fxと日本人。日本人は為替相場にむいている人種なのか??

日本人は為替相場、すなはちfxに向いています。そう考えるのには幾つかの理由があります。

 

ロウソク足などのテクニカル分析手法を考案し、江戸時代から相場に長けていた人々がいます。また、fxトレードをする個人が増え、「ミセス・ワタナベ」と呼ばれる現象まで作り出した日本人トレーダーたち。

 

今回はfxトレーダーに必要な要素と、その要素を持ち合わせている日本人の話をします。

 

ロウソク足は日本初のチャート分析手法

ロウソク足は日本で発達したチャート分析手法ということは、かなり有名な話なので、一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

実は、ローソク足は江戸時代の米相場で発達し、現代も日本だけではなく「キャンドルチャート」とよばれ、世界中の投資家やトレーダーたちに使用されています。

 

陰線、陽線、うわひげ、したひげからなっているこの線は、相場の値動きを適切に捉えるために考案された、超高度なチャート分析手法です。

 

日本の相場分析手法は、本間宗久の89の心得に代表されるように、欧米の相場分析手法とは異なった発展を遂げます。

 

欧米の分析手法は、チャートに対して完全なる説明を求め、完全に理解しようとすることを第一に発達しました。

 

対して日本の相場分析手法は、「相場には人間の心情や感情が映し出されていて、理解できない動きをすることがある」ということを前提にしています。

 

そのため89条の心得においても、テクニカルの部分よりも、むしろ相場に対する心構えに重きをおいて諭しています。

 

fx相場は日本人おはこの職人芸

fxの相場や株式は才能というよりも、職人芸的な部分が重要になることがあります。

 

というのもfxトレードで儲けを出し続けるためには、日々の研鑽とルーティンワークをコツコツと積み重ねる必要があるからです

 

毎日コツコツとルールの検証からはじめ、日々のトレードに関しては同じルールのもとで淡々と同じことを繰り返す。

 

そして毎日トレード日誌を欠かさずにつけ、今日のトレードには感情がはいらなかったか、同じルールのもとでトレードできたのかを研究する。

 

fxトレードは投資というよりもむしろ永遠に続く作業に近く、その行為はある意味伝統工芸の製作過程に似ています

 

職人芸は欧米人よりも日本人の方が得意な部分もあり、コツコツと一念に作業することは、日本人の十八番であるでしょう。

 

コツコツと作業できる素質があるという職人的な感覚が、fxトレードには不可欠であり、日本人ほどその感覚を持っていると考えています。

 

コツコツと永遠に作業し続けるのが得意な、職人的な素質をもっているということが、fxトレードが日本人に向いていると考える理由のひとつです。

 

fxトレードが、コツコツとこなす日々の作業である。という理由は、こちらの記事で解説しています。

 

以心伝心=察しの心=相手の心を理解する能力

日本人が持つコミュニケーションの特徴に関しても、fxトレードに向いている理由のひとつになります。日本は島国であり、古来から異民族同士の交流が少ない国でした。

 

そのため、「皆までいうな」という全て言わなくとも理解しあえる環境で、日本文化は育ちました。

 

その文化の中で生まれたのが、以心伝心という日本人固有の、相手の感情や言いたいことを言わなくても察する能力です。

 

この相手の気持ちを察する能力こそが、実はfx相場のテクニカル分析に役に立ちます。

 

相場は投資家の感情の総体」という言葉からわかるように、チャートの動きは投資家の心理そのものです。

 

様々なチャート分析手法がありますが、そのチャート分析手法にあらわれる形のほとんどが、投資家の心理をあらわしていると言われています。

 

相手の心情を読むことに長けている日本人だからこそ、チャートの向こうにある投資家の心理を理解し、読み込むことができたのではないかと考えられます。

 

チャートの向こうにいる相場師たちの心情を分析し、コツコツ職人芸を発揮して記録をつけて、さらに投資家の心理や値動きをろうそく足で表す技術まで開発した。

 

この能力をもつ日本人だからこそ、唯一個人トレーダーの総体が為替相場をうごかすほどの影響力をもち、「ミセス・ワタナベ」とまで称されるようになったのだと考えています。

 

日本人の性格こそ相場師に向いていて、fxトレードをやらせれば安定して稼ぎだす能力を持っていると考えます。

 

・チャートの動きは、投資家の恐怖と欲望の総体ということをご存知でしょうか?チャートの値動きは、投資家の心理状態の現れなのです。「fxチャートの読み方」という記事では、チャートの動きが投資家の心理状態であることを解説しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ