FXのルールとは?fxのルールで決めるべき3つの項目とは?

ルール

fxのルールってなんですか?とたまに聞かれることがあるのでお答えしたと思います。

 

fxのルールとは?

fxのルールとは、その名の通りトレードするときのルールです。

 

トレードするときの自分の中の決まりのことで、破ったからといって特に罰則はないですが、ルールなしでfxトレードで稼ぎ続けることは難しいでしょう。

 

稼ぎ続けるトレーダーになるために、fxトレードのルールをつくりルールを守ることは重要です。それではfxトレードをするときはどんなルールが必要なのかを解説していきましょう。

 

きめるべきfxのルールその1:トレード時間

 

決めるべきfxのルールの一つに、トレードする時間帯があります。

 

「何時から何時までトレードしたら、他の時間は絶対にトレードしない。」というくらい厳格に時間のルールを決めるべきです。

 

たとえば、日本時間の午前中と午後、夜中ではチャートの値動きが全く違ってきます。

 

午前中は主に主にアジア市場しか開いておらず、取引量が多いいアメリカやヨーロッパの投資家がはいってきていません。

 

日本時間の午前中は、ファンダメンタルズ要因で動くよりも、むしろテクニカル要因で動きやすくなります。

 

しかもボラティリティー(値動きの幅)がゆったりしているため、突発的な値動きが起こりにくいという特徴があります。

 

それに対して、欧米の投資家が入ってくる夕方から深夜の時間帯は、アメリカやヨーロッパの重要な経済指標や要人の発言があるため、一瞬にして爆発的に値動きが起こることがあります。

 

また、大口投資家によるテクニカル上のタマしが入ったりすることもあり、テクニカル分析通りに値動きが動かないときが多いいのです。

 

ですので、何時から何時までトレードするときめて、その時間帯の値動きの癖を掴むためにその時間帯だけしかトレードしないというルールは非常に有効になります。

 

きめるべきルールその2:ファンダメンタルズかテクニカルか

時間帯をきめたら、ファンダメンタルズ分析でトレードするのか、それともテクニカル分析中心ででトレードするのかをきめます。

 

「ファンダメンタルズ」とは国と国の経済のバランスによって為替の動きを予想する為替分析方法になります。

 

対して「テクニカル分析」は、チャートの形から為替の値動きを予想する相場分析手法になります。

 

経済通の方であれば、国の景気から為替がどちらに動いていくか予想できると思います。

 

経済通でなくてもチャートの形から値動きを予想するテクニカル分析ができますし、テクニカル分析は慣れれば誰でもできるようになります。

 

為替の値動きは60%がテクニカル要因で動いていますし正しい訓練と経験を積めば誰でも勝率を上げることができるようになります。

 

テクニカル分析を中心に、fxトレードに取り組むことを、当サイトではオススメしています。

 

きめるべきルールその3:トレードスタイル

トレードする時間帯を決めることがfxのトレードルールの一つですが、トレードスタイルを決めることも、きめるべきfxのトレードルールの一つとなります。

 

トレードスタイルを決めるには、どのくらいの期間でエントリーから決済までをするのかを決める必要があります。

 

fxのトレードスタイルにはエントリーしてから決済するまで1週間から1カ月以上ポジションを持ち続ける中長期のトレードスタイルがあります。

 

(資金量によっても、とるべきトレードスタイルは異なってきます。資金量の違いから取るべきトレードスタイルを解説している記事はこちら。)

 

期間が短くなると、10秒から10分位でエントリーから決済までをするスキャルピングというトレードスタイルがあり、1時間から1日でエントリーから決済までをするデイトレードというトレードスタイルがあります。

 

トレードする期間(ポジションの長さ)によってチェックすべきチャートが異なってきます。

 

たとえば中長期トレーダーであれば4時間足から1日足などをチェックしますし、スキャルピングトレーダーなら1分足や5分足を主に使うでしょう。

 

まずはどれくらいのスパンでトレードしていくのかを決める必要があります。

 

そのためには、どれくらいの資金量があり、どれくらいのリスクをとっていくのか、そしてどれくらいの期間でどれくらい稼ぎたいのかを明確にしておかなければなりません。

 

当サイトの別の記事で、資金量やゴールから逆算したトレードルールの設定の仕方を紹介していますので、ご参照ください。

 

まとめ

fxのルールとは何かということを解説させていただきました。

 

初心者の方が犯しがちなのが、ルールを決めずにトレードを始めてしまい大損してしまうという失敗があります。

 

勝率を計算して平均利益と平均損失を計算し、平均利益が平均損失を上回るトレードルールでトレードしていないと資金を増やすことができないばかりか、トレードするたびに資金を減らすことになります。

 

平均利益/平均損失比についてはこちら

 

どういうことかというと、9勝1敗でも1回の負けの額がが9回の勝利の額より大きいトレードをしていたら、絶対に資金は増やせないということです。

 

fxトレードで資金を増やそうと思ったら、ルールの設定は必須です。是非ともご自身にあったトレードルールを作って実践してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ