ヒューリスティックスによってトレード判断を間違えないための方法とは

ヒューリスティクスとは、心理学の用語であり

もともとはギリシャ語で「発見」を意味します。

 

意味としては、人が何かを発見して、

物事を判断する時に用いられる判断方法のひとつです。

 

ヒューリスティクスを用いた物事の判断の方法では、

一つの事象に対して、総合的な情報から判断するのではなく、

表面的なものや、過去に起こった事柄からその事象を判断する時に、

人間がもちいる判断方法の一つになります。

 

たとえば簡単な例でご紹介すると、

品薄で売り切れの状態が続いている商品があるとします。

 

ネットオークションなどをみても高値で取引されているとして、

売り切れがつづいていたり、オークションで高額という事柄から判断することは、

その商品が「超人気商品である」という判断をしてしまいがちです。

 

品薄でオークションで高値という情報をもとに、

ある商品を「超人気商品」と結論づけていることになります。

 

ヒューリスティクスによる判断は、

時間的な制約と制約された判断材料のなかから、

正しいであろう判断をするためにもちいられています。

 

しかしながら、

その判断は常にバイアスや先入観による判断が混じることになるので、

常に正確な判断を導きだせるとは限らないということがポイントになります。

 

先の例の、品薄の商品がある場合も、

商品が品薄=人気商品であるという判断をくだすことは、

ある意味正確な情報を導き出せているように思えます。

 

しかしながら、経済的な戦略から企業が、

意図的に品薄状態を作り出しているということもあり得ることであり、

必ずしも人気商品であるから品薄というわけではないのです。

 

このように常に人は結論を得るまでの判断材料の制約の中で物事を判断するので、

ヒューリスティックスを用いいた判断をする場面は非常に多くなります。

 

ヒューリスティクスを用いた判断は、

常に正しい結論を導きだせるわけではないのですが、

判断から結論までの時間を大幅に短縮することができます。

 

ヒューリスティクスとは対照的に、

物事を総合的な判断材料と計算方法から結論を下す方法を

アルゴリズムによる問題解決の手続きといいます。

 

fxトレードにおけるヒューリスティクス

fxトレーダーもトレード判断を下す時に、

ヒューリスティクスによってトレード判断を下す場合が多々あります。

 

fxのトレード判断は手法によっては、

ほんの一瞬のトレード判断で決めなければいけない場合も多々有ります。

 

ほとんどのトレード判断は総合的に計算された、

アルゴリズムによる判断を下すことは不可能で、

どうしてもヒューリスティックな判断になります。

 

そこで、ヒューリスティックな判断を下すうえで、

どのようなバイアスや個人的な見解が相場感をねじ曲げるのかを知っておくことで、

正確なトレードに一歩近づくことができます。

 

トレーダーがエントリーする時や利確する時に、

どのようなヒューリスティクスによる心理的バイアスがかかりやすいのかをみていきましょう。

 

利用可能性ヒューリスティクス

利用可能性ヒューリスティクスとは、

脳にもっともアクセスしやすい強烈な情報を優先的に頼って物事を判断し、

結論を出してしまうことをいいます。

 

脳内にある情報に一番容易に、

検索や想起することができ、かつ効果のある情報こそ、

もっとも価値のある情報と脳が認識します。

 

記録に残っているものから、確率や頻度を高くみつもっており、

脳内記録から容易にひきだせる記憶こそが事実と感じてしまうことを

利用可能ヒューリスティックスと言います。

 

たとえば、あるメディアや事件などのあとに、

強烈な値動きがあった場合などには、

脳内に「そのある事件=激しい値動き」として情報がインプットされます。

 

たとえば、アメリカの失業率の悪化があり、ドルの価値が大幅に変化したとします。

その変化によって大きな痛手をくらったり、大きなニュースになった場合、

そのきろくが脳内に強烈にのこります。

 

そして次の機械にある国で、

失業率の大幅な悪化という経済指標が発表されたときの判断材料として、

「失業率の悪化=その国の通貨の下落」

という結論を導きだしてしまうことがあります。

 

実際には、その国の失業率の悪化には、

その国の経済力、潜在経済力、国内情勢、

国外情勢、国内のある一定の事件を鑑みる必要があり、

通貨に与える影響はむしろプラスである場合である場合もあります。

 

しかし利用可能性ヒューリスティックスの判断から、

その国の失業率の悪化=通貨の下落

という単純な結論を導きだしてしまう傾向があります。

 

このように、強烈な印象をもつニュースや出来事に遭遇すると、

次のトレード判断にバイアスや先入観をもって、

値動きに対する結論を出してしまう可能性があるのです。

 

代表制ヒューリスティックス

代表制ヒューリスティックスは、

類似している事象の確率を課題評価して、

次の確率を類似している事象をもとに推測してしまう偏見のことを言います。

 

たとえば、AとBのサイコロを振って、

Aのサイコロが2、2、2、2、2、2と連続ででたとします。

Bのサイコロが1、2、3、4、3、2と連続ででたとします。

 

次に2がでる確率はAのサイコロとBのサイコロどちらの方が高いかと問われる時、

大方Aの方が2が来る確率が高いと答えます。

 

どちらのサイコロも2が来る確率は6分の1であることは変わらないのに対し、

前に出た出目に次の確率の予想が影響されてしまうという影響のことを

代表的ヒューリスティックスといいます。

 

これはfxトレードにもよくある例で、

たとえば4回連続で1ドル110円のラインで円安におしもどされたとします。

 

実際は100円のラインを抜けるか抜けないかということは、

テクニカル指標や経済指標に多く影響されます。

 

しかし4回連続で110円のラインで反発がおこったということは、

これから先も110円で反発が起こるという結論を下しやすくします。

 

この過去の値動きのみから判断して将来の値動きを判断するバイアスがおこるときに、

代表的ヒューリスティクスが起こるのです。

 

ヒューリスティクスによるバイアスを消す

では、本題のヒューリスティクスによってバイアスを受けないようにするには、

どのような心構えでトレードをしたらよいのかということになります。

 

一見、ヒューリスティクスのバイアスは根強く、

どんな状況でも偏見がはいったトレードをしてしまいがちになりそうです。

 

しかし、正確に検証されたトレードルールを徹底的に守ってトレードしていれば、

ヒューリスティクスによるバイアスのかかった判断を避けることができます。

 

ポイントは正確に検証されたトレードルールを徹底的に守ることであり、

徹底していなルールをつくることは、バイアスがかった判断により、

損失をまねくトレードをする可能性が多いにでてきます。

 

まずはトレードルールを徹底的に検証すること。

 

これがfxトレードをするうえで超重要な要素であると当サイトでは解説してきました。

 

そして徹底して検証したトレードルールをもってすれば、

自信をもってトレードできるので、余念を挟む余地がなくなるのです。

 

人間は投資判断にバイアスがかかりやすい脳の構造を持っており、

直感でトレードする時の投資判断には、必ず何らかのバイアスがかかっています。

 

そのバイアスをさけ、正確な理論でトレードする方法は、

徹底的に検証されたトレードルールを、

徹底的に守ってトレードすること以外ありません。

 

当サイトでは、徹底的なトレードルールの作り方から、

自信をもってトレードする方法までをご紹介しているので、

そちらも合わせて読まれることをお勧めします。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ