投資はなにから始めるべきか?

投資はなにから始めるべきか?

株、不動産、先物、などなどいろいろありますが、

どれも魅力的でしょう。

 

どの投資もリスクを管理し

リターンを最大化することで大きな利益を得ることができます。

 

大きく利益を得るのか

小さくコツコツ稼いでいくのかによっても

どの商品を選ぶのかは変わってきますね。

 

投資はなにからはじめるべき?

 

私は個人的に

サラリーマンの方だったら不動産かFXが

始めるのには最適な投資ではないかと考えています。

 

その理由を解説していきたいと思います。

 

不動産投資について

 

不動産投資は主にサラリーマンの方に

向いているのではないかと思います。

 

不動産投資ならば、うまくプロに頼ることができ、

リスクを管理すれば一番安定的に収入が入ってきます。

 

また、勤続3年以上のサラリーマンならば、

業界によってバラツキがありますが、融資を受けやすいという

最大のメリットがあります。

 

ですので、少ない自己資金からでも

うまく投資できれば、レバレッジをきかせた投資ができるのです。

 

サラリーマンであることは、

融資の面で最大のアドバンテージなので、

そのアドバンテージを生かさない手はないのではないかなと考えます。

 

 

不動産投資というと、都内のマンションのワンルームが良いと

おすすめされることがあるかもしれません。

 

しかし、私は個人的にワンルームマンション投資は

やらない方が良いと思います。

 

理由はキャッシュフローが回り始めるまでに

時間がかかること。

 

それによって修繕などが起こった時に

実費になること。

 

入居者がいないと収入にならないなどが挙げられます。

 

また、新築のワンルームだと、

購入した直後に値下がりするので、

出口戦略もとることができません。

 

不動産業者さんはワンルームマンション投資をおすすめしてくるとおもいますが、

やらない方が無難ではないかなとおもいます。

 

といっても、財務状況は人それぞれなので、

一概にはいうことができません。

 

サラリーマンのかたで、投資はなにから始めようかお悩みならば、

不動産投資がおすすめの一つであると考えられます。

 

FXについて

 

FXも、投資を始めようとお考えのかたにとって

最適な投資だと個人的に考えています。

 

サラリーマンのかたに限らず、

自営業者さんや主婦のかたも簡単に始めることができます。

 

不動産投資だと、

自営業者さんや主婦のかただと少しハードルがあがるかもしれません。

しかしFXならば少しの自己資金があれば誰でも始めることができます。

 

サラリーマンのかたでも、実は不動産投資よりも

FX投資をおすすめします。

 

なぜならば不動産投資だと、最低200万くらいの自己資金が

必要になります。

 

いくらの物件をえらぶのかということと、

年収などによって状況は異なってきますが、

だいたい200万以上かかるでしょう。

 

しかも不動産投資の場合、

一番最初につまずくと、投資額が大きいだけに

立ち直るのに非常に時間がかかります。

 

最初の投資でうまくいけばいいのですが、

投資初心者のうちはなかなか情報が集まりにくいとおもいます。

 

しかしFXならば最低10万円ほどあれば

投資を始めることができます。

 

しかも失敗しても少額ですむので、

立ち直るのに時間をあまり必要としません。

 

投資を始めるハードルが

非常に低いのです。

 

また、FXをしていると情報網が確立されていきます。

 

それは、日常の関心ごとが経済に向いたり、

付き合う人が投資家が多くなってきます。

 

そうすると、自然と情報網が確立されていきます。

 

情報網が確立されてくると、

自然とFXに限らずいろいろな情報が入ってきます。

 

これは最大のメリットだと思っています。

 

投資はいい情報を入手できるかどうかによって、

その後の投資人生に大きく影響を与えます。

 

そして情報は大抵「人」からはいってくるので、

投資の人脈は後々どんな投資をするにしても、

大きなアドバンテージになるでしょう。

 

少ない額で初めて、

徐々に腕をあげて、情報網も確立できる。

 

そんな理想の投資がFXならば可能なのです。

 

投資はなにから始めるかお考えならば、

是非ともFXをはじめてみてください。

 

私はサラリーマンがFXで勝つ考えかたや情報を発信しているので、

是非ともご参考にしていただけたら幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ