FXで負けたくないと思ったらやるべきたったひとつのこと

FXで負けたくないと思うのは、

FXで負けたことがある方だけだと思います。笑

 

FXを始めたばかりの初心者のころは、

FXで儲けたい、FXで稼ぎたい、FXで良い暮らしがしたいとだけおもい、

負けたくないとは思わないはずです。

 

負けたくないと思うということは、

負けた経験が少しでもあるということであり、

FXで勝てるトレーダーになるたの第一歩であると思います。

 

FXで負けたくないという思いを持つことこそが、

リスクを管理するための必要な感情の一つであるということに

実は最近気がついたのです。

 

そう考えると、FXの初心者のうちは

痛い目にあったことがあるトレーダーだけが、

次のステップにいけるのかもしれません。

 

それでは、FXで負けないようにするためにはなにをすべきか。

 

FXで負けないための思考と能力を手にいれるために行うべき

たった一つのことをご紹介しましょう。

 

FXで負けたくないと思ったら

 

FXで負けたくないと思ったらやることはたった一つです。

ギャンブルとしてのFXトレードをやめましょう。

 

FXは勝つものでも負けるものでもないという意識をもつことが大事です。

 

ギャンブルとしてのFXトレードをやめるだけで、

FXで稼ぐことができるようになります。

 

FXで稼ぐということはどういうことかというと、

負けても稼ぐことができるという、

超重要なマインドを持つことができるようになります。

 

FXで負けたくないとおもったら、

FXは負けても利益はでるのだという

真理に気がつくことが大事です。

 

ギャンブル的に一回一回のトレードで

勝った負けたと一喜一憂しているうちは、

FXトレードをギャンブルとして捉えています。

 

FXに限らず、投資は負けることがあっても利益はでるのです。

負けることがあることを前提としてトレードしましょう。

 

FXで稼ぐためには、

総合で利益が出ていればいいのです。

 

10回トレードして、

2勝8敗でも2勝の利益が8敗の損失を上回っていれば利益はでます。

 

FXをギャンブルとして捉えていると、

その事実が見えないのです。

 

 

FXで稼ぐためにはギャンブルとしてのFXをやめ、

投資としてのFXトレードをすることが大事です。

 

投資としてのFXトレードで稼ぐためには、

メンタルコントロール、

資金管理、

チャート分析

の3つの総合力が大事なのです。

 

 

FXで稼ぎつづけるということと、

FXで勝負して勝つことは

全く別のものと考えていただいて差し支えないと思います。

 

FXで勝つことは誰でもできます。

大雑把にいうと、値動きが上にいくか下に行くかあてるだけなので、

なにも勉強していない人でも勝つことができます。

 

しかし、そういった勝ち方は、

投資ではなくギャンブルでいうところの

勝った負けたということになります。

 

ギャンブルで勝つことはできても、

稼ぎつづけることは難しいでしょう。

 

それがFXで勝つことと稼ぐことの

決定的な違いだと思うのです。

 

FXで負けて大損する人は大抵、

ギャンブル的に取引する人です。

 

ギャンブル的にFXトレードをする人は、

勝つことはできても稼ぎつづけることは不可能に近いでしょう。

 

稼ぎつづけることはほぼ0%といっても

過言ではないと思います。

 

ですので、負けたくないと思ったら、

ギャンブル的なトレードは卒業して、

投資としてのFXトレードを始めましょう。

 

投資としてのFXトレードをするためには、

まずはチャート分析ができることが大前提になります。

 

FXで稼ぐにはまずは武器をもちましょう。

FXでいうところの武器とはチャート分析の技術のことです。

 

チャート分析ができれば、

ギャンブルとしてのFXを卒業し、

投資としてのFXで勝つことができるようになる

第一歩を踏み出せるようになります。

 

 

FXで負けたくない!と思った方は、

まずはFXはどういうものなのか見直してみることをおすすめします。

 

自分は今まで投資としてのFXトレードをしていたか。

ギャンブルとしてFXトレードをしていなかったかと自答自問してみましょう。

 

私はその事実に気がついたときに、

投資家としてのFXトレーダーの第一歩を踏み出すことができました。

 

ギャンブルとしてのFXトレードをやめるだけで、FX投資家として、

FXで負けない、稼ぎ続けるトレードができる一歩を踏み出すことができるでしょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ