ドル円の一番お得な両替の方法とは!?fxの証券会社を使おう。

海外旅行に頻繁に行く方もこれから行く方も、

いったいどこで為替両替をしたら、一番お得にできるのか??

ということに頭を悩ませていると思います。

 

一番身近な為替両替所は成田空港や羽田空港にあり、

そして現地の空港にもたくさんあります。

 

さらに現地の銀行やホテルにも両替所があり、

一体どこで両替をしたら一番お得なのか、

しっかり計算していかないとなかなか分からないと思います。

 

場所によってはドル円のレートで4円以上の開きがあり、

両替の額によっては何千円もの為替両替手数料をとられることがあります。

 

通貨ごとによって為替レートはまったく異なりますが、

現地の街中の両替所が一番レートがよいというのが通説だと思います。

 

ただ、現地の両替所には怪しいところも多く、

偽札をつかまされたり、意外にぼったくられたりする場合もあります。

 

では空港やホテルや銀行が安全だからとそちらで両替しようとすると、

手数料として、かなりの為替レートを上乗せされます。

 

ホテルや銀行や空港以上に安全で、

しかも街中の両替所よりも為替レートがお得な方法があるとしたら、

是非とも利用したいところだと思います。

 

今回はfx口座を利用したお得な外貨両替の方法と、

あまり知られていないもう一つの為替両替の裏技を伝授します。

 

為替両替の裏技とは!?海外旅行をお得にfx!

fxトレードをしていると便利なことを知るようになりますし、

国の情勢や経済活動や契機に敏感になります。

 

なかでも、為替について毎日携わるようになるので、

海外に行く時の為替両替の知識等に関する情報にも詳しくなります。

 

その一つに、一番お得に為替の両替をする方法という、

海外旅行に行く時の悩みを解決できちゃう裏技も知ることができました。

 

fxはそもそもレバレッジといって、

テコの原理を効かせた為替の両替のことなので、

毎日トレードをしているとうことは、毎日為替両替をしているのに他なりません。

 

ですので、海外旅行で悩みどころの、

為替手数料を一番お得に済ませる両替の情報をゲットできやすい環境なのです。

 

それではfx証券口座を利用した賢いドル円やユーロ円の方法を、

ご紹介しましょう。

 

fx証券口座を利用した賢いドル円の両替のお得度は?

fxの証券口座を使って外貨両替をすると、

かなりお得ですよと述べてきました。

 

それでは、

fxの証券口座を使って為替両替をすると、

どれほどお得になるのでしょうか??

 

わかりやすくするために最初に、

空港やホテルなどの一般的な両替所の手数料を計算してみましょう。

 

銀行やホテルなどのレートをみると、

ドルを必要な時に日本円で両替しようとする時と、

ドルをもっていて日本円を必要とするときのレートに

開きがあることはご存知でしょうか。

 

たとえば、ドルを円で買うとき、

1ドル Buy 97円

    Sell      103円

と表示されていることがあるのを見たことがあると思います。

 

これは、1ドルを円で両替しようとする時、

「103円必要になりますよ」ということになります。

 

逆に、持っている1ドルを円に変えようとする時に、

「97円渡しますよ」ということになります。

 

この3円の差が為替手数料といって、

両替所の儲けになるのです。

 

このBuyとSellの開きが大きければ大きいほど、

両替所の利益は大きくなります。

 

例として、海外旅行に出かける時に、

10万円をドルに換金しようとするシチュエーションで考えてみます。

 

上のレートのBuy97円、Sell103円の時に、

10万円をドルに両替すると、何ドル手にすることができるでしょうか。

 

100,000円÷103=970.87ドル

になります。

 

1ドルが100円のレートの時に、

3円の開きのある両替所で10万円を両替をすると、

約30ドル手数料でもっていかれます。

 

30ドルはだいたい3,000円ですので、

10万円をこの両替所で両替すると、為替手数料は3,000円になります。

 

逆に1,000ドル(レートが1ドル=100円の時に10万円)を、

上のレートの両替所で両替するといくらの日本円を手に入れることができるでしょうか。

 

答えは、

1,000ドル×97=97,000円の受け取りになります。

 

こちらも、10万円分のドルを両替したのに、

9万と7千円しかうけとれません。

 

レートが3円開いている両替所で10万円両替すると、

片道の両替で3000円

往復の両替でなんと6000円の手数料をとられるのです。

 

ハワイに行く時やアメリカに5泊で行く時などは、

10万円で両替をすることはざらにあります。

 

その時に買いと売りのレートに、

3円以上の開きのある両替所を利用していたら、

なんと往復で6,000円以上の手数料をとられるのです!!

 

レートの悪い両替所で両替するだけで、

なんと6000円も多く払わなければいけなくなるのです。

 

6000円はいくらなんでも高いと思いませんか??

 

6000千円あったら欲しい免税店で香水やタバコを変えちゃいますし、

それなりのホテルなら一泊できてしまいます。

 

私は、両替のような特になければなくてもよいようなコストは好きではないので、

徹底的に減らす方法を調べました。

 

そして行き着いたのが、

fxの証券会社の口座を利用した両替でした。

 

fxの証券口座を利用した両替であれば、

為替手数料としてのレートの開きが、

片道0.4円の開きで済みます。

 

両替所風に表記すると、実勢レートが1ドル100円の場合、

1ドル Buy 99.6円

    Sell 100.4円

 

ということになります。

 

例えば、10万円をドルに両替する時は、

100,000÷100.4円=996.01ドル

になります。

 

為替手数料が1ドル=0。4円の場合、

10万円凌駕した時にかかる手数料は、

約4ドル(1ドル=100円で考えると、約400円)で済みます。

 

ホテルや銀行などのレートの悪い場所では、

両替手数料が片道3000円近くかかっていました。

 

しかしfxの証券口座を利用すれば、

約400円の為替手数料で両替できちゃうのです!!

 

これは両替手数料を抑えたい方や、

毎回毎回両替の時に不満を抱えていたけど、

なんとなくやり過ごしていた方にとってはかなりお得な情報だとおもいます。

 

そもそもfxの証券口座ってなに?

ここでは、「そもそもfxって何?」

「fxの証券口座って何?」という方のために、

軽くfxとその証券口座についてご紹介します。

 

fxとは、為替の変動を利用して、

利益を取っていくひとつの投資手法です。

 

たとえば、1ドル=100円の時に1ドルを買い、

次の日に1ドルが101円の時に1ドルを円に戻したら101円獲得できます。

 

このとき、1円の利益がでているのがお分かりだと思いますし、

fxトレードの場合はレバレッジといって、金額を大きくかけられるようになります。

 

fxでトレードする時は、1万通貨単位でのトレードが基本になり、

ドルの場合、1万ドル、日本円にして100万円のトレードをします。

 

ですので、100円が101円になるとき、

上の例では1万通貨単位でトレードするとき1万円の利益がでていることになります。

 

このように為替相場を利用して稼いで行くのがfxトレードになります。

 

このように為替相場を使って稼いで行く投資をfxトレードといい、

fxトレードを行うためには、fxの取引口座をfxの証券会社で開く必要があります。

 

そちらのfxの取引口座が、

今回ご紹介している、為替手数料をお得にするために必要な口座になります。

 

fxの証券口座??

なんだか怖くて、しかも面倒くさそう!!

と感じてしまった方がいらっしゃるかと思います。

 

しかし、fxの口座を開くだけなら10分程度で開くことができますし、

なにより口座維持費も口座管理手数料もかかりません。

 

fxトレードをしている方であれば、

だいたい3、4口座は開いているとおもいますし、

私も10社ほどの口座をもっています。

 

開いたらトレードしなければならないかというと、

そんなこともなく、ずっと放置しておくことも可能なのです。

 

fx口座を利用した為替両替のデメリット

fx口座を利用した為替両替には、

メリットがたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

 

その一つに、

受け取りの不便さがあります。

 

たとえば私のおすすめする、

マネーパートナーズというfxの証券会社のfx口座で両替する時、

受け取り窓口は空港の専用カウンターのみになります。

 

外貨預金専門の預金口座をお持ちであれば、

そこに外貨として入金できるサービスはCITIバンクの時はできました。

 

ただ、現在は三井住友銀行にCITIバンクの個人向け事業は買収され、

それ以後試していないのではっきりと申し上げることができない状態です。

 

空港で両替したドルを受け取るためには、

4営業日前には両替を済ませておかなければなりません。

 

ですので、もし証券口座をお持ちでないのであれば、

旅行に行く二週間前には口座を開設してはじめて、

ギリギリ間に合うといった感じです。

 

ですので、時間の余裕のない方や、

成田や羽田や関空といった大きな空港以外の、

専用カウンターがない空港を利用する場合には、

この両替の仕方は使えません。

 

また、グアムやサイパンのような、

2泊4日といったにっての方で、2、3万円の両替をする場合にも、

受取手数料として500円程度かかるので、

あまりお得感はありません。

 

取り扱いの通貨も限りがあるのが現状です。

 

成田や羽田といった大きな空港を使う方で、

二週間前から余裕をもって準備できる方のみに限って言えば、

今現在、最適な両替方法になります。

 

コンビニのように、近くて便利なものは、

スーパーよりも少し値段が高くなるように、

両替の為替手数料も同じダイナミクスで料金相場が決まっています。

 

空港の両替は確かに即時性があり、安全で便利ですが、

その分手数料も非常に高くなります。

 

まとめ

そうはいっても、

やはり為替手数料に6,000円も持っていかれるのは、

納得がいきませんしかなり高いです。

 

fxの口座は10分ほどで開設できますし、

開設の通知が郵便で届くのに1日から3日程度かかりますが、

郵便物を受け取り次第両替できます。

 

いまではネットバンキングなども発達していて、

ATMや銀行にいかなくても送金できます。

 

自宅でfx口座の指定する金融機関に送金し、

それから両替を実行します。

 

時間にして全行程を1時間もかからないでできると思います。

 

旅行に行く時に為替の両替手数料が高いと感じている方には、

とても良い方法だと思います。

 

マネーパートナーズというfxの証券会社で両替をすることができますので、

是非とも利用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ