FX商材の選び方の3つのポイントとは??

FX商材を選ぶときに

どのような基準で選びますか?

 

FX商材の選び方で押さえておくべきポイントを解説します。

 

FX商材の選び方の3つのポイント

 

FX商材の選び方のポイントとして、

選ぼうとしているFX商材が

 

・どのスタイルのトレードか

・どういった手法か

・自分のトレードできる時間帯にスタイルと手法がマッチしているか

 

の3つのポイントを考えた上で、

その商材自体が本物かどうか見極めることが重要です。

 

まずはFX商材がどのトレードスタイルを

とっているかということの見極め方から解説します。

 

FX商材の選び方その1 トレードスタイル

 

FX商材を選ぶ際には、

その商材がうったっている手法が、

どのトレードスタイルをとっているかを

読み込むことが重要になります。

 

トレードスタイルとは

短期トレードや中長期トレードのことです。

 

短期の手法だと、

スキャルピングと言って超短期のトレードスタイルがあります。

 

スキャルピングのスタイルをとっているトレーダーは

経済指標といった経済の動きを完全に無視して、

トレードチャートしか見ないトレーダーが多く、

10分間にエントリーから決済までを完結させます。

 

スキャルピングのスタイルをとっているトレーダーの中には

1分以内に何十回もトレードを繰り返すトレーダーもいます。

 

後ほど説明しますが、スキャルピングと一口にいっても、

チャートの見方によって手法がかなり変わってきます。

 

また、短期トレードの中には、

スイングトレードというトレードスタイルもあります。

 

スイングトレードのスタイルでトレードしているトレーダーは

一日のスパンでエントリーから決済を完結することが多いいです。

 

スイングトレードにもいろいろな手法がありますので、

よく選ぼうとしている商材がどういった手法をとっているのか

見極めることが重要です。

 

中長期のトレードスタイルには、

一週間以上エントリーしてからポジションを持ち続け、

決済までを一週間から一ヶ月かけるというトレードスタイルです。

 

こちらにおいては、チャートの動きをみて取引する手法もありますが、

経済指標や、国と国の経済の動きを読み取ったりするなどの、

主にファンダメンタルズな分析をしてトレードする手法もあります。

 

FX商材の選び方のポイントその1として、

選ぼうとしている商材がどのスタイルをとっているかをチェックし、

自分に合いそうな商材を選ぶことが重要です。

 

FX商材の選び方その2 トレード手法

 

FXのスタイルは超短期から長期までの

トレードスタイルがあります。

 

そしてそのトレードスタイルのなかにも、

実に様々なトレード手法があります。

 

FX商材の選び方のポイントの2つ目として、

トレード手法を注意深く選ぶことが重要になります。

 

トレードスタイルとはスキャルピングやスイングといった、

短期から長期までのスタイルのことをいいますが、

トレード手法とは、どのテクニカル指標をみてトレードするのかということです。

 

テクニカル指標には、

移動平均線やボリンジャーバンドなどがありますし、

MACDやストキャスティクス、RSI などのテクニカル指標もあります。

 

主にチャートは「節目」で反転するので、

節目でエントリーしたりする手法を使うトレーダーもいます。

 

何時間、何分のロウソク足をみてトレードするのかも

トレード手法によって様々です。

 

最低限、今選ぼうとしているFX商材が

・どの時間足を使っているか、

・どのテクニカル指標を使っているか、

・逆張りか順張りか

・どの通貨をつかっているか

などをチェックしておくべきでしょう。

 

例をあげると、選ぼうとしているFX商材が

スキャルピングのスタイルをとっているのに、

10分足や30分足をみている場合などがあります。

 

その場合などは、スキャルピングといっても

1分で何十回も取引する手法というよりは、

1時間のスパンでトレードするトレード手法をとっていると予想できます。

 

もし、スキマ時間などでトレードしたい場合などには、

あまりおすすめできないトレード手法といえます。

 

また、選ぼうとしているFX商材が

どのテクニカル指標をつかっているのかじっくりみていく必要があります。

 

テクニカル指標によって

エントリーできるポイントが現れる速度が全く異なる場合があるからです。

 

勝率80パーセントのスキャルピングの商材があったとしても、

一日にエントリーできる回数が2、3回しかない商材などがあったりしますので、

気をつけましょう。

 

FX商材の選び方その3 自分のトレードできる時間帯にマッチしているか

 

FX商材の選び方として、

選ぼうとしているFX商材が、

自分のトレードすることのできる時間にトレードできる

トレードスタイルとトレード手法をつかっているかということを

注意深く読み込む必要があります。

 

たとえば、選ぼうとしているFX商材が

アメリカの経済指標の発表前後の動きを

主に狙っている商材だとしましょう。

 

アメリカの経済指標の発表は主に

ニューヨーク時間に発表されます。

 

ニューヨーク時間とは

時差の関係で日本時間でいうと

冬の場合は22時から朝の5時までになります。

 

冬の場合と言いましたが、

アメリカはサマータイム制といって夏に一時間、時間をずらします。

ですので取引時間は21時〜朝の4時までになります。

 

なぜ、サマータイムを導入しているかという記事は

別の記事を書いておりますのでご参照ください。

サマータイムとは?

 

話を戻しますと、選ぼうとしているFX商材が、

アメリカの経済指標を狙ったトレードスタイルの場合、

必然的に22時から朝の5時までになります。

 

選ぼうとしているFX商材が、

22時から朝の5時までの時間にトレードしようとしている人には、

最適な商材だといえるでしょう。

 

しかし、

選ぼうとしているFX商材が、

アメリカの経済指標前後の値動きを狙ったトレード手法であるならば、

お昼の通勤時間や昼休憩でトレードしたいサラリーマンの方などにとっては、

トレードする時間とトレード手法が使える時間帯が大幅にずれているので、

選ぼうとしているFX商材は、全く使えない商材になってしまう可能性があります。

 

 

こういった事態を起こさないために、

やはりレビュー記事や商品説明文などを

注意深く読み込んでいく必要があります。

 

商品説明文を読んで、

自分がトレードする時間に手法がマッチしているなとおもったら、

そのFX商材は候補の中の一つになるでしょう。

 

 

まとめ

 

ここまで、FX商材の選び方の3つのポイントを見ていきました。

 

FX商材の

トレードスタイル

トレード手法

トレード時間

を注意深く読み取っていくだけで、

そのFX商材はあなたの重要なトレードの補助輪として活躍してくれるでしょう。

 

ただし、なかには怪しげなFX商材もありますので、

そこはよくレビューなどを確認して

適切なFX商材を選んでいかれることをおすすめします。

 

私の記事でも、

サラリーマンがスキマ時間にトレードするために

適切なFX商材はどれかというテーマで

FX商材をご紹介していますので、

是非ともご参照ください。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ