ニュージーランドの国債

ニュージーランドの国債について。

 

そもそもニュージーランドってどこ?

ニュージーランドとは、オーストラリアの横の小さな島国です。

オーストラリアの影響をかなり受けています。

 

オーストラリア人とニュージーランド人は、

パスポートなしで空港の通関を行き来できるみたいです。

 

オーストラリアには、ニュージーランド人専用のゲートがあるみたいです。

 

ニュージーランドも英語圏であり、

6000人ほどの日本人が留学や仕事で在住しているらしいです。

 

ニュージーランドの都市をあるくと、50パーセント以上がアジア人が占めていて、

白人よりも多いいそうです。

 

では生粋のニュージーランド人はどこにいるのかというと、

田舎で農業や酪農を営んでいるそうです。

 

観光地としても有名で、その壮大な自然に魅了されて、

年間約260万人以上の観光客が訪れています。

 

 

ニュージーランドの国債が高い理由

 

ニュージーランドの国債が高めに設定されている理由は、

経済政策のためです。

 

ニュージーランドは先進国の仲間といえ、まだまだ経済規模が小さい島国です。

しかも経済の大部分をを貿易に頼っています。

 

 

そのため、海外からの資金集めのために国債の金利を高くして、

外貨を集めることを目的としています。

 

集めた外貨で先進投資をし、新たな産業を生み出し発展させることで

経済効果を高めることを目的としています。

 

もちろん、金融政策は外貨などの関係で実に様々な要因で金利を設定しますが、

ニュージーランドにおいては外貨目的のためとう要因がおおきいでしょう。

 

ニュージーランドの経済と貨幣のうごき

 

上にも述べましたがニュージーランドは貿易に経済を依存しています。

とくに、農業の輸出が経済の大部分を占めています。

 

オーストラリアと日本が主な輸出先であり、

貿易額は全体の30%をしめます。

 

特にオーストラリアの影響を受けやすく、

ニュージーランドドルはオーストラリアドルとほとんど同じ動きをします。

 

ある通貨が他の国の通貨と同じような動きをすることを、

通貨の相関性といいます。

 

通貨の相関性については、

相関通貨とはという題で紹介しています。

 

相関通貨ではFXのスワップポイントを獲得するトレードができるので、

安定的に金利を狙いたい方にはおすすめです。

 

ニュージーランド国債

 

ニュージーランドの国債5年は、

2016年の2月末時点でやく2、5パーセント程度です。

 

昔にくらべると、結構下がってきましたが、

他の先進国通貨にくらべるとまだまだ魅力的です。

 

たとえば1億円預けると、

一年に250万円の金利を稼ぐことができます。

 

一年に250万円の年収というと、

だいたい新入社員の年収くらいです。

 

それをお金が勝手に稼いでくれるので、

非常に良い投資だと思います。

 

1億円以上用意できるのであれば、魅力的ですね。

 

1億円今すぐ用意できないという方でも、

FXで少額からうまく資金を回して稼ぐ方法があります。

 

当サイトでは、複利で回して爆発的に資金を増やすためのヒントを詰め込んでみました。

 

まずはFXで勝つための戦略まとめをご覧ください。

FXで勝つためにはどういうマインドでトレードに臨むべきかといことが書いてあります。

 

ほかにも、複利の力を利用する方法なども書いていますので、

是非ともそちらもご参考になさってください。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ