fxは本当に稼げるのか??fxの真実と裏側

初心者fxトレーダーはある一定の期間を経て,

中級や上級のfxトレーダーへと進化していきます。

 

その一定の期間とは、

「本当にfxトレードって稼げるの?」

という疑問にさいなまれる期間です。

 

fxを始めて間も無い頃は特に損失ばかり出して、

どんどん身銭が削られていきます。

 

その痛みに耐え切れず、

fxトレードをやめてしまおうかという思いに何回も何回もかられます。

 

実際にこの期間に脱落してしまうfxトレーダーも多く、

実に9割のトレーダー達がここを乗り切れずにfxから撤退していきます。

 

特に、

「楽して稼げる」

「なにもしなくても年収1000万円」

のように、fxの雑誌や商材の謳い文句にのせられてfxトレードを始めた方ほど、

その期間は悶々と長いです。

 

私もfxトレードを始めたきっかけといえば、

雑誌などの広告に載っていたのをたまたま見つけ、

「稼げるらしい」からやってみようということでした。

 

fxトレードを腰を据えて取組んでいる方にとっても同じことが言えます。

「こんなに検証してるのになんで稼げるようにならないんだ?」という疑問は、

稼げていないうちは、いつまでたっても拭いさることができない悩みでしょう。

 

fxトレードで稼げるようになるまでには圧倒的な下積みが必要で、

下積み時代はそれこそ修行の連続で、心が折れそうになることも何度もあるでしょう。

 

それこそ「fxって本当に稼げるの??」

という疑問がわきあがってきては、

「稼げる証拠」を探したり人の意見を参考にして、

自己説得を繰り返す期間が続きます。

 

しばらく稼げない期間が続いたり、大きな損失を出すいわゆる、

「コツコツドカン」という事態になると、

もう「本当にfxで稼げている人っているの?」という気持ちでいっぱいになります。

 

ただ一つ言えることは、fxトレーダーも職人のうちの一人であり、

ある程度の技量と経験を身につけて、

ある一定の水準をこえると徐々に稼げるようになってくるという事実があります。

 

寿司職人や大工などの手に職をつける系の職業であっても、

手に職をつけるのには長い月日を必要とすることは事実ですし、

fxトレーダーでもそう簡単に初心者に稼いでもらっても、上級者としては困るでしょう。

 

職人の代表的存在ともいえるすし職人は、

一人前になるのに10年以上の年月が必要になることは有名です。

 

すし職人になるにもながい下積み期間があり、

その下積み期間を耐え忍ぶことができてこそ、

一流のすし職人として認められて独立できます。

 

すし職人の世界でも、一流のすし職人になろうと決めたものの、

途中で挫折してドロップアウトしてチェーン店に逃げたり、

転職したりする見習いさんも後を絶えないらしいです。

 

下積み期間ほど結果が見えず、なにかとしんどい期間が続くのですが、

そこをぐっとこらえて、少しずつ少しずつ前進していくしかありません。

 

それはすしの技量を高めることだけに言うことができることではなく、

fxトレードの腕を磨くということにも全く同じことが言えます。

 

コツコツと検証と実践を続けていき、

正しいトレードをし続けていれば、必ず勝てるようになります。

 

コツコツと検証と実践のトレードしていけばと申し上げましたが、

正しいやり方でトレードしないと、

いつまでたっても稼げないということには変わりがありません。

 

それでは、どのようなことを意識してfxトレードの腕を上げていくべきでしょうか。

 

正しいfxトレードの経験値の積み方は?

まず基本的に押さえておかなければならないことは、

fxトレードで稼ぐということはどんなことか、

というマインドをしっかり整えておかなければなりません。

 

もし、稼いでいるfxトレードが、

トレーダーの「トレードスキル」のみで稼いでいるとお考えならば、

今すぐにその考えを捨てて頂きたいと思います。

 

ここでいうトレードスキルとは、チャートを見て相場を判断し、

相場通りに売買を操る技術のことを指します。

 

確かに相場を予想して買いポジションや売りポジションを持つことは重要です。

 

しかしその能力がいかに優れていても、

短期的に利益を出すことができても、

長期的には利益を出し続けることは難しいでしょう。

 

また、売買能力「だけ」で利益を出しているfxトレーダーも、中にはいるかもしれません。

(そういうトレーダーさんにはお会いしたことがありませんが。)

 

私がお会いした、しっかりと長期的に利益を出し、

専業トレーダーとしても活動している方々は、

トレードルールを持っていて、資金管理を徹底しています。

 

しっかり稼げるようになるためには、

まずトレードルールを持たなければなりません。

 

fxトレードの上達=トレードルールの質とトレードルールの遵守

といっても過言ではないほど、トレードルールは大切になってきます。

 

もし、トレードルールを持たずにトレードして、

「fxトレードは本当に稼げるのだろうか?」

という疑問を持たれてはいませんでしょうか。

 

また、トレードルールをすぐに破り大損してはいないでしょうか。

 

トレードルールは持つだけでなく守ることも重要で、

トレードルールを守るためにはそのトレードルールが徹底的に検証されていなければなりません。

 

なおかつ、そのトレードルールが利益を出すという、

絶対的な自信と検証結果を持っている必要があります。

 

トレードの下積みの一つは、

自らのトレードルールの完成の期間でもあるということです。

 

自信をもってトレードするためのトレードルールの作り方

という記事を参考にしていただければ、

トレードルールの検証の仕方や自信の持ち方を解説しています。

 

長期的にfxで稼げるようになるために必要なことのもう一つに、

資金管理があります。

 

資金管理自体はそれほど難しくないのですが、

まずはトレードルールを持っていないと資金管理は、

全く意味をなさないものになってしまいます。

 

なぜなら同じトレードを繰り返してこそ利益の増減に意味がでるのであり、

毎回違うトレードをした利益や損失の数字に何も意味がないからです。

 

トレードルールを作り、検証していくという圧倒的な下積み期間を乗り越え、

実際にトレードして検証してやっと次の検証すべきトレード結果の数字が出てきます。

 

そしてそれを修正してまたトレードを繰り返すということが、

遠回りに見えてfxトレードで利益をだすために実は一番の近道なのです。

 

この下積みが正しい下積みであり、

この修行を乗り越えてやっと利益が出るトレードをすることができます。

 

もし、いまfxトレードに対して疑問を抱いているのであれば、

覚悟を決めてまたコツコツとトレードルールの検証と徹底を初めてみてください。

 

コツコツと下積み期間を乗り越えた時には必ずや良い結果がでますし、

fxトレードの可能性を感じることができるでしょう。

 

fxは稼げるのか??という問いにお答えするなら、

fxトレードは本当に稼げるということをお伝えしたいと思います。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ