fx自動売買の必勝法!fxの自動売買システムで効率的に稼ぐには?

FXで稼げるようになりたいけど、情報がたくさんありすぎてどこから勉強したら良いのかわからないし、検証するのはちょっと面倒…」そんな方もいますよね。

「子育てで手がいっぱい」「本業が忙しい」といった、FXの勉強や検証に使える時間が少ない方もいるでしょう。

でもFXはとても魅力的な投資方法です。

色々な方にチャレンジしてほしいので、今回の記事では、難しい事を考えなくても気軽にFXができる方法を紹介しますね。

その方法はFX会社が提供する、口座を開設すれば無料で利用できる売買を支援するツール(自動売買システム)を使った方法です。

と言っても、無料で使える売買支援ツールの紹介だけではありませんよ。

大きな損失を出さないようにするコツ、少ない時間を有効に使って効率的に稼げるコツをしっかり説明します。

守るべきポイントとして書いていますので、今後の参考にしてくださいね。

 

効率的に稼ぐために、トレードルールで身を守る

本来、FXで稼げるようになるには、何年もかけて勉強と検証を重ねる必要があります。

そして時間をかけて、自分に適した「手法」と「トレードルール」を築いていきます。

それらをすっ飛ばしてFXで効率的に稼ぐには、守るべきポイントがあって、それを守らないといたずらに損失を出してしまいます。

この場合、守るべきポイント=トレードルールになりますね。

簡単に説明すると…

「手法」は「攻撃」に値します。

「トレードルール」は「防御」に値します。

強い武器を使って「攻撃」を仕掛け、うまく利益を出せたとしても、身を守る防具を装備していなかったために「防御」ができず、ダメージを受けてしまい損失を出してしまう。

…こういうことですね。

FXの世界では、他人の損失が自分の利益になります。これに関しては、詳しく話すと長くなるので割愛させてください。

逆を言えば、攻撃だけ仕掛けても防御ができていなければ、自分の受けたダメージ分(損失分)だけ、他人が利益を上げてしまうのです。

これだけは避けたいものですね。

この後の説明に出てくる守るべきポイントは、トレードルールを作って、自分を守ることによって大きな損失を抑え、利益を残していくために必要な、あなたを守る防具となります。

 

自動売買システムで稼ぐ

ボリンジャーバンドとダウ理論

最も簡単に稼げる方法として、FX会社が提供する自動売買があります。

自動売買とは、システムトレードやシストレとも呼ばれ、あらかじめ用意されている数多くのプログラムを選択して、そのプログラムに稼いでもらうものです。

このプログラムはストラテジと呼ばれます。

このサービスを提供している主なFX会社は、「セントラル短資FX」や「インヴァスト証券」ですね。

「セントラル短資FX」では、「セントラルミラートレーダー」という名前で提供しています。

ここのサービスの特徴は、誰でもかんたんにシストレが始められるのはもちろん、「シストレ広場」と呼ばれるコミュニティサイトの充実が挙げられます。

個人的におススメなのは「シストレコラム」ですね。

コラムというだけあって、すぐに読めてしまうので、空いた時間があれば、少しずつでも読み進めることをおすすめします。

「インヴァスト証券」では、「シストレ24」と呼ばれます。

ここのサービスの特徴は、初心者にもかんたんなのはもちろん、「フルオート」と呼ばれるストラテジを自動で入れ替える機能が挙げられます。

ストラテジを自動で入れ替えてくれるので、本当に楽ですよね。

また、「シストレ24公式攻略サイト」はより利益を上げたい方には必読です。

初心者でもわかりやすく、簡潔に説明されているので、読まれることをおすすめしますよ。

 

自動売買をやってみた!でも注意点は?

自動売買の守るべきポイントとして…

1・ドローダウンに耐えられるだけの十分な資金を用意する。

2・最低でも3つのストラテジを同時に稼働させる(ポートフォリオ)。

3・選んだストラテジはほったらかしにしない。

…が挙げられます。

 

自動売買のドローダウンとは

ドローダウンとは、自動売買を行う過程で発生する損失の事です。

ストラテジには、得意・不得意な相場があって、得意な相場の流れでは利益を出せますが、不得意な相場の流れになると損失を出してしまいます。

これは仕方のない事で、必要経費と割り切るしかありません。

 

ドローダウンを補う、ポートフォリヲ戦略

この欠点を補う方法があって、それはポートフォリオと呼ばれます。

ポートフォリオとは、複数のストラテジを同時に稼働させて、お互いの欠点をカバーする戦略です。

通常は最低でも3つのプログラムを同時に動かします。

選んだストラテジは定期的に見直します。成績の悪いものは外して、成績の良いものを取り入れます。これを怠ると、効率的に稼ぐことは難しいですね。

 

fx証券会社の未来予測チャートを利用する!

次に利用しやすい方法として、FX会社が提供する未来予測チャートを利用するものがあります。

各FX会社が提供している通貨や時間足のチャートに限られますが、現時点でのチャートの形と似ている過去のチャートを検索してくれるサービスです。

過去の値動きから、近い未来のチャートの動きも予測してくれますよ。

FXの知識がなくても、今の価格から上がるのか下がるのかを視覚的に予測できるので、とても便利ですよね。

このサービスを提供している主なFX会社は、「FXプライム byGMO」や「SBI証券」などです。

「FXプライム byGMO」では、「ぱっと見テクニカル」という名前で提供しています。

「SBI証券」では、「FX総合分析チャート」の中の「形状予想」という名前で提供してますね。

 

 

未来予測チャートの守るべきポイント!

未来予測チャートの守るべきポイントとして…

 

1,一致率が低い時は無理にトレードしない。

2,上昇と下降の両方が出た時は無理にトレードしない。

3,含み損に耐えられるよう、ハイレバでトレードしない。

4,損切りは必ず行う。

 

…が挙げられます。

限られた時間内や、少しでも利益を上げたい焦りから、一致率が低い時でも「未来予測で少しチャートが上向いているから買ってみよう」と無理に自分を納得させてエントリーしてしまいがちです。

また、チャートが上昇する予測・下降する予測、2つ同時に出ているのに「下降する方が勢いがあるから売ってみよう」と言ってエントリーしてしまうこともありますね。

これらはとても危険な行為です。

トレードはギャンブルではありません。

投資なのですから、いたずらに資金を減らしては、大きなチャンスが来た時に投資する資金がなくなってしまいます。

 

また、このトレードでは含み損が出ることが多いですね。

強制ロスカットされないよう、初めのうちは低いレバレッジでトレードすることをおすすめします。

何度か繰り返すうちに、自分が用意した資金に合った取引数量がわかってきます。強制ロスカットされると、用意した資金が大きく減ってしまいます。このためにも、損切はとても大切です。

「含み損がこれくらいになったら損切しよう」と決めておくと良いですね。

最後に重ねて書きますが、いたずらに資金を減らすと、本当にチャンスが来た時に投資ができなくなります。

3と4のポイントは重要なので、必ず守るようにしてください。

 

さいごに

FXで手早く効率的に稼ぐには、FX会社が提供するサービスを活用する方法が最も簡単です。

口座を開設すれば基本無料で利用できることが多いです。

今回紹介したFX会社以外にも、多くの会社がサービスを提供しているので、色々と探してみるのも楽しいですね。

ただし、テクニカルを使った売買シグナルタイプを利用するには、ある程度テクニカルの知識を勉強する必要があります。

テクニカルによって得意とする相場や苦手とする相場があるからです。

知識のないままトレードを行うと、損失ばかりになってしまうので、くれぐれも注意してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ