EUショックで破産?EU離脱のニュースとfxの必須対応

ついにイギリスのユーロ離脱の是非に関する国民投票の結果が出ました。

 

国民投票投票の結果、

イギリスがEUから離脱したことはもう広く知れ渡っているかと思います。

 

イギリスのEU離脱のニュースに伴い、

為替の動きが荒れに荒れまくったことはみなさんの記憶に新しいと思います。

 

この先どのように世界経済が動いていくのか、

それに対してどのようにトレードしていくべきなのかを考えてみました。

 

これからの世界経済とfxトレード

イギリスがEUから離脱をすることは、

世界経済に大きく影響を与えます。

 

まだ、EUから正式に離脱はしていませんが、

すぐに離脱が決定し、実際に離脱するでしょう。

 

EU離脱の国民投票での為替の値動きは、

歴史上まれにみる激しさをみせました。

 

もちろん、私はこの荒波でトレードするなんて、

大型台風の中航海に出るほど危険なものだと思ってましたので、

トレードは控えました。

 

絶対に私自身もチャートに翻弄されまくれ、

思わぬ損失を出しまくる自身があったからです。

 

また、イギリスのユーロ投票の前日に、

プロトレーダーはここではトレードしないということをお伝えし、

当サイトを読まれている方は絶対にトレードしないように警告させていただきました。

 

参考:急激な為替変動で破産!?

 

このような荒れ荒れの場面ではトレードを控えるということも、

トレード手法のうちの一つになります。

 

今日が土日で丁度よく休みを取れたと思います。

トレードしていた方は、ここで一旦トレードから離れられる良い機会ですね。

 

ただ、今回のイギリスのユーロ離脱の国民投票は、

これからの世界経済の急激な異変の予兆にすぎないといってもよいでしょう。

 

我々トレーダーが気をつけなければならないことは、

 

1、重要なニュースの発表に常に気を配っておくことと。

 

2、損切りポイントだけはしっかり設定しておき、

荒れそうならばトレードから離れるということです。

 

どちらもfxトレードで思わぬ大損失や失敗をさけるための大事な心構えです。

 

1、ニュースを見ておく

基本的に、fxのためのテクニカルトレーダーはニュースをみません。

 

重要な指標発表やニュースの発表だけ1日のトレード前にチェックしておき、

あとはfxのためのニュースは一切見ません。

(ビジネスのためや、自己投資のために新聞は毎日読んでますが)

 

テクニカル指標のみでトレードするので、

テクニカル指標とロウソク足の形しかみていません。

 

ですので、実際はfxトレードするときは通貨の数値さえも見ていません。

 

私などは、平常時であれば1日チャートをみていたにもかかわらず、

現在のドル円の値段さえもわからないことも多々有ります。

 

しかしながら、今回のような出来事があると、

大きく世界経済情勢が変わり始めます。

 

どのようになるのかは想像の域をこえませんが、

どこかの国が破産してもおかしくない事態がおこるかもしれません。

 

逆に、イギリスがユーロから離脱したことにより、

世界経済がなんらかの理由で超好景気になるかもしれません。

 

もっとも、今回は国民投票が行われただけで、

実際にはイギリスはEUから独立しないかもしれません。

 

どの事態が起こっても、どんなニュースがながれても、

急激な為替の変動が起こり得ます。

 

今回のイギリスの国民投票は、

為替変動の序章にすぎないです。

 

この2、3ヶ月はテクニカルトレーダーであっても、

常にニュースをチェックしておくと思わぬ損失を防ぐことができます。

 

2、損切りポイントの設定を必ずする

これからのfxトレードで気をつけるポイントとして、

ポジションを取る際は損切りポイントを必ず設定しておかなければなりません。

 

今回の英国のEU離脱のニュースはいわば、

fxの異常事態宣言をださなければいけないレベルです。

 

そのなかでもトレードすることはかなり無謀なことですが、

トレードするとしたら、かならず保険を掛けておいてトレードするべきです。

 

トレードに保険をかけるとはどういうことかというと、

損切りポイントをしっかりと一回一回設定するということです。

 

当サイトの管理人は、常に損切りポイントを設定してトレードしていますが、

普段損切りポイントを設定しないでトレードされている方も、

しばらくは損切りポイントを入れなければなりません。

 

上にも述べたように、いつどのように重大なニュースが入ってくるのかは

だれも予想がつかないです。

 

いつものようにトレードしたら、

いきなり相場が急変して大損失を出すことも考えられます。

 

そういった損失だけは少し気をつけていれば防ぐことができます。

 

自分の身をまもるためにも、

損失の設定という保険だけは忘れずにかけましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ