外国為替市場の4人の立役者とは??

外国為替市場では、為替の値動きを作る4人の人物がいると言われています。

 

その4人(大きく分けて4つの取引業態)によって、外貨が取引され為替の値段が動きます。

 

それでは、外国為替市場を動かす4人の人物をみていきましょう。

 

一人目 経常取引

経済活動をするうえで、身の回りのものにが外国製品が溢れていると思います。

日本は自動車の輸出国でもありますし、国内にもさまさまな外国製品が溢れています。

 

こういった外国との実物のものや商品を取引するときに、

支払いはどちらかの国の通貨でなされます。

 

たとえば日本の自動車会社がアメリカに自動車を輸出したら、

ドル建てで取引が行われます。

 

日本企業はドルを持っていても日本国内では使えないので、

ドルを日本円に交換する必要があります。

 

この外国とものを売ったり買ったりするときに起こる外国為替市場の取引が実需といい、

保険などのサービスを売り買いした外貨を売り買いすることを「経常取引」と言います。

 

この取引自体は、外国為替市場に占める割合は数パーセントとそれほど取引額はでかくありません。

しかし、資本取引やと投機取引とちがって一方通行の取引になることが重要です。

 

資本取引や投機取引では、両替による為替差益を狙った取引が大方をしめるので、

取引の額が大きいですが、結局は影響が相殺されてしまいます。

 

しかし、経常取引では一方通行の通貨交換がおこなわれるので、

経済活動における通貨に対する影響が大きいと言えるでしょう。

 

月末の決算期に合わせて大きなお金を決済することがあるので、

月末などの値動きに影響も与えたりします。

 

二人目 資本取引

実需と同じように、実際の経済活動を支えていてかつ、

為替市場に影響を与えているのが資本取引です。

 

資本取引とは、主にお金そのものの流れを指し、

外国の会社の株式を買ったり、国債や社債などの債権を買ったりすることを指します。

 

たとえば、日本の会社がアメリカの会社の株式を購入するときや、

保険会社が外国国債を持ち、資産運用をするときに起こる通貨の移動のことを言います。

 

資本取引で重要になるのが、その額の大きさです。

 

一国の経済状態や景気などに大口の投資筋が反応しますし、

投資する額も個人トレーダーとは比較になりません。

 

景気の変動によって資金の移動が頻繁におこなわれ、

国の経済状態の影響が為替に与える影響を及ぼします。

 

また、債権や国債の投資機関はたいてい長期に及ぶため、

一回取引がなされた場合、引き揚げまでに時間がかかります。

 

一方通行の実需ほどではないですが、一回取引がなされたら、

しばらくは引き揚げが行われないというのが特長です。

 

三人目 投機取引

いわゆる投機筋とよばれる人たちによるトレーダーを指します。

ものや証券などを直接売り買いするのではなく、為替差益を狙って通貨を交換します。

 

銀行のトレーダーや証券会社の外為部門のトレーダー、

さらには個人のFXトレーダーも含まれます。

 

外国為替市場に占める取引量は4人のなかで最大であり、

最も為替の値動きに影響を与えています。

 

トレードは短期に及ぶことが多く、

何かの材料がでると一斉に注文を入れます。

 

短期的なチャートを形成するおもな主役はこの投機筋と言われる人たちであり、

かれらの心理を読むことによって、相場観を養うことができます。

 

四人目 公的部門の為替取引

4人目の立役者は、政府や中央銀行などの公的機関です。

 

彼らは、近年為替介入を積極的に行い、

何兆円規模の資金で為替市場に介入をしてきます。

 

日銀の総裁の発言や他国の財務長官や中央銀行の総裁の発言だけによって為替が大きく動く時もありますし、

実際に為替介入がおこなわれた時なども動きます。

 

重要なのは、中央銀行による、為替介入の示唆などがあった時で、

為替介入を意識した為替相場の動きがはじまります。

 

FXトレーダーはテクニカル分析派であったも中央銀行や政府要人の動きは

気にかけておいたほうがよいでしょう。

 

まとめ

外国為替市場には、

上にのべたように4人の立役者(為替相場に影響を及ぼす機関や個人)がいます。

 

4人は4人とも為替相場の値動きに大きな影響を及ぼしているので、

かれらの心理やトレード時間を研究することもまた、相場観を養うのに非常に重要になってきます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ