Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は詐欺?内容について徹底検証!

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は詐欺?徹底的プロジェクトについて解説します。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)とは、成長が見込めるベンチャー企業に投資を行い、そのリターンを狙う仮想通貨のベンチャーキャピタル(VC)の組織です。

プロジェクトに投資を行い、得た利益を投資家に分配するビジネスモデルを行なっております。

その目的は、従来のVCの問題点を解決することにあります。

またこのVCは、「IDOプラットフォーム」でもあります。

IDOとは、Initial Dex Offeringの略で、分散型取引所(DEX)による資産調達を指しており、国や企業などの中央で管理しない非中央集権取引所に対して新規の仮想通貨をリリースすることを指します。

新しいプロジェクトの考案者に対して、資金やブランドマーケティングを提供する場が「IDOプラットフォーム」です。

9月8日に予定されているSEED1のプレセールも売り切れてしまう
可能性あり。

今回は、

・CDSトークンのプレセール上場日程や買い方
・トークンの特徴と価格上昇の根拠
・Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)の説明

などを解説していきたいと思います。

CDSトークンのお申し込みはこちらをクリック

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)の特徴とメリット6選

 

①一般投資家も特別なセールに参加できる

通常であれば一般投資家は上場後のプロジェクトに投資することが多く、機関投資家など限られた投資家だけが、先行利益を持つ投資に参加できていた。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は、一般投資家も平等な条件でベンチャー投資が可能になり、特別な投資機会を得られるようになる。

抽選のロト方式やコミュニティ内での貢献度(投資先の投票を積極性や長期にステーキングをしていたりなど)、ユーザーの活動内容によって参加権利が上昇。

②コミュニティ主導でプロジェクトの方向性を決める

従来は運営側が投資先などのプロジェクトを提示するのが一般的だったが、Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)はみんなで投資対象であったり目的や意義を話し合いプロジェクトの方向性を多数決で決めていく。

③分析レポートで深く理解し投資に参加できる

参加者のリテラシーはとても重要で、初心者でも理解できるようにプロジェクトがどういったものなのか、運営側が詳細にまとめたレポートをコミュニティのトークン保有者は閲覧することができます。

深く理解し納得した上で投資ができるので、運営側に言われるがまま鵜呑みにして投資することを防げる。

④投資対象を提案できる

②の内容と少し重複しますが、Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)のトークンを一定以上保有していると、コミュニティの提案をガバナンスボードに上げ、みんなで精査して多数決で決められ、通ったプロジェクトへの投資アプローチや交渉を進めていきます。

⑤プロジェクトとコミュニティの協力体制

双方成功させるために、資金だけでなく最適な人員も重要ポイント。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は、プロジェクトを成功させる
ための広告やプロモーションの体制を整え、リリース前にテストをしたりと、
成功に必要なものをコミュニティから獲得できるので、万全の状態で臨むことが
可能です。

⑥3つのトークンモデルの展開

従来は2つのトークンが主流でしたが、売り圧と買い圧の分散目的と
IDOプラットフォーム参加権利のみのトークンに新しい価値を見出すこと、
VC利益配当用のトークンを単体で用意することが目的でした。

以上の特徴やメリットが挙げられます、ユーザーが投資するプロジェクトを
選定できるのは唯一無二ですし、既存のお金持ちが有利な現状を是正するため
お金があまりなくても、プロジェクトに貢献度に応じてトークンの分配量を増やせる新しい仕組みは革新的です。

CDSトークンの特徴

CDSトークンは「仮想通貨の投資信託」のようなもので、
VCとIDOプラットフォームの利益配当を得るためのものです。

現在の市場はVCのような大口投資家が、大幅な利益を持っていってしまう
現状があり、価格操作に振り回されていた小口の投資家も大口投資家のような
大元の権利を得ようという話です。

CDSトークンで利益を得られる7つのメリット

①VCの売り上げ配当

トークン保有者は投資信託の要領で、投資家から集めた資金をプロが運用し
低いリスクで安定的な報酬を得られます。

VCはIDO案件の大株主の立場になるので、情報は全て握っている状態なので1人勝ち状態にあるとも言えます、大口投資家のグループに参画する形で一般の投資家も利益配当が得られる仕組みです。

②既存VCの問題点の改善

大多数のプロジェクトは、なるべく多く資金を調達したい思いや、権威のあるVCに付いて欲しいあまり、自分たちのトークンをVCに安い価格で売ってしまう傾向があり、VC側も利益を得るため安く買ったトークンを市場で売って利益を得ます。

結果的に大暴落してしまいホルダーが損をするケースが多く見られました。

その改善のために、トークン保有者には内部事情の透明化や還元するようにしているのです。

次にIDOプラットフォームに紐付いたトークンは使用目的がほとんど存在してなく、
IDOへの参加権利の役割しか持たないので、市場での動きが弱くなると利益が狙えないので、やはりここでも売られてしまう傾向にあります。

なので参加権利だけでなく、他の利益もどんどん還元していく用意がされているのでここも改善点です。

③IDOプラットフォームの収益

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は、IDOプラットフォームを
立ち上げ、その収益をCDSトークンホルダーに分配します。

現在、様々な仮想通貨が登場しており上場前のトークンセールに不安に感じる方も多いようで、そこで信用があるVCのIDOプラットフォームからの購入を募って上場させようと考えるプロジェクトも多いのです。

④3つのトークンで売り圧分散の仕組み

3つのトークンで分散され、相場の急落を防ぐことができますし、
チャートの形もきれいになり、心理的に買いやすくなり価格上昇が見込めます。

1つ目が「CDS」トークン(プレセール購入)です、ステーキング(ブロックチェーンのネットワークに参加して報酬を得られる仕組み)し、報酬を得る想定です。

ステーキングすると2つ目の「CPDT」トークンが発行され、さらにランチプールにステーキングすることで、IDOプラットフォーム対象のトークンを得ることができます(IDOへの参加権利)。

2つ目が「CPDT」トークン(CDSトークンをステーキング)です。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)において重要なトークンで
CPDTをさらにステーキングし、3つ目の「CDP」トークンを発行できます。

3つ目であるCDPトークンは、最重要トークンでCPDTトークンをステーキングすることでしか獲得できません。

CDP自体はステーキング不可で、売買も不可です(一定条件で売却可)。

Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)はVCとして、プロジェクトの利益が確定した時点でユニスワップ(分散型自動取引所)に流動性提供を行ない初めて売ることができます。

利益が確定すればCDP/ETHの保有者は、トークン保有に意味がなくなり各々が
自発的に売って利益を得る構図になるのです、あくまでVC側からは利益を譲渡していないので問題ないということになります。

トークンホルダーはステーキングを繰り返しCDPを獲得して保有しておき、
利益が出るのを待ちながら利益が確定したら売る、という流れになっていきます。

⑤プロジェクトの成功パターンの踏襲

VCは過去の成功事例をもとにプレセール価格を決めており、暴落を誘発しないよう
プレセールと上場の価格差を少なくしたりしてプロジェクトを進めていきます。

⑥注目度高いDAO運営の使用

人間が介在しないブロックチェーン上のスマートコントラクトの自動運営で、規制に引っかからない「DAO」は、次世代の仮想通貨市場を支える重要な仕組みであると言えます。

⑦資金の流れが透明化されている

DAO運営により資金の流れに透明性が保たれているので、VCは不正できませんし
運営が資金を持ち逃げなんてこともありません。
投資家にとっての安心材料でもありますし、資金の使い道のチェックできる環境も心強いです。

CDSトークンのプレセール上場日程

・SEED 1
日付:2021/9/8 18時開始
ロックアップ:80%
スケジュール:3ヶ月ごと20%ずつ解放
最低購入額:0.5ETH(約17万5千円)
購入上限金額:900万ドル(約10億円)
トークン価格:0.01ドル

・ プレセール 1
日付:2021/9/15 18時開始
ロックアップ:75%
スケジュール:3ヶ月ごと25%ずつ解放
最低購入額:0.5ETH
購入上限金額:800万ドル(約9億円)
トークン価格:0.012ドル

・プレセール2
日付:2021/9/22 18時開始
ロックアップ:50%
スケジュール:3ヶ月ごと25%ずつ解放
最低購入額:0.5ETH
購入上限金額:200万ドル(約2億円)
トークン価格:0.018ドル

以上、このような日程となっています。

プレセールの最低購入価格は0.5ETHとなっていますが、価格は変動しますので
当日その時間でのETH価格に合わせての購入数となります。

ロックアップについては、購入後のトークン配布はユニスワップ上場前の
配布なので、上場まではロックアップとなります。

全てのCDSトークンが配られのは、12〜15ヶ月となっていて、さらにキャピタルゲインではなくインカムゲインを主としているので、即売りを誘発しないようにするためのロックアップなのです。

CDSトークンの上場価格は0.02ドルで、ユニスワップへの上場を
11/1に予定しています

上場後のチャートを見るには、dextoolなどにコントラクトアドレスを
入力すると可能です。

URL:https://www.dextools.io/app/uniswap/pair-
explorer/コントラクトアドレス

CDSトークンのその他の情報

管理者や運営者は?といった質問がよくあるようですが、そもそも仮想通貨自体が「管理者を作らない非中央集権経済」を作る目的で出来上がっているので、トークンホルダーの方に利益を得てもらうことが「DAO運営」の目指すところなので、特定の管理者がいない自動運営なのです。

ちなみにCDSトークンのホワイトペーパーはまだ公開はされていません。

CDSトークンの買い方

次はCDSトークンの購入方法に移っていきたいと思います。

以下の手順となります。

①コインチェックからETHを購入する

・ETHの送金に手数料(ガス代)がかかるので、購入希望金額よりも5千〜1万ほど多く ETHを用意しておくのがおすすめ。

②コインチェックからメタマスクへETHを送金する

・メタマスクは最も有名な仮想通貨ウォレットです。

③申し込みフォーム内の送金アドレスへ希望購入額をメタマスクから送金する

・購入フォームはセール開始時に公開されます、購入フォームに送金先アドレスが記載されます。

④申し込みフォームへ記入する

・フォーム内の説明に沿って作業を進めていきます、トランザクションIDは必須となるので、知らない場合は事前に調べて慣れておきましょう。

トークン配布時期

ユニスワップ上場の11月1日に配布、ウォレットに反映されます。

IDO案件の実施予定

①CPDTのトークンを直で獲得できる

・本来ならばCDSのトークンをステーキングしなければ、得ることができないCPDTを得られるIDO案件

②アプリいらずの新しいウォレット

・今まではアプリのウォレットで取引していたが、アプリを介さずwebブラウザの新しいウォレットで取引できる

③マルチチェーン対応のDEX

・複数のブロックチェーン上で展開できる、分散型取引

④詳細未発表

調達した資金の使途(概算見積もり)

・運営、マーケティング費(2年分/2年目以降は収益で充当)
20%(例:1億円)
・システム開発(各種Dapps開発)
20%(例:1億円)
・投資資金
60%(例:3億円)

合計100%(例:5億円)

調達された資金の60%以上は、プロジェクトが投資資金としてプールされますが、
ユーザーが投資した資金は透明に管理されますし、ポートフォリオも資産管理ウォレットもちゃんと公開されます。

まとめ

さてここまでCapital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)についてお話ししてきましたが、Capital DAO Protocol(キャピタルダオプロトコル)は革新的なVenture Capital(ベンチャーキャピタル)であり、今まで良い投資機会に恵まれなった人も特別な投資機会を与えてくれる場であることがわかりました。

従来のVCの問題点を洗い出し、より良い投資目線で大きいメリットを得られる仕組みのプロジェクトです。

投資対象をみんなで決められて、投資の方向性もみんなで決められるという新しさ、初心者の人でも理解できるよう投資や金融に対するリテラシーの向上にも一役買ってくれるのも頼もしく感じます。

これまでになかったCDS・CPDT・CDPの3つのトークンがあることも最大の特徴であります。

ステーキングを繰り返し、最終的にCDPを獲得していき利益も得られる魅力があります。

 

3つのトークンがあることで、売り買いのチャートも安定し、価格が暴落して損してしまうような事態も軽減されるので、投資家の皆さんも安心して投資活動ができるのではないでしょうか。

今後も多くのIDO案件が控えていますので楽しみですね、資金調達も順調に進んでいます、この機会に是非あなたも参加をご検討ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

公式サイト:https://capital-dao.io/

 

CDSトークンのお申し込みはこちらをクリック

 

当記事はこちらのサイトを参考に執筆しました。

https://capital-dao-token.com/

 

また、以下からCapital DAO Protocolの最速情報を受け取れるとのことです。

LINE
https://capital-dao-token.com/line/

Twitter
https://capital-dao-token.com/twitter/

テレグラム
https://capital-dao-token.com/telegram/

オープンチャット
https://capital-dao-token.com/openchat/

「これを知らなきゃ勝てないよね」FXで稼ぐために大切なことをお伝えします!

Line@では、あなたが金融で成功するために必要な情報をお伝えします。
 
fxで成功するために押さえておきたいことをおつたえします。
 
友だち追加
※友達追加して質問くださいね!  
どしどしお問い合わせをお待ちしています。
 
 

【殿堂入り】バイナリーオプション:「忍-Shinobi-システム」

「忍-Shinobi-システム」のヘッダー 当サイトが自信をもってお勧めする、勝率が85%以上と非常に高いシグナルトレードシステムです。バイナリートレードのシステムです。エントリーポイントの精度も抜群のバイナリーオプションのシステムです。 3万円から初めても、1ヶ月で20万円以上勝利できます。初心者でも簡単に安心して使えます。エントリーポイントの精度も抜群。設定や使い方も詳しい動画やサポートがあるので、誰でも問題なく使用できます。       

当サイトオススメの人気fx情報商材ランキングはこちらです!

当サイトのオススメのfx商材をラインキング形式で紹介しています。 大人気fx情報商材ランキング    
サブコンテンツ

このページの先頭へ