主婦が犯しがちなfxトレードの5つの失敗とは??

fxは専門的な知識がなくても、

正しい経験と知識があればしっかりとお金を稼ぐことができます。

 

よく雑誌やブログで

「主婦トレーダーが何億円も稼いだ」

とか、

「実は働いている旦那より稼いでいる」

とか、

「家事の合間にお小遣い稼ぎしています。」

などの記事を目にすることがあるかと思います。

 

実際に稼いでいる主婦トレーダーさんもいるのですが、

多くの方々がなんとなくトレードして失敗してしまうというのが現状です。

 

fxは簡単にトレードを始めることができますが、

しっかりと研究をした上でリスクをコントロールしないと、投資額の全額を失ってしまうことさえあります。

 

他の投資と比較した時のFXトレードの利点

株式取引と比べて、なぜfxが大金を稼ぎやすいのでしょうか。

 

それはfxが「複利で回す」ことができる投資の一つだからです。

 

複利とは金利に金利が付くことを指す言葉ですが、

fxトレードでも複利でお金を増やしていく事ができます。

 

複利でお金を増やす方法はfx必勝法複利の力という記事でご紹介していますので、

今回は詳しくは語りませんがその力は非常に強力です。

 

また、「レバレッジ」をかける事もfxの可能性を増しています。

レバレッジとは、手持ち資金の何倍もの取引を行うことができる仕組みです。

 

例えばレバレッジ100倍であれば、

手持ち資金の100倍の取引を行うことができます。

 

株取引でも信用取引をすることができますが、

日本株の取引は日本時間の9時から15時までと、短い時間しか行うことができません。

 

fxは24時間動いていますので、時間を気にせず取引をすることができるのです。

fxの人気が高いのは、取引時間の自由さにもあるのです。

 

失敗から学ぶ

成功するためには失敗から学ぶことも多くあります。

主に主婦トレーダーがfxで犯す代表的な失敗例を見ていきます。

 

損切りができない

では失敗してしまう主婦トレーダーは、

どのようなトレードを行っているのでしょうか。

 

主婦トレーダーに限らずfxトレードの失敗の大きな原因は、

損切りができないという点にあります。

 

損切りとは、トレード中にポジションが赤字のときに、

赤字をこれ以上膨らませないためにあえて損失を確定する取引です。

 

多くの人が「そのうち反転して戻るだろう」と思ってポジションを保有したままで、

さらなる赤字を生んでしまいます。

 

こつこつ稼いでいたのに、

急に大きく負けてしまう人がこのパターンに陥っていることが多いいでしょう。

 

チャートを見すぎる

また悪い意味で「チャートを見すぎる」のもよくありません。

 

過去チャートを研究し、テストトレードを繰り返したり、

負けた時のトレードを振り返えるためにチャートを研究することは非常に大切です。

 

しかし、最近ではスマートフォンからも取引ができるため、

無意味にチャートを開いていたずらにトレードしてしまうということができやすくなりました。

 

いわゆる年中ポジションを持っていたい、

「ポジポジ病」というやつの一種です。

 

ルールで決めた時間以外の時間にトレードをしてみたり、

仕事中や家事をしているときに値動きが気になりすぎてしまう人も失敗する傾向にあります。

 

チャートを無意味に見すぎる行動は、

主にfxを始めたばかりの初心者が多く犯してしまいがちです。

 

チャートをみる時間は、

ルールをきめてその時間以外はトレードしないといった、

正確な計画ををもってトレードしましょう。

 

ポジポジ病

「常にポジションを持とうとする」ことも辞めましょう。

 

特に主婦の場合は、

家事の合間にトレードする時間がたくさんあります。

 

周りの目がない時間に、

ついついトレードできてしまいますので注意が必要です。

 

失敗してしまう人の中には、

ポジションを持っていないと落ち着かなくなってしまう人もいます。

 

特に清算後に反対売買を頻繁にする人は注意です。

自分の予測したタイミングで反発するとは限りません。

 

生活資金の投入

「生活資金を投入」は最も危険でしょう。

 

専業主婦の場合、投資資金はアルバイトなどの収入の他、

旦那さんの稼ぎがありますが注意が必要です。

 

fxトレードにのめりこんでしまうと、

ついつい生活資金に手を出してしまう方も多くいます。

 

家庭の会計を握っていると、

トレードに対してあつくなった時に、

ついつい生活資金で補おうとしてしまいがちです。

 

fxトレードに家計のお金まで使ってしまい、

しかもトレードで失敗してしまうことは家族崩壊への第一歩となります。

 

fxトレードは余剰資金で行わなくてはならないという大前提を守り、

少し儲かっているからといって、欲望に負けてはいけません。

 

fxトレードはつねに冷静にトレードするように心掛けましょう。

 

fxにはまり家事をおろそかにする

男性でも女性でも、「家事をおろそかにする」人は投資には向きません。

 

特に問題になったのは、主婦(夫)の方でfxにはまって家事をおろそかにし、

家庭が崩壊してしまう人もいて問題になったことです。

 

特に赤字を出してイライラしてしまうような場合は要注意。

円満な家庭があって生活ができなくては、トレードどころではありません。

 

家計を楽にするためにはじめたfxトレードが原因で、

家庭を崩壊させてしまっては元も子もありません。

 

成功することを考えるよりも負けないための取引を研究すると良いでしょう。

 

まとめ

fxは生活を豊かにもしますし壊しもする可能性もあります。

 

リスク管理を徹底して、正しい知識と経験を積み、

余裕資金と余裕のある時間にトレードしましょう。

 

そうすれば失敗しても取り返しがつく事が多く、

さらに、その失敗さえも次のトレードの糧となる事が多くあります。

 

多少の損失を出す事は投資の世界なので、

「もはや当たり前のこと」と割り切ってしまった方が良いでしょう。

 

初めのうちは損失をだすのが当たり前のことと割り切る事によって、

思わぬ損失を出しても慌てずに対処することができます。

 

1000通貨単位のトレードなら、失敗しても致命的になりませんし、

少ない資金から余裕のあるトレードをすることができます。

 

また、fxトレードは1000通貨単位から始めても、

複利で回す事によって莫大な額の金額に増やす事ができる可能性も持ち合わせています。

 

まずは少ない資金でトレードする事をオススメしています。

 

主婦でも余裕をもって1000通貨単位でトレードでしやすい、

管理人のオススメの証券会社はSBI FXTRADEです。

 

失敗を繰り返してこそ成功者になれるという事は、

長い歴史も証明しています。

 

失敗を恐れず、失敗してもたて直せる余裕を持ってトレードしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ