fxで土日にやっておくとよいこと

為替市場は取引所に合わせて基本的には月曜から金曜まで取引されています。

 

土曜日と日曜日はアラブ市場以外は市場が休みなので、fxトレードができません。

 

しかしそんな市場が休みである土日にも、

fxトレードで勝つためにやるべきことはたくさんあります。

 

当サイトの管理人クラウドがfxトレードの精度をあげるために、

主に土日に自分に課している日課をお伝えしたいと思います。

 

相場が休みの土日にやるべきこと 過去を振り返る

 

土曜日と日曜日にfxでやるべきことのひとつに、

その週のトレードを振り返ることが挙げられます。

 

土曜日と日曜日こそ落ち着いて相場を見返す良い機会です。

 

平日にやろうとするとどうしても相場が動いているために、

なんとなく集中力が相場の読み込みの方に集中してしますかとおもいます。

 

土日に落ち着いて見直しをするためにはトレード日誌をつけておく必要があります。

 

トレードした週の相場やトレードを見直すためには、

どうしてもトレード日記をつけておくことが必要になります。

 

過去チャートを見直す

土日にやることの一つとして、振り返り作業があります。

 

一週間のチャートを見直すことと、一週間のトレードの成績の計算やトレードの分析にあてます。

 

成績は一日に何回負けて何回勝ったか、

いくらの利益(損失)がその日のうちに出たのか、そして平均利益率などを集計しておくことは大前提です。

 

一日づつのデータを一週間のデータに直すことを土日にやってしまいます。

 

一週間のデータを集計することによって、一日のデータで見るトレードよりも

より大きな視点から自分のトレードを見直すことができるという利点があります。

 

一週間ごとにデータを集計しているとおもしろいことがわかってくると思います。

勝率を測ってトレードを見直すことは、今後のトレードの質を改善するために必要不可欠です。

 

土日こそ過去トレードを振り返る絶好のチャンスですので、

しっかりとトレード日記とデータを振り返りましょう。

 

また、日経新聞の土曜日と日曜日の投資欄にも、

どの日にどういった要因で為替が動いたのかというまとめが載っているので、

こまめにチェックするとファンダメンタルズ分析の役に立ちます。

 

土日にやっておくべきこと  来週の相場を予測する

トレード日誌や過去のトレードデータの振り返りは、

過去チャートの動きから過去の動きを分析するということでした。

 

土日にやっておくべきことの一つとして、

「来週の値動きを大雑把に予想する」ということをしています。

 

これは実際どうやるのかとうと、

4時間足チャートや日足チャート、週足チャートなどの長期のチャートをチェックします。

 

私のfxのルールの一つとして、トレンドに逆らわないというルールがありますが、

日足チャートでfx全体の大まかな動きをチャックします。

 

基本的にスキャルピングではトレンドは関係ないと思われがちですが、

トレンドほどfxトレードにとってヒントとなるものはないです。

 

大きな足でトレンドをつかんでおいて、

普段使わない日足と週足のレジスタンスラインやトレンドラインをつかんでおきます。

 

実際に相場が開いているときは細かいチャートしかみていないので、

日足や週足のレジスタンスラインを確認しておくことは、

スキャルピングのトレードも有効に勧められる一つのポイントとなります。

 

忙しいビジネスタイムでできないことを土日でやってしまいましょう。

 

まとめ

市場が動いていない土日こそトレードの精度を上げるチャンスです。

 

過去チャートから過去トレードの検証もしてみてもいいでしょう。

 

また、サラリーマンにとっては一日時間が取れる時間なので、

テストトレードを一日中繰り返して見ることもいいかもしれません。

 

また、相場は休むこともトレードの一つです。

土日は思いっきり外に遊びに出て、緑の大自然の中で目などを癒したり、

家族サービスをするのも良いでしょう。

 

土日を賢く使えるようになればなるほどビジネスタイムのトレードも冴えます。

是非とも土日を有効活用したいですね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ