IFDONE(イフダン)、OCO(オーシーオー)注文とは?

fxトレード

IFDONE(イフダン)注文とは?何かを解説していきます。

 

一日中チャートを眺めていられない方はこの注文方法を使うと非常に便利です。

 

ドル円が100円の時に、101円になったらエントリーして、102円で売りたい時がありますよね。そんんな時、どうしますか??

 

このような時にイフダン注文は有効的です。

 

IFDONE(イフダン)注文について

イフダン注文とは英語で、IFDONEと書き、意味はそのままです。もし、〜したらという意味で、あらかじめ注文をセットしておくことができます。

 

たとえば今のドル円の相場が100円だった時、101円になった時にエントリーしたいなとおもったらどうしますか?

 

未来を予想してこうなったらエントリーしたいなという時に、イフダン注文は有効的です。

 

イフダンのように、「将来にこうなったらこう!」な注文方法は、大きく分けて三つあります。

 

その3つとは、

IFDONE注文イフダン注文)、

OCO注文オーシーオー注文)、

IFDONEOCO注文イフダンオーシーオー注文)

です。

 

三つ目のイフダンオーシーオー(if done oco)は、イフダン注文とオーシーオー注文を混ぜた注文方法になります。

 

IFDONE(イフダン)注文について

イフダン注文は未来の新規注文と決済注文を設定することができます。

 

たとえば現在1ドル100円だとして、110円になったときに新規でエントリーして、120円担った時にエグジットしたい時などに使えます。

 

110円でエントリーするので、110円でエントリーした後に90円になっても、強制損切りされない限りポジションを持ち続けることができます。

 

しかし、20円分の損失をだしているので、1ロット1万通貨でトレードした場合、20万円分の損失が出ていることになります。

 

120円になるまで利確はしないので、その分リスクも大きくなります。

 

OCO(オーシーオー)注文

OCO注文とは、One side done then Cancel the Other orderの略で、二つの注文を出し、一つの注文がなされるともう一方の注文がキャンセルされる注文ということです。

 

オーシーオー注文は、ポジションを持っていない時の新規注文でも使えますし、ポジションを持っている時の決済注文でも使えます。

 

ポジションを持っている時のOCO注文

たとえば、ポジションを持っている場合を考えてみます。

 

現在1ドル100円で買いのポジションを持っているとします。買いなので、100円以上になると利益がでて、100円以下になると損失が出ます。

 

110円まであがったら利確したいと考えていて、95円まで下がったら損切りしたいと考えています。このような場合に、オーシーオー注文は有効です。

 

未来のチャートに、110円で利確の注文をいれ、95円で損切りの注文を入れることができます。110円か、95円になった時に、どちらか一方の注文が取り消され、トレードは終了します。

 

これが、ポジションを持っている時のオーシーオー注文です。

 

ポジションを持っていないOCO注文

ポジションを持っていない時のオーシーオー注文を考えてみましょう。

 

ポジションを持っていない時は、新規注文という形になります。たとえば、現在1ドル100円の値動きをしている時に、ポジションをもっていなかったとします。

 

110円のときに買いか売りでで入りたいと考え、95円の時に買いか売りで入りたいと考えていたとします。

(買いでも売りでもどちらでもできます)

 

OCO注文を設定すると、どちらの注文も可能です。しかし、どちらかの注文がなされると、もう一方の注文が取り消されます。

 

それが、ポジションを持っていない時の新規注文をする場合のOCO注文です。

 

IF DONE OCOとは

イフダンオーシーオーとは、その名の通り、IF DONE注文とOCO注文が合体した注文になります。

 

基本的にポジションを持っていない時の注文方法になります。未来の新規注文と決済注文の利確と損切りを設定することができます。

 

イフダン注文を使えば、全くの無感情で機械的にトレードすることができます

 

たとえば、現在の値動きが1ドル100円のとき、110円の値動きになったらエントリーしたいとおもっているとします。

 

そして、120円になったら利確し、105円になったら損切りしたいとします。このような場合に、イフダンオーシーオー注文を入れます。

 

そうすると勝手に110円の値動きになった時にエントリーし、120円か105円になった時にエグジットしてくれます。

 

まとめ

このように、イフダン注文を使いこなせばかなり無感情に近いトレードをすることができます。

 

個人的には、イフダン注文は使いませんが、中長期トレードをしたい方や、感情を入れずにトレードしたい時などは非常に有効です。

 

どの証券会社の注文画面にも装備されている注文方法ですので、ぜひとも活用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ