pancake Swap他、DeFiプロジェクトと連携予定でTVLもアップ。

WWWLはますます注目プロジェクトの予感です。

4. デジタル資産『NFT』を使った事業展開

世界に二つとない唯一無二のデジタル資産、それが『NFT』です。

デジタルデータなんて、コピーや改ざんが簡単にできちゃうんじゃない? と思われるかもしれませんね。

しかし、ブロックチェーン上では参加者の相互検証が可能なためにコピーや改ざんがしにくく、デジタルな価値のやりとりができてしまうんです。

データの識別番号や作成年月日、発行数などのメタ情報をデータに付けることで、世界に二つとない唯一無二のものとしよう!というのがNFTの考えです。

このNFTの成長は素晴らしい!

市場に存在する全てのNFTの総価値から算出した市場規模は、約3億3,800万ドル。

2019年には、約1億4,000万ドルだったことから見ても、倍以上の拡大を見せています。

2020年は、まさにNFT元年と言ってもおかしくない根拠がまだまだあります。

  • アクティブウォレット数:+97%
  • NFTを売買した人の数 :【売り】+66%、【買い】+24%
  • 総取引額は、2019年と比べて約300%の急成長!

と、過去3年間を比較したデータからもNFTの成長が素晴らしいことがお分かりいただけますよね。

WWWLでも今後NFTに力を注いでいく予定でおり、様々なキラーコンテンツをご用意しています。

NFTキラーコンテンツ1:『マイケルジャクソンの手形』

第一弾のキラーコンテンツは、3億人のファンがいると言われる『マイケルジャクソン』のNFTです。

ジャクソンファミリー財団ジャパンとのNFTの連携により『マイケルジャクソンの手形』を公開!

世界中のMJコレクターが黙っていませんね。

NFTキラーコンテンツ2:世界有数のゲーム会社とのコラボレーション

2000年に産声を上げたeスポーツ。

2011年には第一回のJapan Cupが行われるなど、今では職業と言ってもいいほどの過熱ぶりです。

そんなeスポーツを含めたゲーム事業を行うデジタルサービス企業と、連携を予定しています。

数億ダウンロードを超えるヒットメーカーとのコラボなんて、ワクワクしませんか?

ぜひ楽しみにして下さい。

NFTキラーコンテンツ3:KPOPグループとNFTの連携

止まることを知らない韓流ブームは、NFTをさらに盛り上げること間違いありません!

お気に入りのKPOPアイドルのNFTは、ファンにはたまりませんよね。

NFTキラーコンテンツ4:仮想空間のNFT化

今はバーチャル空間にも価値がつくのが常識となっています。

NFTを使って、大手取引所である「コインチェック」が仮想空間の土地を購入したニュースはご存知でしょうか?

現実世界では難しくても、仮想空間ならお気に入りの場所や建物を購入可能です。

WWWLプロジェクトでは、仮想空間の土地や建物のNFT化、さらに共同購入による収益分配なども実装予定しています。

現実世界とバーチャルの世界、2つの世界観が楽しめるなんて素敵ですよね。

5. 仮想通貨取引所に上場

WWWLは、オンラインゲーミング + DeFi + NFTの3大施策により、TVLを飛躍的に増加させます。

最終的には、有名取引所に上場することでキャピタルゲインを狙えます。

公式サイトはこちら

「これを知らなきゃ勝てないよね」FXで稼ぐために大切なことをお伝えします!

Line@では、あなたが金融で成功するために必要な情報をお伝えします。
 
fxで成功するために押さえておきたいことをおつたえします。
 
友だち追加
※友達追加して質問くださいね!  
どしどしお問い合わせをお待ちしています。
 
 

【殿堂入り】バイナリーオプション:「忍-Shinobi-システム」

「忍-Shinobi-システム」のヘッダー 当サイトが自信をもってお勧めする、勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステムです。バイナリートレードのシステムです。エントリーポイントの精度も抜群のバイナリーオプションのシステムです。 3万円から初めても、1ヶ月で20万円以上勝利できます。初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。       

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

当サイトのオススメのfx商材をラインキング形式で紹介しています。 大人気fx情報商材ランキング    
サブコンテンツ

このページの先頭へ