UKHトークン・SHINOBI Wallet(シノビウォレット)は詐欺なのか|おすすめできるか検証 

UKHトークンは、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)という世界初の機能を兼ね備えた、日本で開発されたウォレットの収益配当を得られるトークンです。

シノビウォレットはウォレット内で資産管理だけでなく、スワップや運用をワンタップ完結することができる優秀な仕組みとなり、世界的に広がっていく可能性が十分にある新しいウォレットになります

そもそもウォレットの収益を得られるトークン自体が世界初なので、UKHトークンはかなり注目を集めることは間違いありません。

しかしどうしても新規仮想通貨にまつわる案件だと

本当は詐欺じゃないの?

とまず疑問をいただく方も多いです。

そこで今回の記事では、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)・UKHトークンについて徹底的に解説し、詐欺であるかどうかについて考察していきます。

具体的には、

・UKHトークン、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)は詐欺の可能性が少ないので全力購入推奨

・UKHトークン、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)の特徴・価格上昇の根拠

・UKHトークン、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)運営者情報

・UKHトークンのロードマップ

・UKHトークンの購入方法

の順にて、SHINOBI Wallet(シノビウォレット)・UKHトークンの特徴や仕組みから解説していきます。

購入をまだ考えていない方から、悩んでいる方まで、是非この記事を最後まで読んで検討の材料にしてください!

UKHトークン完全解説サイトはこちら

トークンLINE登録

UKHトークン・SHINOBI Wallet(シノビウォレット)は詐欺の可能性が少ないので全力購入推奨

結論UKHトークンは全力購入を推奨します

全力購入を推奨している理由は、今までの仮想通貨ウォレットプロジェクトの中で一番おすすめできる案件としての材料が揃っているからです。

具体的な理由について下記の3つから解説します。

・運営会社のサイトと顔と名前がきちんと存在する

・開発の一部に関わっている会社がすでにユニスワップ上場を果たしている

・すでにウォレットがインストールできるなど進行中のプロジェクトである

 

運営会社のサイトと顔と名前がきちんと存在する

シノビウォレットは日本人・韓国人・中国人・ベトナム人のメンバーで構成された「FGRAPH OU」によって運営されています。

☝️シノビウォレットの公式ホームページには、メンバーの顔写真や名前が載っていますが、これはかなり信用できるポイントです

というのも、過去に出てきたトークンで運営会社情報やメンバーの名前が公開されたことはほぼありませんでした。

運営会社情報などが分からない過去のトークンでもそれなりに売れていましたので、情報を公開しているシノビウォレットは稀なケースだと言えます。

運営会社情報を公開することで信用できるプロジェクトの証明になりますので、過去のどのトークン以上にも信頼ができ、将来的な期待が持てる通貨であると判断できます。

 開発の一部に関わっている会社がすでにユニスワップ上場を果たしている

シノビウォレットの開発には「姫神プロトコル」が関わっています。

「姫神プロトコル」は既にユニスワップに上場を果たしており、「姫神プロトコル」が提供している「KGRトークン」は価格を9倍にしたことで注目されている通貨のひとつです。

☝️一部とはいえ、実際に信用のある会社が関わっているのはシノビウォレット自体の安心材料に繋がります。

姫神プロトコルの詳細はホームページをご覧ください。

すでにウォレットがインストールできるなど進行中のプロジェクトである

シノビウォレットはApple StoreとGoogle Play Storeでインストールができ、既にウォレット機能が使用できます

新しい仮想通貨プロジェクトに不安を抱く理由の1つとして、実際にプロジェクトが進行するのかが分からないといった意見がありがちです。

しかし、シノビウォレットであれば進行中のプロジェクトであるため、安全に購入ができます。

9日にはスワップ機能も実装され、今月中に多数の会社とも提携を発表するので合わせてチェックしましょう。

シノビウォレットをダウンロードしたい人は、下記を参考にしてください。

Apple Store ダウンロード
Google Play Store ダウンロード

UKHトークン・SHINOBI Wallet(シノビウォレット)の特徴・価格上昇の根拠

UKHトークンは将来的な価格上昇が見込める根拠を6つの特徴から紹介します。

・ウォレットが多機能で便利すぎる

・海外のDeFi運用の敷居が低くなる

・ウォレットの手数料の70%がUKHトークンホルダーへ配られる

・法人向け運用サービスで大口参入も期待できる

・数多くのプラットフォームも実装される予定がある

・UKHトークン自体に価格上昇の仕組みがある

早期に購入できれば、資産を何倍や何十倍にも増やすことが可能となるため、早めの購入をおすすめします。

 ウォレットが多機能で便利すぎる

シノビウォレットは、ウォレット内で資産管理を完結することができる優秀な仕組みになります。

従来であれば、仮想通貨取引所で指定通貨を購入し、ウォレットに送金してから新しい仮想通貨を購入するのが一連の流れでした。

しかし、シノビウォレットであれば多数の取引所やDEX、ウォレットを行き来する必要がなく、スワップや運用、購入までを行うことができます。

☝️他の世界的に普及するウォレットに比べても使い勝手がはるかに良く、画期的なウォレットになります。

海外のDeFi運用の敷居が低くなる

シノビウォレットは日本開発のウォレットのため、日本語対応となります。

また、AIが判断して最も安い手数料やレートの取引所を探したり、海外のファーミングプールでも勝手に選んでくれるため、英語で情報を読む必要もなくなります。

いままではDeFi運用をするにしても、海外のウォレットでややこしい操作も多くありました。

しかし、今後は誰にでも気軽に取引を行うことができるため、世界的に需要の集まるウォレットになる可能性も十分に考えられます。

ウォレットの手数料の70%がUKHトークンホルダーへ配られる

シノビウォレットは世界で初となる、ウォレットの収入手数料70%のうち50%がETH、20%がKGRでUKHトークン保有者に配布される仕組みを採用しております。

◎UKHトークンとはシノビウォレットの普及により紐づけられたトークンのことです。

一見、UKHトークン自体の価値は無いように感じられますが、UKHトークンを保有しているだけで配当を受け取ることができる点から、トークン自体の価値の上昇が考えられます。

たとえばトラストウォレットトークンは、トークンとして一切価値がないにもかかわらず価格は上昇を続けています。

このようにシノビウォレットにおいても、ウォレットトークン自体に価値がつけば、さらなる需要が生まれることは間違いないものとなります

法人向け運用サービスで大口参入も期待できる

シノビウォレットは大口や機関投資家にとって運用しやすいサービスの提供をします。

大口や機関投資家へのサービスにより、他の通貨以上市場へ大きい資金が流れ、価格の伸び代が大きくなります

数千億円規模のイスラエルファンドとの提携も決定しているなど、既に提携しているのも期待値を感じられます。

数多くのプラットフォームも実装される予定がある

シノビウォレットは以下の3つのプラットフォームが実装予定です。

・NFT 資金調達
・ガチャゲーム
・予測市場プラットフォーム

ウォレットとしても十分優秀ではありますが、ウォレット外の価値付けでも売り込んでいく施策が取られています。

さまざまなプラットフォームからウォレット使用者を集める施策となるため、広告宣伝は勝手に世界がしてくれるようになっていくことが考えられます。

UKHトークン自体に価格上昇の仕組みがある

UKHトークンは下記の2つのトークンに分かれており、UKHトークン自体に価格上昇の仕組みがあります。
・sUKHトークン
・bUKHトークン
それぞれの特徴から、価格上昇の仕組みについて解説します。

 sUKHトークンとは

sUKHトークンはプレセールでしか購入できず、上場後に売買することができないトークンです。

bUKHと同じ枚数にスワップをすることは可能となります。

sUKHトークンを保有していれば、シノビウォレットの収入手数料70%を50%をETH、20%をKGRとして受け取ることができますので、プレセールでの購入を狙いたいトークンです。

bUKHトークンとは

bUKHトークンはプレセール、上場に関係なく売買することができるトークンです。

sUKHにスワップする場合枚数が半分になります。

sUKHトークンと同じく保有しているだけで配当を受け取ることができますが、bUKHトークンはKGRのみの受け取りとなります。

 価値上昇シミュレーション

前提として、総発行枚数は2つのUKHトークン合わせた量で定められています。

つまり、bUKHからsUKHにスワップすると枚数が減るということはバーンされていくことと同じであり、流通枚数が減り続けるためにsUKHの価値が上がり続ける仕組みとなります。

上場後はsUKHは市場で買えないため、bUKHからスワップしてsUKHで配当をもらうのが基本となります。

UKHトークン・SHINOBI Wallet(シノビウォレット)運営者情報

運営会社:FGRAPH OU

事業内容:ブロックチェーンシステム開発、ビジネスシステム開発、マーケティングコンサルタント

住所;Narva mnt 5 Tallinn、10117、エストニア

URL:https://fgraph.io/

 

開発協力会社

会社名:合同会社safed

事業内容:ITソリューション、スタートアップ支援、M&A支援

住所:東京都中央区銀座1丁目22-11

URL:https://www.hakuyukihiro.com/

UKHトークンのロードマップ

UKHトークンのロードマップを紹介します。

 

sUKHの販売

プレセール:7月28日18時〜7月27日

販売単価:7円

bUKHの販売

販売単価:10円

上場予定日:9月15日

 

7月1日

ウォレットのリリース

 

7月9日

スワップ機能の実装、開発メンバーの記事が掲載

 

7月12日

simplexとの提携発表予定

提携後、クレジットカードでのBTC購入が可能

 

7月16日まで

DeFiプロジェクトとの提携を2〜3個発表予定

 

7月30日まで

姫神コレクションのローンチ、NFTプラットフォームの発表予定

 

8月

八紘一宇の会の詳細発表予定、NFTプラットフォームの一般公開、AIのシステム導入予定、UKHの上場予定

 

9月

新規トークンの詳細発表、販売予定、アプリ広告を初めとしたユーザーの参加機能が開始

 

9月15日 :bUKHがユニスワップとヤマトスワップへ上場

 

10月

未来予測市場をオープン予定

 

11月

バイナンス上場予定

 

12月

国内取引所上場予定

参照:シノビウォレット完全解説サイト

UKHトークンの購入方法

プレセール時は一般的なグーグルフォームによる直接送金販売になります。

グーグルフォームはプレセール販売日に公開されるため、購入ページをご確認ください。

※購入時の注意点

購入時の通貨はBTC、ETH、USDTになります。

販売上限枚数はsUKHとbUKHの合計5億枚です。(売れ残りはバーンされます)

まとめ

 

結論として、UKHトークンは間違いなく購入すべき通貨になります。

今までの通貨と比べて圧倒的な信用と将来性があり、プレセール販売単価の数十倍や数百倍になる可能性を十分に秘めている通貨です。

既にウォレットのインストールもスタートし、7月下旬にはプレセールが予定されていますので、最新情報についてはチェックしましょう。

トークンLINE登録

「これを知らなきゃ勝てないよね」FXで稼ぐために大切なことをお伝えします!

Line@では、あなたが金融で成功するために必要な情報をお伝えします。
 
fxで成功するために押さえておきたいことをおつたえします。
 
友だち追加
※友達追加して質問くださいね!  
どしどしお問い合わせをお待ちしています。
 
 

【殿堂入り】バイナリーオプション:「忍-Shinobi-システム」

「忍-Shinobi-システム」のヘッダー 当サイトが自信をもってお勧めする、勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステムです。バイナリートレードのシステムです。エントリーポイントの精度も抜群のバイナリーオプションのシステムです。 3万円から初めても、1ヶ月で20万円以上勝利できます。初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。       

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

当サイトのオススメのfx商材をラインキング形式で紹介しています。 大人気fx情報商材ランキング    
サブコンテンツ

このページの先頭へ