爆速スキャルピング、底ボラをつかむ!は正しいか【検証とレビュー】

☆爆速スキャルピングの検証とレビュー☆

 

為替鬼こと、津田英明の取引手法である、

爆速スキャルピングは本当に稼げるのか、

検証していきます。

爆速スキャルピング

 

結論から申し上げますと、

爆速スキャルピングでは勝てない

です。

 

オススメ度はFランクです。

 

なぜ、爆速スキャルピングではFXで儲けることができないのか、

以下にその理由を説明したいとおもいます。

 

☆爆速スキャルピングが勝てない理由☆

 

それではなぜ、この爆速スキャルピングでは勝てないのか、

その理由を説明していきましょう。

爆速スキャルピング

まず、取引の根拠となるロジックがめちゃくちゃです。

 

解説のPDFでは、

エントリーポイント(取引を始めるポイント)について、

以下のように解説しています。

 

「まず、エントリーポイントですが、オーバーシュートするタイミングを見極め、
相場が上がりきったところでエントリーします。」

 

は???

と思われた方が多いいのではないのでしょうか。

 

 

FX用語でオーバーシュートとは、

 

市場が過剰反応して、

短期的に適当と思われる水準を越えて

大きく行き過ぎてしまう事を指して

over shoot(オーバーシュート)と

一般に言われます。

 

買いが買いを呼ぶ、または売りが売りを呼ぶといった

過熱相場のときに見られるため、

取引への参加はギャンブル的な要素も強くなり、

リスクも非常に高くなる。

 

テクニカル的には、

100日移動平均線や200日移動平均線といった

中期的なポイントを大きく上下にかい離する現象が見られ、

いずれ大きな修正の動きも期待できることから、

売り上がったり、買い下がったりする投資家もいる。

 

これはFXCMというFX証券会社の解説を引用させていただきましたが、

これだけみても、あれ??というポイントがいくつかありますよね。

images-5

たとえば、ギャンブル的要素ということ。

たとえば、中長期なポイントということ。

 

まったく、底ボラのスキャルピング取引から、

かけ離れたことを為替鬼さんは提唱しています。

 

そしてなんといっても、

 

市場が過剰反応して、

短期的に適当と思われる水準。

 

だれがその水準である状態がわかるのでしょうか????

 

その根拠となるロジックがこちら

 

「V.Iがトレードする基準にあるかどうか。を確認し、条件が整った状態で、
BBのラインの一定条件を満たしたときだけトレードします。」

 

 

ボラティリティーインデックスがトレードする基準にあるかどうか、を確認して、

ボリンジャーバンドの欄が一定条件をみたしたときだけトレード。

という意味ですが、

 

はっきり言ってめちゃくちゃです。

 

ある程度取引をしている方ならお分かりだと思うのですが、

底ボラのときにボリンジャーバンドを抜けることはあまりありません。

 

どうやって、底ボラティリティで安定して一日100pipsもとるのか、

はっきり言って疑問しか残りません。

 

 

 

また、

爆速スキャルピングの案内ページでは、

 

底ボラティリティの取引のメリットとして、
相場の変動幅が少ないタイミングでも積極的に利食いを狙っていける。
相場自体の変化が小さいので、損失を最小限に抑えることができる。

 

とありますが、

相場自体の変化が小さく、損失を最小限におさえられるのであれば、

利確した時の利益も非常に少なくなるはずです。

 

FXにおいて、

ローリスク、ハイリターンということはありえず、

基本をわかっていない、

取引経験のない方のロジックということが

丸出しになっています。

めちゃくちゃ

爆速スキャルピングの

セールスページをよく読み込んでいくと、

ロジックの支離滅裂な様子がはっきりとわかります。

 

 

きっと為替鬼さんは取引したことがないのだろうな。

と思わせてくれる案内ページになってます。

 

問題の爆速スキャルピングの案内ページはこちら

 

 

もし、検討を迷われているようなら、

はっきり申し上げます。

 

やめた方がよいです。

 

クラウドのオススメ度も、

最低のFランクとしておきましょう。

落第です。

 

もし、初心者の方で最適な手法をお探しなら、

入り口として、

 

スキャルピングFXプロ

 

 

ドラゴンストラテジーFX

 

がいいでしょう

 

 

 

こちらの方が、数段まともなロジックになっていて、

FX初心者の方でも、問題なくステップアップしていける内容になっています。

 

 

為替鬼さんは案内ページの中で、

「あなたにもFXで勝つ喜びを知ってほしい」

とおっしゃっています。

 

是非とも、爆速スキャルピングだけには

手を出さないようにしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ