FXトレードでおさえるべき通貨の特徴(相関通貨)について解説

 

fxトレードは通貨と通貨の交換で利益を出します。

 

通貨と通貨には、同じような動きを見せるものや、逆に動くもの、安全通貨やリスク通貨、資源通貨など様々な特徴があります。

 

今回は、2つ以上の通貨を語る時によく使われる用語の「相関、逆相関通貨」とはなにか解説します。

 

相関、逆相関通貨とは?

通貨には似たような動きをする通貨と、全く反対の動き方をする通貨があることをご存知でしょうか?

 

似たような動きをする通貨のペアを相関通貨ペア。反対の動きをする通貨のペアを逆相関通貨ペアと言います。

 

たとえば一番代表的な逆相関通貨ペアに、アメリカドルと、ユーロがあります。円ドルに対してアメリカドルが下がると、円に対してユーロの値段が上がることが多いいです。

 

逆相関通貨ペアによってスワップを得る方法もあります。詳しくはこちらをご参照ください。

 

逆相関通貨ペアの反対に、相関通貨ペアという通貨ペアも存在します。たとえば、アメリカドルとカナダドルは相関通貨ペアです。

 

円がアメリカドルに対してあがると、円がカナダドルに対して同じように上がります。

 

2015年11月現在は、カナダドルの方が少し弱くなっていますが、2011年頃はほとんど同じ値段でした。

 

カナダドル/アメリカドルが、1カナダドル=1アメリカドルの時期もありました。

 

このときは日本円も、1アメリカドルに対して5円上がると、1カナダドルもつられて5円あがってました。

 

相関通貨ペアに関しては、チャートも同じような動きになります。

 

ですので、似たようなチャートの動きをしていて、片方だけ先に値上がりして、もう片方は遅れて同じように値上がりするときもあります。

 

遅れて値上がりする通貨を狙って、もう一方の相関通貨の動きに合わせてトレードを仕掛けるトレード手法もあります。

 

相関関数とは

この相関通貨ペアを探すときは、相関関数という指標で探します。

 

-1から1までの数字で表され、1に近い方が、通貨どうしの値動きが同じで、-1に近い方が通貨同士の値動きが反対ということです。

 

たとえば、ドル円と香港ドル円の関数は、2015年の11月現在で0.99であり、チャートを比較しても全く同じような動き方をしているのがわかります。

 

香港ドルスクリーンショット 2015-11-30 3.16.25

※左が香港ドル円1時間足  右がドル円1時間足

 

このように探していくことで、似たような通貨、反対の動きをする通貨が探せるので参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ