FXの勉強法を伝授!!王道で正道なfx勉強法とは??

FXを始めたけど何から勉強をすればいいのかわからないという方は多いいかと思いますが、

私のおすすめの勉強のしかたは、

 

ダイアモンド・ZAIのなどの『FX 超入門』や『FXトレード 演習帳』などで、基礎を徹底的に学ぶ

デモ口座を開設して、トレードしてみる。

(この時は、システムの操作になれたり、チャートをいじる程度でいいと思います。)

FXのおすすめの情報商材で学ぶ。

情報商材の手法で、デモ口座でトレードしてみる。

最低100回はトレードして、勝率と利益率を確かめたい。

検証してOKだったら本格的に実践を積む。

また、入門書や教材を読み返してみる

実践を積み重ねる

利益がでて楽しくなる

 

という勉強方法と道のりがよいです。

 

 

FXの勉強方法 入門書を読み漁る

まずfxの勉強法の大事な部分として、fx超入門書は何回も読みましょう。

fxとは何かという概観を理解し、理論を学びましょう。

 

注意して欲しいことは、

初めに一回読んだだけでわかった気になってしますことです。

 

しかし、本の文字だけ読んで、

完璧にfxを理解することはできないです。

 

大学の受験勉強や資格の勉強でも、手を使って口を使って体全体を使って、

何回も何回もインプットとアプトブットを繰り返してやっと理解できるといわれていますし、

私の経験からもそうだと思います。

 

fxでも同じで、実際に理論を文字で学んだだけでは、

理解できていることは20%程度にも満たないでしょう。

 

fx初心者のときに管理人が陥った失敗の一つに、

一度本を読んだだけで理解できたつもりになってしまっていたということでした。

 

いざトレードしてみると勝てないどころか、

まったくfxの理論を理解していないことが後から分かりました。

 

fxのテクニカルな理論は何度も何度も読み返してアプトプットして理解しましょう。

 

あとから読み返すたびに新しい発見があります。

 

トレードを経験した後読み返してみると、

まるでそのページを始めて読んだような感覚になるのですが、

以前読んだときにしっかりと赤線を引いてあったりします。笑

 

トレードの経験を積んでから読み返してみましょう。

 

経験を積む前には全くわからなかったことや、

達人のインタビューで達人が言っていることが

「そういうことだったのか!」と会得するようになります。

 

FXは経験をしないとわからない部分もあるので、

経験⇨勉強⇨経験⇨勉強

の繰り返しをします。

 

経験を積んだあとの勉強の方が、より深く相場についての説明や、

テクニカル分析についてより深く理解できますので、自分の成長を実感できます。

 

そうなるとFXの勉強もたのしくなりますので、楽しみにしていてください。

 

fxの勉強の仕方 デモ口座でトレードしてみる

実際にfxの勉強の方法として、

システムを触ってみて実際と同じようにトレードしてみることも勉強の一つです。

 

デモ口座でトレードする意味は二つあります。

一つは、全くFX証券会社のシステムを触ったことがない人が売買システムになれるため

一つは、ルールを検証するため

の2つの意味があります。

 

証券会社の売買システムになれる

売買システムになれることは本当に基礎的なことです。

まれにデモトレードをしないでいきなり本番から始める方がいますが、

かなりもったいないと思います。

 

なぜなら決済の仕方がわからない状態でトレードをすると、

単純に決済できずに損失が膨らんだり利確できなかったりしますし、

売り買いを逆に入ったり、トレード通貨を間違えたりするからです。

 

それだけでかなりの損失がでる可能性があります。

 

デモトレードで慣れておくだけでシステム上のミスを避けることができますし、

リスク管理という点でもいきなり本番はFXトレーダーとしてやってはいけない行為だと思います。

 

ルールを検証する

デモ口座でルールを検証しなければいけないのですが、

それについてはFXで勝つにはデモトレードでしょという記事でご紹介していますのでご参照ください。

 

情報商材で飛躍的に利益を伸ばす

FXで行き詰まっている方は大体理由が一緒です。

それは、自分のルールがしっかりと確立できてないということが挙げられると思います。

 

私もそうでしたが、初心者のうちは兎に角ルールを軽視してしまいがちです。

 

FXに慣れていないとその場その場でルールを変え、

自分の都合の良いようにチャートを捉えます。

 

繰り返しになりますが、ルールなくして資金を増やすことはできません。

まぐれで2、3回買って一時的に資金を増やすことはできても、

それを5年10年と長期間続けることは不可能です。

 

FXは9勝1敗でも損失がでます。

損10利9の損大利小のトレードをしていれば損失が1残るからです。

 

損失が1なら取り返しが聞きますが、

損100、利9の超損失トレードを一回しただけで市場から撤退ということにもなりかねません。

 

相場観を鍛えることで勝率を上げることができますが、

FXのルールの確立が資金を増やすための絶対条件になります。

 

兎に角FXで資金を増やして稼ごうとおもったら、

ルールを確立していただきたいと思います。

 

ルールの確立の仕方

一口にルールを確立していただきたいと言っても、

初心者のうちは無理に近いと思います。

 

そもそもFXを知らないうちはどんなルールを作ったら良いのかわからないし、

検証に検証を重ねた結果、苦労して作ったルールが全く勝てないものであった場合、

また一から作り直しになります。

 

そこでこれからFXをはじめた、

FXを始めたけどどうしたら勝てるかわからないという方は、

情報商材を手にいれることをお勧めします。

 

素晴らしい商材には、勝つための手法が満載ですし、

検証されたルールも提供してもらえます。

 

また、付属しているシグナルツールなどを使えば

どこで入れば良いかというポイントが表示されます。

 

情報商材のルール(説明書)がいまいち飲み込めない方でも、

シグナル通りにトレードを重ねていくと体が勝手にトレードの感覚を覚えて行きます。

 

情報商材が提供するツールと手法でトレードを積み重ねることによって、

非常に効率よくトレードレベルをステップアップすることができます。

 

情報商材のよいところは、

すでに検証されているので、ルールを自分で新たにつくらなくてもよい。

シグナルツール等を補助輪代わりに使える。

商材のルール通りにトレードすることで、経験と相場観が養える。

トレードは実践を繰り返してまなぶものなので、さらなるステップアップへのきっかけができる。

といったメリットがあります。

 

私はスキャルピングFXプロという商材をおすすめしています。

この商材に出会ってFXの腕が飛躍的に上がりました。

 

この商材のルールを勉強し実践することによって

FXで勝てないといった行き詰まりを打破できるとおもいます。

 

勉強⇨実践を繰り返して、是非とも稼ぐ喜びを味わってください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ