FXで稼ぐにはデモトレードでしょ

FXで稼ぐにはどうしたらいいでしょうか?

その答えはデモ口座でトレードすることです。

 

デモ口座で取引しても直接的な利益にはなりません。

しかし、本口座でトレードするときに大きな意味合いをもちます。

 

なぜFXで稼ぐにはデモトレードが重要なのでしょうか。

その理由を解説します。

 

デモトレードとは

 

まずは、デモトレードはなにかというところから

解説したいと思います。

 

デモ口座についてご存知の方は、

ここは飛ばしてください。

 

デモトレードとは、

FXの証券会社がもつ本口座と同様のシステムを使って、

仮想通貨で取引する口座のことです。

 

デモ口座を作るのは非常に簡単で、

メールアドレスとペンネームを打ち込むだけの証券会社が多いいです。

 

メールアドレスを登録すると、

登録したメールアドレスにメールが送られてきます。

 

送られてきたメールアドレスにI

Dとパスワードが記載されているので、

送られてきたIDとパスワードでデモ口座にログインします。

 

デモ口座にログインすると、

仮想の通貨が振り込まれている前提で

トレードすることができるようになります。

 

トレードに勝っても、

勝ったお金は引き出すことはできませんが、

本口座と同じ環境でトレードすることができます。

 

FX初心者はとにかくデモでトレード

 

FXを始めたばかりの初心者の方は、

とにかくデモ口座でトレードすることをお勧めします。

 

デモ口座なので、

最初はやりたいようにやるといいと思います。

 

というよりも、デモ口座の醍醐味は

やりたいようにできるということですが。笑

 

一気に30lotでトレードして、

一瞬にして100万円の値動きのするトレードをしたりして、

遊ぶんだりできます。

 

最初のうちはそれでもいいので、

どうやって損切りするのか、

エントリーから決済までの自分が開いた証券会社の

様々な機能を使ってみてください。

 

実際の口座では怖くて使えなかった機能を発見することができます。

 

何回か遊んだら、

資金をリセットして実際のトレードと同じ額のトレードをします。

 

自分のルールをもうお持ちであれば、

徹底的に検証します。

 

1000回はデモ口座でトレードすることをお勧めします。

 

自分のトレードルールをお持ちでないのであれば、

ここで自分のルールを作り上げます。

 

様々なテクニカル指標を試してみて、

どのテクニカル指標が自分にあっているのか、

どのトレードスタイルが自分に向いているのかを

徹底的に検証します。

 

そうすることによってのみ、

稼げるFXトレーダーになれるのです。

 

FXで注意すること

 

私もそうでしたが、

FXはわかってるようでわかっていないことが

意外と多いいのです。

 

エントリーと決済方法だけをおぼえたら、

もうトレードできてしまうのがFXの怖いところです。

 

車の運転に例えると、

エンジンのかけ方と発進の仕方だけ覚えて、

車を走らせるようなものです。

 

非常に危険だということが

すぐにわかると思います。

 

初心者のうちは

稼ぎたい稼ぎたいという気持ちが前に出すぎて、

損切りの方法もわからないうちにトレードをしてしまいがちです。

 

損切りの方法は車の運転でいう所の、

ブレーキに似ています。

 

ブレーキのかけ方をわからないで、

車の運転をしたならば事故にあいますよね。

 

FXで損切りの仕方もわからないでトレードすると、

車の運転同様に事故にあいます。

 

損切りしないこと=損失を膨らませること=資金を全てとばすこと

に他なりません。

 

まずはデモ口座でトレードをして、

証券会社のシステムを一通りおぼえて、

自分のルールを検証しましょう。

 

くどいですが、このプロセスを経ない限り、

FXで稼ぐことは難しいでしょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ