投資をして最も効率的に少額資金を増やす方法は?

 

少額で投資

「まとまったお金がないと、投資はできない」

そんな考えから、今まで投資には目もくれてこなかった人が多いいです。

 

ただ最近は投資信託積立やミニ株、株式累積投資など、少額からでも始められる様々な金融商品があります。預貯金をするのであれば、絶対に投資をしたほうがよい。というのが昨今の時流です。

 

「日本人は銀行に預けることが資産運用だと思っている」「預貯金率がたかく、投資に興味がないので金融リテラシーが低い」という煽り文句はよく聞いたことがあると思います。

ただ、投資をしたいと思っていても、まとまったお金がないと旨味がないと感じている人も多く、投資はやってみたいけど。。という方も多いです。

ただミニ株や投資信託積立のように、少額から気軽に始めることができる金融商品が証券会社や銀行から提供され始めました。

「投資は大きなお金をかけるのは怖いけれど、少額ならば負けても痛手にならないし、大丈夫だろう」という考え方から、最近は投資に興味がある人が増えてきています。

その流れに乗って、「少額から投資をしよう」という人も増えてきました。この記事を読んでいる人も、少額から初めて何かよい投資がないものかと探していると思います。

それでは一体、少額のお金を投資して、もっとも効率的に増やすことができる投資は何でしょうか?

 

投資信託積立や株式累積投資は、少額の割にリスキー

結論からいいますと、投資信託や株式累積投資は、少額からはじめてもそれほど旨味のある投資ではありません。

始める資金が少額なほど、それほどにリターンは少なくなりますし、積立ている資金は長い間使用できません。

たとえば毎月少額の500円積立したとします。10年後に積み立てたお金はどれくらいになるでしょうか?4パーセントのリターンで考えてみます。

答えは、、73,625円です。

積み立てた元本が6万円で、運用利益が13,625円になります。

このお金をどう見るかはその人次第ですが、10年も積立て7万円強のお金しか帰ってこないのであれば、はっきり言ってやる価値がないような気になります。

積立期間は使いたい時に使えないですし、10年間積立て7万円なら、あまり旨味がないような気もします。

貯金するよりはましかな?と感じるかもしれませんが、投資信託積立は損する可能性もあります。上のシュミレーションでは4%の運用利益でしたが、これが例えば−4%なら、4万円代のリターンになります。

10年間500円積立て、4万円のリターン。果たして、投資信託積立を少額で行う旨味はあるでしょうか。

もうすこし積立金額を増やしてみましょう。毎月1万円から積み立てるとします。10年後には120万円積立が積み立てられていて、リターンが4%でいけば150万円弱の積立ができています。

10年積立て150万円弱は、どうでしょうか。これもあまり美味しい投資とは言えません。たしかに10年後とはいえ、150万円のお金を手にすることができるのは嬉しいかもしれません。

ただ10年間毎月1万円を、銀行に貯金しても120万円貯まります。しかも投資信託の場合はマイナスになる可能性もあります。

つまり元金の120万円よりも、少ない額が帰ってくる可能性も大いにありえます。30万円弱増えるかもしれないというだけで、10年間もリスクをとって投資信託に積み立てる必要があるでしょうか。

もし、教育に使うお金や老後に使うお金などの目的なら、最低でも1000万円程度のお金が欲しいです。そのお金を10年で積み立てようとおもうなら、1ヶ月だいたい5万円は積み立てたいところです。

2、30年積み立てるならば、毎月1〜3万円程度でもよいかもしれませんが、その期間になると、投資信託会社が残っているのかわかりませんし、世の中の状況もどうなっているのかわかりません。

これが少額資金で投資信託積立をするメリットが、ほとんどないと主張する理由です。株式累計積立もまた然りです。

では少額資金で投資する時に、どの投資が効率的に資金を増やしていけるのでしょうか?

初期投資額が1万円〜10万円からはじめて、5年後には何百万円にまで増やせる投資がある。」と聞いたら、怪しいと思いますか?

1万から始めても、5年後には何百万円にまで資金を増やせる投資があります。

それはFXトレードです。

なぜfxトレードが少額で始められるのに、爆発的に資金を増やせるのか?を解説していきます。

少額で投資して効率的に資金を増やるなら、FXで資金を増やすべき

少額で投資を始めようと考えているのなら、FXトレードを始めるべきです。

 

「FX?めちゃくちゃリスクが高くて、必要な資金どころか借金が増えるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

 

FXは一般にリスクの高い投資と言われていますが、やり方次第でいくらでもリスクを管理することができます。

 

 

FXを始めるにあたって、どれぐらい資金を用意すれば良いでしょうか。平均的なサラリーマンだと毎月1万円は用意できるでしょうか。

 

いやいや毎月1万円用意しなくても、初期費用として頑張って5万円ほど用意していただければ事足ります。

 

5万円という少額資金からはじめて、どうやってfxで1000万円までふやすのか。それは、複利の力を最大限に利用することで可能になります。

 

複利とは利息に利息がつく金融用語のことですが、利益に利益を上乗せすることで、圧倒的に資金を増やすことのできるスピードを上げることができます。

 

fxトレードは複利の力を存分に発揮してくれる投資である

fxトレードでなぜ複利の力を利用できるのかというと、自分で掛け金を一回一回調整することができるからです。

 

どういうことかというと、稼いだお金の利率に合わせて、トレードの掛け金を増やしたり減らしたりできます。そうすることによって、稼いだお金を再投資することができます。

 

たとえば、毎日4%の利益を積み上げていけるトレードができるとします。その日に4%の利益を出すことができたら、次の日は、4%を上乗せした分のトレードをすることができます。

 

そしてfxの単位のpipは複利計算をする時に、非常に役に立ちます。fxで1日に5〜6pipsの利益を確保できるようにしましょう。pipとは簡単に言うと通過の単位のことです。

 

fxトレードをするなら、スキャルピングがよいです。その理由として、スキャルピングは回転が早く、資金が増える期間も経験を積むことができる期間も、中長期トレードにくらべて圧倒的に短いからです。

 

その理由はこちらの記事で解説していますので、ご覧ください。

 

fxトレードの可能性は非常に優れています。まさにサラリーマン向けの投資と言えます。少ない資金から初めて、爆発的に資金をふやせるのは、FXトレードぐらいではないでしょうか。

 

FXトレードで具体的に短期間で少額資金で稼いでいく方法は、他の記事で紹介していますので、ぜひともご覧ください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ